01.今夜もうさちゃんピース

2017年4月 5日 (水)

今夜もうさちゃんピース〜一夜かぎりの再生スペシャル〜オープニング

こんばんは。そして、お久しぶりです。道重さゆみです。

はい、ということで、えー2年4ヶ月ぶりにこんうさピー復活ということで、イェーイ!よろしくお願いします。

やー、すごくこう久しぶりのラジオでこうやって1人でおしゃべりするのは、まあちょっとまあ緊張もあるんですけど、すごく楽しみだなって思ってて、こう1時間1人で好きにしゃべれるって、やっぱこう、素晴らしいことだし、こうモーニング娘。時代はそれを毎週30分できてたんだなって思うと、こうすごくありがたかったなあっていうのを、いまこう...いま考えると、あの時もこう、ありがたいなって思ってたけど、いま思っても、すごくこう恵まれた所にいたんだなってこっとをすごく思うんですけど、まあ、こう2年4ヶ月ぶりにこうしてラジオするにあたって、こう、やっぱ元気な、こう声を届けたいじゃないですか。私、最近、すごく元気なんですよ。なんか、それは...教えてあげるね。なんか、なんで元気かというと、ヨーグルト生活してるんですよ。これ、本当に効くんですよ。なんで、ヨーグルトを、こう毎日1個、あの、1カップ食べるんですけど、私のおすすめはR-1です。2月11日から、私、ヨーグルト生活、毎日してるんですけど、本当に元気なんですよ、体が。だから、もう本当におすすめなので、みなさんぜひヨーグルト生活してほしいなって思います。

まあ、みんなが聞きたい話はこういう話じゃないと思うとんですけど、まあ、ね、2年半休んでる間、何してたんだとかね、今後どうしていくのかとか、聞きたいなと思うんですけど、私はそれよりも、ヨーグルトをおすすめします。本当にヨーグルトいいから、みんな食べてみてくださいね。

まあ、ということで、まあね、オープニングがこんな感じで、私のおすすめの商品からはじまったんですけど、まあ、1時間みなさんのお便りを今日は読む日なので、ええ、1時間最後まで聴いてください。

ということで、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

では、1曲目、聴いていただきたいと思います。私の再生公演がはじまっているんですけど、そこで披露している新曲、いまから聴いていただきたいなと思います。よかったと思ったら、ぜひ公演に来てください。それでは聴いてください。道重さゆみで「再生〜私はここにいるわ」

2011年10月11日 (火)

スタジオ・ロマンチスト。

今日も電車で約十八分間の移動時間があったので、その間、昨日途中までとなった「今夜もうさちゃんピース」の続きを聴いた。

お姉ちゃんとまだ一緒に暮らしていた頃、夜中にお腹が空くことがよくあり、そのような時には、誰かにあげるつもりで買ってあったお土産のお菓子などをあけて食べることが多かったという。冷蔵庫にはよくご飯やパンなどが冷凍されていたが、それらをレンジで解凍するのも面倒だったので、滅多に会わない人だしとか、どうせ自分達が沖縄に行ってたことなんて忘れてるよね、という感じで、夜中にお土産をあけて食べていた。このことを、「楽しかったなぁ」と回想しながら楽しそうに話していた。

公的イメージに縛られず、自由かつ等身大のこのようなトークが聴けるところが、やはりこの番組の大きな魅力なのではないかと思った。

また、お姉ちゃんが昔、蛍光ペンをマニキュアのように爪に塗り、「ジャーン、可愛くない?」などと言ってきたことがあるが、この時もお母さんに怒られていたらしい。

最近は「私、社長になるから」などと言っているらしいのだが、現在は無職である。

このコーナーはリスナーが道重さゆみのお姉ちゃんが取りそうな行動を勝手に妄想して送ってくるというものなのだが、この回においては、本当にお姉ちゃんがやりそうな度数の判定が多く、リスナーが思い描くお姉ちゃんが、かなり実像に近づいてきているということがいえよう。

モーニング娘。のアルバムがもうじき発売されるようなのだが、その中から道重さゆみと譜久村聖が歌っているという「好きだな君が」という曲が紹介された。道重さゆみによると、声が加工されていて、よく聴くと歌詞の内容が深くて、「エロかわ」という感じらしい。どんな曲だろうと楽しみにしていると、「CBC地震情報」が流れた。

その後、途中から曲を聴くことができたが、エレポップ風味のピコピコ感溢れる楽曲で、なかなか面白かった。道重さゆみの極甘ヴォイスがもっと有効に活用されていればもっと良かったのにとも思ったが、曲の中でそういう部分もあるのかもしれない。Perfume好きの道重さゆみとしては、なかなか嬉しい楽曲だったのではないだろうか。

「妄想セクシーワード」のコーナーがまだ続いていたことにも驚いたが、お題が「松茸」と末期状態のようでもあり、そこが逆に面白くなってきた。これは確か「おじぎでシェイプアップ!」の楽屋で罰ゲームとしてやっていた「妄想セクシー日記」が元となっているはずなので、もう随分長く続いていることになる。

月末に発売される写真集のことも話していたが、サイズがこれまでのものよりも小さめになっているらしい。これはキュートでポップでアートな感じの好ましい作品である可能性が高くなってきた。従来のいかにも疑似恋愛や自慰行為幇助を目的としたかのような典型的なアイドル写真集は買うのも恥ずかしいし、持っていたとしても机の下の段の引き出しに隠しておかなくてはならない。数年前の「デジタルフォトテクニック」の表紙のように、部屋に恋人が遊びに来るタイプの男の子が普通に見える場所に置いておけるような作品をこそ期待したい。

モーニング娘。「彼と一緒にお店がしたい」のPVをYouTubeの公式チャンネルにて視聴した。道重さゆみは可愛かったが、それ以外の点については、ビジュアル、楽曲ともにあまり好みではなかった。「笑顔YESヌード」や「リゾナント ブルー」はいま聴いても好きなので、単にハロプロが苦手というような問題ではないと思うのだが。

2011年10月10日 (月)

偶然のナイフ・エッジ・カレス。

電車での移動時間が約十八分ぐらいあったので、思いたったように久々に道重さゆみのラジオ番組「今夜もうさちゃんピース」を途中まで聴いてみたのだが、あいかわらず可愛くて面白いレディオであった。

オープニングで、道重さゆみのお母さんがモーニング娘。の新しいPVを見て、「やっぱさ、さゆちゃんが一番可愛いよね」などとい言っていて、「どんだけ親バカやねん」という可愛らしくも微笑ましい面白エピソードを話していたのだが、ここで驚くべき事実を知った。

九月にリリースされたというモーニング娘。の最新シングルを私はまだ聴いていないのだが、何やら平和を本気で願っているというような題名だったような気がする。これが元々はカップリングの「彼と一緒にお店がしたい」という曲との両A面扱いだったらしいのだが、大人の事情とやらで、結局、平和を本気で願っている的なタイトルの曲だけが表題曲となり、「彼と一緒にお店がしたい」の方はカップリング曲という扱いに落ち着いたらしい。

ところで、この「彼と一緒にお店がしたい」において、道重さゆはなんとセンターだというのだ。こんなことはおそらく道重さゆみファンの間では当然の常識なのだろうとは思うのだが、もはやブログもラジオも平気で一ヶ月半も放ったらかしにしてしまう極度にライトな愛好家にグレードダウンした私は、このことをまったく知らなかった。

道重さゆみは当初、シングル曲でセンターが取れたと大喜びしていたらしいのだが、結局カップリング曲となってしまい、所詮自分はシングル曲のセンターは取れない星の下に生まれてきたのだ、などと自虐トークをしていたが、いや、これは素直にめでたい。そして、A面だと思って喜んでいたらカップリング曲になってしまい、軽く落ち込む道重さゆみを想像した。

番組は改編期を乗り切ったばかりか、長崎県でも放送されるようになったようだ。道重さゆみは長崎県のリスナーへ向けて呼びかけた訳だが、この時に「ちゃんぽん食べてますか〜」と言っていた。こういうところが好きすぎるのだ。

道重さゆみにとって、長崎県といえばちゃんぽんらしい。地元山口県にも長崎ちゃんぽんリンガーハットのお店があり、よく家族で食べに行っていたという。特にパリパリのかた焼そばのようなやつが好きだったとも言っていた。リンガーハットでは皿うどんと呼んでいたような気もするが定かではなく、そもそもかた焼そばと皿うどんが同じものなのかそうでないのかすらよくは知らないのだが、私もリンガーハットではもっぱらちゃんぽんよりも皿うどん派なので、それが軽く嬉しくもあり、お昼にはファミマで1/3日分野菜あんかけかた焼そばというのを買ってきて食べた。

あと、道重さゆみのお父さんが家族をリンガーハットに誘う時に言っていたという、「長ちゃ行こうぜ」というフレーズが、ちょっとカッコいいなと思った。

その他、「Berryz工房はみんな大人になっちゃった」発言や新生レインボーピンクについての話もあり、続いて大好きな「今週のお姉ちゃん」のコーナーがはじまったのだが、電車が目的地に着いたので、続きは後で聴くことにした。

「彼と一緒にお店がしたい」は可及的かつ速やかに聴いたり見たりしなくてはならぬ。

2011年8月 7日 (日)

今夜もうさちゃんピース#249(2011年8月6日)。

「今夜もうさちゃんピース」は、道重さゆみがパーソナリティーを務めるラジオ番組である。東海地方をサービスエリアとするCBCラジオで毎週土曜日の23時30分から30分間放送されているが、現在は道重さゆみの出身地である山口県にもネットされている。

この番組は2006年10月から続いているが、アイドルのラジオとしてはかなり長い方である。この番組では、テレビで見せているナルシスティックなキャラクターとはまた違った、道重さゆみの核の部分や、多面的な魅力がいかんなく発揮されている。

バラエティー番組などで道重さゆみを見て、何かひっかかりを感じ、もっと知りたいと思った場合は、聴いた方が良いかもしれない番組である。

こに番組は基本的には道重さゆみの一人しゃべりだが、たまにゲストが来ることがある。8月6日の放送には、道重さゆみと同じ事務所に所属している、℃-uteの鈴木愛理と中島早貴が出演した。

番組内で話していたが、このゲスト出演は道重さゆみ本人直々の希望によって実現したらしい。

道重さゆみは、先日、℃-uteの単独コンサートを初めて観に行き、以来、その魅力にハマっているのだという。一緒に行ったのは、昨年12月にモーニング娘。を卒業し、現在は一般人の亀井絵里である。

道重さゆみは心底アイドルが好きであり、休日にプライベートで同じ事務所の後発グループ、Berryz工房のライヴを観に行ったりしている。他の事務所のアイドルも好きであり、リハーサルにアイドリング!!!のTシャツを着てきたことを、モーニング娘。の新垣里沙に番組で告発されたこともある。アイドリング!!!については、テレビ番組に投稿して採用されたこともあり、その時のペンネームは「すべりしらず」であった。

昨年はUstreamの配信中に、最近ハマっているアイドルとしてAKB48を挙げ、過剰な対抗意識を燃やす一部のハロプロファンから激しく非難されたりしていた。それでも懲りずに、ブログの写真で同期メンバーの田中れいなと一緒に「会いたかった」の振り付けを真似てみたりしていた。

そんな道重さゆみだが、℃-uteの魅力には、最近まで気がついていなかったのだという。とにかくその思いを熱く語りまくる道重さゆみに、ゲストの二人は圧倒されている感じであった。

一曲目には、鈴木愛理も参加しているBuono!というユニットの新曲「夏ダカラ」がかかった。この曲は、ハロプロ作品の大半を手がけるつんく♂ではなく、外注の作家によって書かれている。そのためか、アイドルの曲にありがちなオタクっぽさが薄く、コンテンポラリーかつエヴァーグリーンな良曲に仕上がっている。

℃-uteは、2002年に小学生のみを対象にして開催されたハロー!プロジェクトキッズオーディションの合格者のうち、先にBerryz工房としてデビューした以外の7人によって、2005年に結成された。

2006年に「まっさらブルージーンズ」でインディーズデビュー、翌2007年には「桜チラリ」でメジャーデビューを果たし、年末にはレコード大賞最優秀新人賞を受賞している。

ジュニアアイドルのイメージが強かったが、今年ですでに結成6年を迎え、メンバーも15歳の萩原舞を除き、17歳〜19歳のハイティーンを主体とするグループへと成長を遂げている。

先にデビューしたBerryz工房の楽曲にお遊び的要素の強いものが多いのに対し、℃-uteにはより正統的なアイドルポップスを狙った作品が多いように思える。

ハロー!プロジェクトには、所属する全グループが一同に会すコンサートが夏と冬とに開催されるのだが、その他では意外と絡みが無かったりもする。

道重さゆみは、最近、「ハロー!チャンネル」というムック本の企画で、ローソンの店員を一日体験した。℃-uteの萩原舞も一緒で、初めてに近いぐらいちゃんと話したが、自虐的な発言が多く、とても面白かったという。

自虐といえば、道重さゆみにみ、モーニング娘。の曲の中でソロパートが少いというお決まりのものがある。これはメンバーの中でも特に歌唱力が劣っているため、やむをえないのだが、「リゾナント ブルー」リリース時の「音楽戦士」や、明石家さんまらと一緒に出演している「MBSヤングタウン土曜日」で大いに受け、以来、鉄板ネタとなっている。

バラエティー番組出演などにより世間に名前が売れた現在も、シングル曲では吐息や台詞が唯一のソロパートということも少なくない。また、同期の3人によってレコーディングされた曲において、道重さゆみのパートだけがあからさまに機械で加工されているということもあった。

鈴木愛理は、℃-ute内のみならず、ハロプロ全体で見ても、ファンにひじょうに人気のあるメンバーである。しかし、どうやらダジャレキャラで通ってもいるようだ。あまり面白くないダジャレを言い、周囲がシーンとして自分が浮いている感じが好きなのだという。

たまにあまり慣れていない現場に行き、ヘタに受けてしまったりすると、逆にどうしていいか分からなくなってしまうという。

また、ダジャレを強要されると、逆にプレッシャーになってなかなか出てこなくなってしまうと言い、これについては、毒舌キャラクターについて同様の経験が多々あると思われる道重さゆみが、大きく共感していた。

しかし、握手会などでファンから急に頼まれた場合などに備えて、ストックは常にいくつかストックしているのだという。プロである。最近のお気に入りは、ファンからいただいたものではあるようだが、「抹茶にハマっちゃった」というものらしい。ハロプロきっての美少女で通っているにもかかわらず、おやじキャラを自認するあたり、なかなか面白い。

℃-uteは、ほとんどの曲のメインヴォーカルやセンターを鈴木愛理と矢島舞美が務める、ほぼ2トップ体制である。メンバーの卒業や脱退があり、現在は5人でやっているが、それぞれにキャラクターが立っているようだ。

中島早貴は、道重さゆみ曰く、「ナチュラルなおしゃれ感」が魅力である。ブログの文章も短く、つぶやき系だが、落書きも含め、センスを感じさせるものになっている。

℃-uteのリーダーである矢島舞美は、見た目は正統派美少女という感じで、エピソードを聞いても育ちの良さを感じさせるものが多いのだが、その一方で、心にはかなり熱いものを秘めている。

好きな言葉が「全力投球」と「努力夢現」ということだが、この日もメンバーからこれを体現するかのようなエピソードが語られていた。

とにかくリーダーには全力という言葉しかなく、あるツアーにおいては、ライヴ後に楽屋で衣装も着替えずに座ったまま目が点になっていたのだという。

ハロー!プロジェクトには面白いキャラクターやセンスがあるメンバーが多いが、メディア露出などが限られているため、一部のファンを除いてはほとんど知られていない。道重さゆみはこれをとても残念なことだと思い、また、自分が出来る範囲で広報していくことを使命の一つだと考えているようだ。

2011年7月31日 (日)

ラジオの感想とか。

深夜に一人でコーラショックを飲みながら、「今夜もうさちゃんピース」を聴く。これぞ大人の男の嗜みである。GREEのブログも狼のスレッドもあり、楽しみは尽きない。乾杯、モンテカルロである。

道重さゆみのGREEのブログにはハロプロの小さい子ばかりたくさん出ていて、よく分からん。しかし、「今夜もうさちゃんピース」でも、ハロプロには本当に可愛くて面白い子が多いので、もっと多くの人に知ってほしいというようなことを言っていたので、出来るだけ知るように努力したい。

iPhoneは素晴らしい文明の利器だが、朝の道重さゆみの記事で、写真がモノクロに加工されていた意図がよく分からない。高橋愛あたりがこういうのをスタイリッシュに使いこなすのだが、それを真似ようとするものの、何だかよく分からない結果になってしまうさゆみかわいいよさゆみ。

最近は℃-uteの萩原舞が面白いと感じているようだ。「ハロー!チャンネル」でローソンの店員になったのは、道重さゆみの希望だったのだが、本人はもう覚えていなかったらしい。道重さゆみの実家近所にあるたった一つのコンビニがローソンであった。昔はヤマザキデイリーストアがあったらしいが、いまは煙草の自販機があるだけらしい。なぜにこんなことを知っているかというと、以前に別のURLでブログをやっていた頃、いろいろと情報網を張り巡らせたら、勝手に情報が飛んでくるようになった。通っていた進学塾がケンタッキーの向かいとかも、それで知った。でも、こういうのはもう止めようと思う。

とにかくそのローソンの店員になる企画をやった時に、その℃-uteの萩原舞とBerryz工房の菅谷梨沙子と一緒だったらしい。その時に色々話し、自虐キャラが面白くて気に入ったのだという。亀井絵里と一緒に℃-uteのコンサートを観に行った時も、自分のブログにはコメントがせいぜい300ぐらいしかつかない、などと自虐的に言っていたらしい。そこまで言ったなら、ファンも一生懸命コメントしたのではないかと思い、その夜に見てみると、270〜280ぐらいしかついていなかったという。

「さゆの小部屋」では、「Only You」のPVについて、つんくからメールでほめられたことを嬉しそうに話していた。

あと、最近、楽屋で田中れいなが楽しんごの「ドドスコスコスコ」というやつをやたらとやっているらしい。道重さゆみにも強要してきて、本当は大人しくしていたいのだが、そういう田中れいなの姿が愛らしくて一緒にのってやってみたりすると、案外楽しいらしい。

過去の衣装では、「3、2、1 Breakin' Out」から始まるツアーの時に着ていた動物のやつが好きだと言っていた。牛の耳だとか豹柄のフードだとかうさ耳だとかを付けるやつである。

また、いつかのツアーで「HOW DO YOU LIKE THIS JAPAN?」をアンコールでやる時に、下がジーパンで上もラフな感じの衣装の時があり、それがとても好きだったという。凝っていない衣装の方が好きかもしれないとも言っていた。先日の、ジャージ公演をやってみたいという発言とも共通するものがある。

続いて、「今週のお姉ちゃん」のコーナーだが、このコーナーがあると、何だか得したような気分になる。

お姉ちゃんは、台所で真っ裸で転がり回っているらしい。

また、敬語が使えず、以前、居酒屋でバイトをしている時に遊びに行ったが、店長にタメ口を聞いていたらしい。家に帰ってからお母さんが注意すると、いつもそんな感じだし店長も何も言わないしそれで成立しているのだから良いのではないかと反論され、何も言えなくなったのだという。

この居酒屋バイト時のエピソードといえば、バイト仲間からバカというあだ名で呼ばれていたが、みんなすごく可愛がってくれると喜んでいたり、テストがあるからと嘘をついて休み、じつは海にあそびに行っていたのだが、日焼けしていることを指摘されると、勉強をしていて電気スタンドで焼けたとバレバレの弁解をしたというエピソードもあった。

趣味で絵を描いているが、おそらく仕事をする気は全くないと思うと言ったが、そういえば「いぬまるだしっ」の単行本に投稿したイラストが掲載した時に、漫画家のアシスタント的なこともやってみたいから、コネで何とかしてくれないか、と道重さゆみに頼んでいたらしい。道重さゆみは、アシスタントという言葉がなかなか出てこず、また、手下などと言っていた。道重さゆみにとって、部下的な意味合いを持つ単語で真っ先に出てくるにが、手下であるようだ。鞘師里保を応援する団体を作るという話の時も、そんなことを言っていた。

あとは、お姉ちゃんがおカネに困った時に頼ってくるので、貸したりしているとか、大阪の駅で迷ってお母さんに電話してきたとか、いかにもお姉ちゃんらしいエピソードが話されていた。

来週は℃-uteの鈴木愛理がゲストで来るらしい。相当可愛いと絶賛していた。

テレビなどで見せるナルシストキャラクターとは裏腹に、道重さゆみは、アイドルとしての可愛さにおいて、高橋愛や鈴木愛理は一流だが、自分はそうではないということを理解している。

今回のエンディング部分で鈴木愛理を絶賛するところで、それはよく出ていた。しかし、道重さゆみのファンは、間違いなく一番可愛いと思って応援している。

道重さゆみの価値観において、可愛いという要素は、相当に優先順位が高いと思われる。しかし、その部分において自分が一流ではないと自覚し、かつそれはある程度は天性のものであり、仕方がないことだと思っているとしたならば、道重さゆみが目指している理想のフォルムというのは、一体どのようなものなのだろうか。それがとても気になるし、だからといってどうという訳でもないが、そこに近づくには、何をどうすればいいかについても、考えるのは楽しいものだ。

ブログスレッドでは、ファン同士による様々な意見が戦わされているが、いずれも思いは真剣なのだろう。これだけ異なった意見を誘発してしまうというのも、道重さゆみという素材が持つ魅力の多面性ゆえであろう。

あるレスを見て、それに対して反対のことを思うと、それを誰かが代弁するように書き込んでくれる。カオスだとか末期だとか言われがちだが、きわめて健全なようにも思える。

2011年7月24日 (日)

今週のこんうさピーのこと。

今週の「今夜もうさちゃんピース」には、珍しく男性ゲストが登場ということで、腐男塾というグループから、青明寺浦正と流原蓮次というメンバーが出演していた。

道重さゆみの一人語りが聴きたくて、いつもこの番組を楽しみにしているので、あまり面白くないのではないかとも思ったのだが、とても楽しく聴くことができた。一人でやっている時とは異なった魅力が、また堪能できたように思う。

腐男塾なるグループのことを調べてみたのだが、男性というのはあくまで設定であり、ヲタク系女性アイドルグループの中野腐女シスターズのメンバーが男装したもののようだ。中野腐女シスターズには、かつてはスザンヌなども在籍していたようだ。そういえば昔にGyaoか何かで見たことがあるような気がする。インターネットで調べると、「腐」の部分が「風」と表記されている場合もあり、よく分からん。

腐男塾のメンバーにはそれぞれヲタ属性というのがあるらしく、漫画ソムリエを自称するメンバーが、仕事で軽くストレスが溜まることがあるという道重さゆみに、「マリアホリック」という漫画を薦めていた。しかし、道重さゆみはおそらくこれを読まないだろう。

続いて、腐男塾のメンバーが道重さゆみをデートに誘う時の口説き文句などをやったりしていて、それから青明寺浦正の方が、じつはモーニング娘。のファンであり、大宮でのコンサートにも行ったという話題になる。

どのメンバーが好きかという話題で、9期ということになるのだが、ここで道重さゆみは思わず、みんな若い子に流れすぎだよ、というようなことを言う。

ここで、でも「道重一筋」の誕生日Tシャツは欲しいと思ったというフォローが入るのだが、欲しいと思ったということは買っていないということですよね、などと厳しいツッコミが入る。

腐男塾の他のメンバーが道重さゆみの髪型を真似たとブログに書いているのを見たという話になるが、これは道重さゆみが、自分の名前でブログ検索をしていて、見つけたそうだ。

モーニング娘。の11枚目のアルバムから道重さゆみがきていると注目しているだとか、大宮のコンサートでも色気があったなどと言うが、道重さゆみからは、9期メンバーについて話している時には目がキラキラしていて言葉もスラスラ出てくるが、自分の話をしている時は、今日会ったからという後づけ感があり、目も死んでいて、早くこの話が終わらないかなといった感じを受けると、これまた厳しいツッコミが入る。

付き合うと最も厄介なタイプである。しかし、道重さゆみのこういうところがたまらなく好きだ。

道重さゆみは、「アハハハハ」と明るく笑うことがよくあるのだが、自分の声をマイクが拾っていると意識している時は、なかなかやらない。東海地方ローカルでオリエンタルラジオらと出ていたテレビ番組を、道重さゆみが映っている場面だけに編集している時に、これを発見した。今回の「今夜もうさちゃんピース」では、これを聴くことができたので、なかなか良かった。

腐男塾のメンバーが、中二病というキャラ付けをされているにもかかわらず、ラジオ出演の際にそれをうまく発揮できなかったと反省していた。キャラクターを意識すると、考えすぎて空回りするという説明を聞いて、「それはありますね」と大きく共感していた。

また、イベントで面白くしようとした結果、9期メンバーの生田衣梨奈を泣かせてしまったという話題になったが、このままではいけないと思い、後で「何で泣いたの?」と尋ねたものの答えてもらえず、この問題はまだ解決していないという。

道重さゆみが腐男塾と同様に男性の格好をした場合のキャッチフレーズとして、「無邪気にナルシズム」というのを提案されていた。道重さゆみは、やるならばもっと時間を取って真剣に考えたいと言っていた。

常に持ち歩いているものとしては、水筒を上げていた。お母さんが作ってくれた水素水が入っているらしく、それを飲み続けると、肌がきれいになり、頭痛や腹痛になりやすいのも治るのだという。これを聞いて、お母さんはマッドサイエンティストか何かなのかと聞いていた腐男塾のどちらかのセンスに嫉妬した。

2011年7月17日 (日)

22歳初こんうさピーなど。

ハロープロジェクトのコンサートが名古屋であったらしく、メンバーは前夜から、現地に行っていたようだ。

道重さゆみは、CBCラジオを聴きながら寝たようなのだが、それはアイドルのかたたちのラジオで、癒されたということをブログに書いている。その日の夜にCBCラジオで放送されていたアイドルのラジオといえば、「AKB48のオールナイトニッポン」である。当然である。

そして、名古屋でのコンサートの後は、ホテルの部屋で「今夜のうさちゃんピース」を聴いたようだ。

この日は、22歳になってから最初の放送であった。「今夜もうさちゃんピース」は録音であり、収録日から放送日までの間が結構空いている場合もあるが、今回の放送分については、放送のわずか2日前、7月14日木曜日に収録されたものだと思われる。

収録に行かなければいけない時刻が午前11時だったのだが、これを午後1時だと勘違いしていて大変だったようだ。時刻は12時間法で言われる場合と24時間法で言われる場合があるが、いつも1の位の数字で頭にインプットするため、今回のように午前11時と午後1時とを間違えてしまうらしい。

今回は22歳になってから最初の放送ということで、22枚のメールを読むことにチャレンジする。もしも失敗した場合には、番組オープニングでスタッフからプレゼントされたケーキが没収されてしまうらしい。

ということで、いつもよりかなり駆け足でメールが読まれた。

どうしてもやめられないことは、爪を噛むことで、これはずっと昔から言っている。石川梨華がモーニング娘。にいた頃は、このことでしょっちゅう怒られ、背筋が凍っていたらしい。噛まないようにマニキュアをしたりジェルネイルなるものを試してみたりしているのだが、それでもやはり噛んでしまい、仲良しのネイルさんに怒られているという。これも以前から言っているが、リハーサルの合間などに、口さみしくて噛んでしまうらしい。あまり治す気は無さそうである。

これさえあればご飯が何杯でも食べられるというものには、チーズを上げていた。温かいご飯にチーズをのせて、とろけさせながら食べるらしい。さらにブラックペッパーをかけたりすると、高級なイタリアンに行っているような気分になるのだという。

北海道出身の私は、子供の頃に、ご飯に乳製品をのせて食べるというのはよくやっていた。チーズもおいしいのだが、バターもかなりイケるのだ。あと、味噌汁にもバターを溶かして飲んでいた。この話をすると、信じられないというリアクションがよくあるのだが、味噌バターラーメンを想像していただければ分かるように、これはかなり美味しいのだ。

人間にとって本当の幸福とは何かという哲学的な質問に対しては、普通に生きている、そのこと自体が素晴らしく、幸せなのだと、22歳になって改めて思ったと言っていた。素晴らしい。

「誕生日大全」なる本についてのメールもあった。それによると、7月13日生まれの人の長所は、野心がある、創造的、自由、自己表現が得意、リーダーの資質がある。また、短所は、感情的、優柔不断、高飛車、反抗的だそうである。道重さゆみはこれに大きく納得していたが、リーダー向きという部分では、本当に嬉しそうだった。この本が欲しいとも言っていた。

誕生日当日は、まず、お父さんからメールが来て、敬語で「自立心を持って下さい」などと書いていたらしい。その次に新垣里沙からのメールが届き、メンバーや会社の人や山口県の友達などから続々と届いたのだという。

ブログでは、同じモーニング娘。6期メンバーの田中れいなと亀井絵里からはまだメールが届いていないと書かれていたが、亀井絵里からは深夜3時ぐらいに、「あ、おめでとう」といった感じで届き、田中れいなからは、翌朝にかなり凝ったメールが届いたらしい。

6期メンバーということでいうと、藤本美貴からは届いていなかったが、それはモーニング娘。時代からのことなので、特に気にしていないとも言っていた。6期メンバーの件で、ちゃんと藤本美貴に言及する、この律儀さが好きだ。

誕生日当日は、朝からモーニング娘。のメンバーとの仕事があったが、皆に祝ってもらったりプレゼントをもらったりして、とても幸せだったという。特に、普段はあまり朝から機嫌が良いという感じではない田中れいなが、テンション高く、「さゆ、おめでとう」と無邪気に言ってきて、プレゼントも自分のから空けてほしいなどと言ってきて、それは可愛かったようだ。

田中れいなからのプレゼントはキティーちゃんのかき氷機で、イチゴとブルーハワイのシロップもついていたらしい。それが結構重たかったの件でだが、家に帰って、その日のうちに早速かき氷を作ったという。

大好評の誕生日記念の「道重一筋」Tシャツの話題も出ていた。若い子に流れず、道重一筋にということが書かれているのだが、ここでは、「多少流れつつも、私のことも忘れないでいただけたら一番嬉しいです」などと、謙虚なことを言っていた。素晴らしいね。

何かの番組で変顔をやっていたが、じつは変顔がとても嫌いだということも話していた。特に面白くもなく、微妙な空気になるのが怖くて思い切って出来ないのだという。また、そこまで笑えないのに笑わなければいけないという空気も嫌だというようなことも言っていた。

子供の頃、兄妹で取り合いになるほど皆が好きだったものは何かという質問には、ちく天だと答えていた。

道重家の食卓には、芋の天ぷらとちくわの天ぷらがよく出ていたらしいのだが、ちくわの天ぷらは少く、いつも取り合いになっていたらしい。

大きくなってから、なぜちく天は少かったのかとお母さんに尋ねたところ、「ちくわは高い」という答が返ってきた。芋は家の畑でいくらでも取れたのだという。お母さんが作るちく天は、油が薄くて、とても美味しいらしい。

ここで番組は終わったのだが、結果的に読めたメールは惜しくも22枚には達しなかった。

ブログを見ると、コンサートが終ってホテルの部屋に戻ってから、コンポタ丼なる料理を開発したようだ。温かいご飯にコーンポタージュをぶっかけ。、その上から多めの粉チーズをふりかける。お好みで塩こしょうを加え、スプーンでかき混ぜて食べるのだという。マネージャーと高橋愛にも作ってあげたところ、大好評だっったらしい。

ラジオでもブログでも取り上げられていたのだが、道重さゆみのお姉ちゃんが、ブログに載せろと、飼い猫のセイラの写真を送ってきたらしい。道重さゆみの誕生日に、このセイラもおめでとうと言っているよというメールに添付された写真で、セイラは後を向き、シッポを出していた。

段ボール箱をくり抜いたようなものに入っていた。猫はこういうのに入るのがすごく好きだ。赤い絵の具のようなもので色が塗られ、その上から白で、せらタン、せいちゃん、大スキなどと書かれている。あの、「いぬまるだし」のコミック第7巻で見たイラストの感じがよみがえってくる。何という天才姉妹。世が世ならば、すごいことになっていたのではないだろうか。

2011年7月10日 (日)

好きすぎてバカみたい。

今週も、一人で缶に入ったハイボールを飲みながら、「今夜もうさちゃんピース」を聴いた。やはり、これぞ大人の男の贅沢というものである。

今回は21歳最後の放送ということである。来週にはもう22歳になっているのだ。モーニング娘。にもハロー!プロジェクトにもさして興味が無かった私が道重さゆみを発見した頃は、確か17歳だったはずなので、もうそんなにもなるのかと感無量である。

去年は7月13日の午前零時に21歳の誕生日を祝おうとスタンバイしていたら、私のブログのアクセス数がすごいことになっていたため、何事かと思い調査したところ、元道重ヲタの私がAKBに寝返ってハロプロを叩いているという内容のアンチスレッドが立てられていたのであった。

今週の「今夜もうさちゃんピース」において、いわゆるアイドル戦国時代とやらについて話す場面があり、お母さんの説明を聞いて意味は理解したが、今は実際に天下を取っている人達がいるわけなので、何だかなあといった、きわめて健全な感想を述べていて、道重さゆみのことがまた一層好きになった。

花火についての話をする場面があったのだが、おじいちゃんの家の近くに海岸があって、おじいちゃんは毎朝5時に起きて海岸清掃をしていて、夏休みなどでおじいちゃんの家に泊まった時には一緒に清掃をし、その際に未使用の花火も相当拾えたという話をしていた。ゆえに、道重さゆみにとって、花火とはタダで出来るものであるらしい。

最近、色々な意味でおじいちゃんの時代なのではないかと思う訳だが、道重さゆみは本当におじいちゃんが好きである。その割に、お父さんには冷たい。今回の放送でも、父の日にはここ数年何も贈っていないとか、誕生日にメールしたら、その返事がいつもは丁寧語なのに、普通だったのでどうしたんだろうと思った、などと言っていた。

おじいちゃんは仕事を引退していて、いわゆる経済活動から自由だと思われる。この辺りが鍵となっているのではないかと思う。

「今夜もうさちゃんピース」が始まったばかりの頃に、「C-1グランプリ」という伝説のコーナーがあり、それはリスナーが道重さゆみよりも可愛いものを見つけて投稿し、どちらが可愛いかを番組スタッフが判定するというものであった。

記念すべきコーナー第一回目では、トレーナーを後ろ前逆に着ていて気づいていないおじいちゃんという投稿があった。なぜにこんなものが自分よりも可愛いのかと憤るのかと思いきや、道重さゆみは意外にもこのおじいちゃんの可愛さをあっさりと認めた。

その後、番組を繰り返し聴く中で、道重さゆみが相当のおじいちゃん子であったことを知った。

ブログを読むと、おじいちゃんは近くのローソンのことをUFOと呼んでいるなどと、相当ヤバめなことも書いているのだが、それすらも愛おしく思えてしまう。

打ち上げ花火の思い出では、山口県ではコンクリートで出来た駐車場がとても広く、しかも東京などと違い、みんな友達というような雰囲気があるため、駐車場で花火をしていると、見ず知らずの人達が集まってきて、きれいだねなどと言う、その感じが好きだというようなことも言っていた。

このようなエピソードを聴き、実際に情景まで思い浮かんでしまうのは度重なる聖地巡礼の成果であり、やはり私が選んでやっていることには一切の無駄が無いなと、改めて思ったのだ。

22歳を迎えるにあたり、毎日楽しく過ごすことこそが幸せであるというような、きわめて真実に近い、有難いことも言ってくれていた。

あとは、バラエティー番組に出た時など、あまり喋れなかったりした時は、落ち込むので、すぐ寝るなどと言っていて、もう本当に私は道重さゆみのことがただただ好きで好きで仕方がないのだ、という思いを強くした。

「天使さゆみと小悪魔さゆみ」というコーナーを今もやっていることを知り、激しい感動を覚えた。本当にこのコーナーは、道重さゆみという人の魅力を多面的に発揮するにふさわしいと思える。

あと、鶏の唐揚げで、脂っこくないもの、たとえばささみなどは食べられないらしい。訳が分からん。

道重さゆみのGREEのブログは時々まとめて読んでいるのだが、最近では自分のポニーテール姿のことを、「さゆーさーゆ」などと言っていて、天才すぎて頭がクラクラした。

2010年11月21日 (日)

今夜もうさちゃんピース#211(2010年11月20日)。

【オープニング】

こんばんは、モーニング娘。道重さゆみです。
はい、えー、11月6日と7日に、あの、山梨県でバスツアーをしてきたんですけど、道重さゆみプレゼンツということで、もう超最高でしたね。
何が最高かって、やっぱり、さゆみプレゼンツなんで、さゆみ中心で動くわけですよ。こう、周りとか、スタッフさんとかも、基本、あの、リーダーの...モーニング娘。リーダーの高橋愛ちゃんがいるんですけど、このバスツアーの間は、私がリーダーなので、やっぱり、さゆみの、なんか、意見とかが全部反映するし、もうその感じがすごく気持ちよくて、もう最高な2日間。
あと、あの、バスツアーの次の日も、3人でDVDを撮ってたんですけど、そのDVDの時も、一応その流れでってことで、さゆみがずっとリーダー愛ちゃんを、あの、退けて、ずっとセンターで、コメントを言ったりとか、あの、全部さゆみが決めていいよっていう感じの企画だったりとかしてたので、もうすごい幸せな3日間でしたね。
ファンの方も本当に寒かったんですけど、山梨県は、もう朝からすごい元気で、半袖と短パンで来てくれてる人もいたりとか、あとはもう本当遠い所からもわざわざ来てくださった方もいたので、あの、海外の方もいたんですよ、韓国とか中国とか。もう本当にありがたいなと思って、あの...あの、本当にちっちゃい...ちっちゃい子はいなかったけど、あの、結構、ね、年を召された?...召された方?...ていうのかな...もいて、なんか、あー、すごい、結構本当に寒かったから、体調とか大丈夫かなって不安になったんですけど、あの、楽しかったって握手会の時に言ってくれたので、もう本当に、さゆみも、なんか、恵まれてるなって思いましたね。ファンの方は本当にいい人達ばっかりで、で、なんか、あの、ライブの時に、いろいろ感極まっていろんなことをしゃべってたんですけど、あとでマネージャーさんに、あの、すごくいいことは言ってたんですけど、とりあえず使えないこともいっぱいあったんで、DVDでは切っとくねって言われて、あ、なるほど、それ、使えないこともさゆみ、言っちゃったんだと思ったんですけど、まあ、それはそれで、あの、DVDとかにはならないということなので、そのバスツアーに来てくれたみなさんと私とのね、思い出なので、すごい素敵な思い出ができたなって思いました。はい。

ん?なんですか?言えないこと?あ、バスツアーで?バスツアーでは、すごいいろんなことしました。
まずは、4ショット?えーと、私達、高橋愛ちゃんと私と光井愛佳ちゃんの3人とファンの方1人の4ショットから始まり、あとは、えーと、まず本当、1日目はライブもして、で、次の日は、えーと、グループショット...ファンの人のグループと私達3人で写真撮ったりとか、あとファンの人はぶどう狩りとか焼肉とかもして、で、まあ、さゆみ達は焼肉はできなかったんですけど、あとは、えーと、あの、テスト、一斉テストをして、さゆみ達がメガネかけて、あの、監視?監視員っていうんですか?審査員?監視員?なんか、あの、先...学校の先生みたいに、あの、席を回るみたいなことしたりとか、もうその時、超楽しかったですね。ファンの人とめっちゃ近くて、もうなんか友達感覚みたいにしゃべってて、もうその感じが最高に楽しかったです。
あーなんか、もっともっとこういう近い距離でしゃべりたいなって思いました。
あとは、えーと、イベント?あの、いっぱいしゃべって、あの、富士山...富士山が超きれいで、山梨県だったんですけど。で、そこのイベントの会場が、あの、ステージの後のドアがバーって開いたら富士山が見えるんですよ。で、富士山の前で、もう本当贅沢なんですけど、富士山の前で、さゆみ達トークさせてもらって、まあ、途中ちょっと暑かったんで、富士山は閉めちゃったんですけど、で、そのイベントもして、いっぱい、あの、プレゼントとかも、渡すような企画とかもあったりとか、で、一番最後に握手会をして、なんか、盛りだくさんなようであっという間すぎたんで、なんかファンの人達、ちゃんと満足してくれたのかなっていう不安がすごい大きかったんです。
で、やっぱり、あの、6期メンバーのプレゼンツで、最初れいながやって絵里がやってさゆみだったんで、なんか、れいなの方が楽しかったとか、絵里の方が充実してたとか思われたら、ショックじゃないですか。だから、もうなんかそういうプレッシャーがすごい大きくて、あー、どうしようかな大丈夫かなとか、なんか、より楽しんでもらうために、もっともっといろんなことがしたいっていう欲がすごい増えちゃって、で、なんか、楽し...とにかく楽しかったから、本当に2日間があっという間で、あっという間すぎたから、楽しくてあっという間なんだけど、もしかして内容が無かったのかな、とか、薄かったのかなとか、すごい不安だったんです。で、その気持ちをイベントの時とかに言ったりとしたら、もうそんなこと言わないでいいぐらいすごく楽しかったからとか、まあ、絵里とれいなには秘密なんですけど、あの、3人の行ったけど一番良かったよって言ってくれるファンの方もいたりとか、まあ、あの、ライブは良かったけど、絵里ちゃんの方が全体的には良かったっていう、まあ、厳しい意見もあったりとかしたんですけど、でも、その人も、あの、じゃあ次来た...あったら、もう一回、あの、リベンジするから来てって入ったら、うん、行くって言ってくれたんで、まあ、まあまあ、次に繋がるバスツアーになったんじゃないかなって思いましたね。

はい、というわけで、えー、今日もファンのみなさん大好きな道重さゆみと30分最後までお付き合いください。では、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

M-① 女と男のララバイゲーム。

【さゆの小部屋】

■さゆみん、こんばんは。「ラジオ番組表2010年秋号」という雑誌の第3回読者が選んだ好きなDJグランプリの第5位、おめでとうございます。そのインタビュー記事で、ラジオに対する熱い思いを語っていましたが、一つだけ気になる部分がありました。それは山口でも放送が始まったことで、音源で聴いていた地元のお父さんも喜んでいますという部分。まさか、山口県での放送が始まる以前に、お父さんが音源で聴いていたとはビックリしてしまいました。最近、お父さんからラジオを聴いた感想は来ないのでしょうか。

ていうか、あの、お父さんは...お父さんがラジオを聴いてると知ったのは、さゆみが普通に、あの、山口県に、地元に帰った時に、あの、お父さんの、なんか、机とかいろいろ勝手に見てたんです。そしたら、あの、録音したCDが出てきて、で、それがさゆみの、この、こんうさピーのラジオだったんですね。なので、あ、聴いてくれてるんだと思って、聴いてくれてるんだねって言ったら、うん、聴いてるよって言われて、あー、楽しく聴いてくれてるんだなって思ってて、で、そうやって聴いてくれてるから、山口県で、あの、ラジオする...ラジオを聴けるようになるっていうのは、発表してるから、絶対知ってるとは思うので、たぶん聴いてると思うんですよね。
でも、そういう話になってないというか、そういう話になってない以前にあんまり他の話もしてないんで、ちょっとよく分からないんですけど、まあ、そうですね、今回また5位に選ばれたということで、前回よりもたぶん1個上になったのかな。なので、まあありがたいなとは思うんですけど、まあ、嬉しいんですよ、本当にこれでも。

なんですけど、あの、嗣永桃子ちゃんがね、すご良いいランクにいるんですよ。
たぶん前回とか1位とか2位とか、もうそれぐらいな勢いで、たぶん今回も確か聞いたら、なんかね、あの、ラジオ番組表の、その、インタビューをしたんですけでど、なんとなく聞きずらいし、向こうも言いずらい雰囲気なんですよね。
だから、でも、まあ、向こうも1位は誰々で2位は嗣永桃子ちゃんなんですよって言いずらいだろうから、自分から聞いたんです。あの、今回、桃子はどんな感じですかって言ったら、確か2位って言ってたんですよね。だから、あの、やっぱ悔しいじゃないですか。まあ、この悔しいって言ってることがまた悔しいんですけど、でも黙っとくのもまたなんか、ね、あれなので、ここは一致団結して次に向けて頑張りませんか?
ていうか、桃子ももしかしたらそうやってやってるんじゃない?違う?やってる...そんなことないか。桃子、実力だよね、きっとね。
でも、あの、まあ実力だろうが裏の手使おうが1位になりたいじゃん。
1位になりたいっていうか、やっぱり、まあ、いろいろあるけど、やっぱりハロプロのメンバーには負けたくないし、自分はこんうさピーは本当に面白い番組だと思ってるし、リスナーのみなさんとさゆみ達の絆もちゃんとあると思ってるから、そうですね、このラジオ番組表は、確か雑誌を買ったら投票ができるんですよね、好きなDJみたいな感じで。まあ、あの、そうですね、ラジオ番組表、あの、そうだな、本屋さんとかに行って、ちょっと、ね、立ち寄った時に見かけて、あ、買ってみようって言って買って、ぜひ投票をね、していただけると嬉しいなって思います。
ね、これで次の時にさ、1位とかだったらさ、みんなで祝福すればいいよね。よろしくお願いします。
あ、まあまあまあ、でも、ちゃんとおカネに余裕がある方でお願いします。

■さゆみん、こんばんは。先日、みなさんの家族のことも教えてくださいねと言っていたので、僕の母のことを書きます。母は少し変わっています。よくいえば明るくて楽天的ですが、大事な何かが欠けている気がするのです。以前、こんなことがありました。母に「コーヒー淹れるからお湯沸かして」と頼まれたので、やかんをガスコンロにかけました。その時、ほんの一瞬よそ見をしてしまい、気がつくとフリースのトレーナーの袖にガスの火が燃え移っていたのです。ヤバい。一瞬、映画のワンシーンのように、火だるまになって焼け死ぬ自分の姿がよぎりました。なんとか火を消し止め、大事には至りませんでしたが、僕は茫然。しかし、母はその時、笑いながら見ていただけでした。あげくの果てには、「あんたって大げさなのよね」の一言。さゆみん、うちの母に欠けてるものって何でしょう?

いや、なんか面白いですけどね、漫画に出てきそうで。なんか、ちびまる子ちゃんとかサザエさんとかに出てきそうな明るいお母さんだなとは思うんですけど、まあ、なんですかね、ちょっと息子愛に欠けてるんでしょうね。
あとは、なんだろう、死への恐怖とかがないんじゃないですかね。なんか、どうにかなる、みたいな感じじゃないですか。別にそんなに大変じゃないっていう、他人事なんでしょうね。でもなんか、この冷静さというか、この慌てない感じはすごい、なんか、うらやましいし、ちょっと尊敬の域に入ってますね。
さゆみ、すぐ慌てるし、すぐいっぱいいっぱいになる癖があるんで、自分のこともそうだし、ちょっと周りのこととかでも、ヤバいと思って、なんか結構自分のことのように考えるというよりは、自分に...自分にもなんか、振りかかるんじゃないかみたいな感じで、結局自分のことしか考えてないんですけど、それで、すぐいっぱいいっぱいになる癖があるので、もうこの、なんか、明るくて、なんか、広い心はすごいうらやましいなって思いますね。

■さゆみん、こんばんヒャッホーイ。おバカな質問をします。さゆみんのクシャミはどんなクシャミですか?ヘックシュンですか?それとも、ハップシュンですか?いやいや、キャラ通り可愛く、クチュンですか?はたまたカトちゃんばりにヘックシンですか?教えてください。

えー、でも、さゆみたぶん、普通だと思いますよ。あー、コショウが出てきた。えー、さゆみ絶対出ないですよ。
にお...におえばいいの?
おっ、いいにおい。なんかラーメン食べたくなりますね。
あー、いいにおい。でも絶対出ないですね。さっき本番前、ちょっと出たんですけど、なんか、出だすと止まんない?なんかさゆみ、ちょっと鼻炎気味なんですよね。で、出だすと止まんないし、花粉症?なんで...えー?振ってってどういうことですか?振ってどうするの?こうやって?あ、こうやって振るの?えー、はっ...めっちゃかかった、自分に。だいじょう...てか、洋服が汚れる。今日初めて着た洋服なんですけどね、これ。ちょっとさゆみの、ちょっと大事にしてる洋服だったんですけど。ま、いっか。ていうか、コショウくさい、自分。ヤバ。
手めっちゃコショウくさい。やだ。後で手洗いに行こう。
えーと、でも、あの、クシャミは本当に、なんか出だすと止まんないから、こないだ超困ったのが、そのバスツアーの話をオープニングでしたんですけど、バスツアーの時に4ショット撮影があったって言ったんですけど、で、1人ずつファンの人が来てくれるんですけど、とにかくクシャミが出そうで、ヤバいと思って、でもクシャミするわけにはいかないから、ずっと我慢してたんです。でも、もう途中から止まんなくなっちゃって、何回もクシャミして、すいませんとか言ってたんですけど、最後、一発大きいの出したら、鼻水が超出ちゃって、で、手で一応隠してはいたんですけど、この鼻水をどう処理していいか分かんなくて、すいません、あの、ちょっといいですかって言って、あの、さゆみのファンのピンクのTシャツ着てる方だったんです。で、すいませんって言って、あの、上向きながら、鼻水がたれないように、あの、1回はけて、一時中断しちゃったんですけど、まあ、でも全然ファンの方は、大丈夫ですって言ってくれたし、むしろなんか、あの、嬉しそうにしてくれてたんで、まあ、ラッキーだったって思ってくれてるようならば、よかったなって思いますね。はい。
でも、クシャミは本当にね、分かんないですよね、いつ出るかも分かんないし。もう本当にあと、ライブ中に出そうになる時があるんです。まあ、さゆみは基本歌ってないんで、大丈夫なんですけど、あの、パフォーマンス的にやっぱクシャミとかしたらよくないじゃないですか。
なので、あの、モーニング娘。に入ったばっかりの頃に、クシャミが出そうになったらどうすればいいですか?って安倍なつみさんに聞いたんです。そしたら、安倍さんが、なんか、口の上?鼻と口の上?鼻の下と口の上の間を、こうやってギュって、この間を押さえたら、クシャミって止まるよって言われたんです。で、分かりました、ありがとうございますって言って、で、聞いたその日に、本番中にクシャミが出そうになったんです。で、そこを、安倍さんから聞いたばっかだしと思って、あ、すぐにこんな使えるなんて、そんなすぐ来るもんなんだ、と思って、クシャミ出そうと思って、押したんです、そこの場を。でも、出ましたね。普通に出ました。だから、安倍さんのあれは何だったんだろうって思いますね。安倍さんは止まるってことなんでしょうね。まあ、人それぞれですね。

【今週のお姉ちゃん】

■パーカーについているフードの紐の長さがいつも左右全然違う今週のさゆみんお姉ちゃん⇒5お姉ちゃん

グッチャグチャですね。
もうグッチャグチャ、もう左右全然バランス取れてないし、むしろ、あの、片一方入り込んじゃってますね。
まあまあ、よくありますけど、よくあるけど、一応気をつけるじゃん。ね。でも全然気をつけないし気になんない感じがしますね。
で...はい、あ、お姉ちゃんにこの間電話をしたじゃないですか、この番組で。
なんですけど、あの、メールはしてるんですけど電話してなくて、でも、あの、11月7日がお誕生日だったんで、メールしたんですよ。しかもすごい手の込んだメールしたんです。あの、デコレーションメールを使って、絵文字も、あの、簡単に出るやつじゃなくて、ちょっと時間がかかる絵文字を使って、もう1通のメールで15分ぐらいかけて、超手が込んだメールで送ったんですよ、11月7日の0時に。
なのに、ずっと返事が来なくて、で、返事が来たと思ったんです。そしたら、「ゆうこりん結婚するんだってね」って来ました。
えー、と思って。さゆみは、なんか、あの、遅れてゴメンね、あんな素晴らしいメールありがとうとか来るのかと思ったら、そのことにふれてないし、と思って、もうちょっとショックでしたね。
ショックっていうか、もうもうなんていうか、慣れてたはずなのに、お姉ちゃんのその、破天荒な性格には。でも、さすがにちょっと、あの、まあ最近、お姉ちゃんも...お姉ちゃんとあんまり会ってないのもあったし、久しぶりにちょっとやられましたね。
え?まあ、確かに、まあそれもビックリするニュースだったけど、一応ね、ありがとうの一つぐらいは欲しかったなっていうのがさゆみの、まあちょっとした、はい、正直な気持ちですね。

■用を済ませた後、そのままトイレ用スリッパで部屋を歩き回る今週のさゆみんお姉ちゃん⇒3お姉ちゃん

まあ、まあよくありますよね。
お姉ちゃんもそうだし、これは、まあ先程も名前出てたんですけど、安倍なつみさん...安倍なつみさんもすごいそうなんですよ。
なんか、ダンスレッスンのスタジオで、あの、ダンスレッスン用の靴を脱いで、トイレ用のスリッパに履き替えなきゃいけないダンスレッスンのスタジオがあったんです。で、あの、いっつも、そのダンス...あの、トイレ用のスリッパのまんまダンスをしかけ...やろうとしたりとかしてて、で、「なっち」って周りの人に言われてて、やぐっつぁんとかに。「足元!」みたいな感じで。「キャー!」みたいな。
で、さゆみは入ったばっかりだから、あの、突っ込もうにも突っ込めないし、でもキャーって言ってる安倍さん可愛いなって思ってましたね。
なんか、あー、すごい愛があるというか、微笑ましい方なんだなと思いましたね。
だから本当に天然なんだと思います、安倍さんも。

■誰にも見られたくないものを分かりやすくベッドの下とかに隠してバレバレになる今週のさゆみんお姉ちゃん→5お姉ちゃん

お姉ちゃんの書隠しごとは本当に、もうさんざんバレてきてますからね。
あの、物とかもそうですけど、まあ、ウソとかも、基本バレるタイプなので、すぐバレるんですけど、まあ、もしかしたら前も話したかもしれないんですけど、さゆみの誕生日プレゼントも、あの、引き出しの奥に隠してて、誕生日前にさゆみにバレるっていうね。
まったくもってサプライズにならないんですよね、お姉ちゃんって。
だから、サプライズとかしやすいですね。気づかないから、周りに。はい。まあ、分かりやすい性格っちゃ分かりやすい性格ですね。

M-② Fantasyが始まる(モーニング娘。)

【エンディング】

妄想セクシーワード:立ちこぎ

立ちこぎは、なんかセクシーなのかどうかは、まあ定かではないんですけど、あの、今聴いてもらった「Fantasyが始まる」は、まあちょっとセクシー路線な曲なんですけど、アルバムの中で、まあ一応それぞれなんとなくですけど、誰がメインっていうのがなんとなくあるんですね。
で、「Fantasyが始まる」は、まあ、この道重さゆみが、なんとなくメインな曲なんですね。で、あの、やっぱりこんうさピーで初めてかける曲は、さゆみがメインの曲を聴いてほしいなと思ってかけたんですけど、まさか自分のメ...なんとなくのメインの曲が、「Fantasyが始まる」になるとは思いませんでしたね。
セクシー系なんで、で、なんか、なんていうんですかね、さゆみ、またすごい加工をされてるなと思いましたね。
え?加工曲じゃんと思いました。で、さゆみの歌が多ければ多いほど加工が増えるんで、なんかちょっと、曲、つんくさんから初めてもらった時とは全然違う曲になってるなっていうのは、まあ若干感じたんですけど、まあそれはそれで、あの、いい味として、はい、捉えていただけたら嬉しいなって思います。
あの、間奏明けもさゆみの声がたくさん聴こえるんで、ぜひ聴いてください。

そして、その横浜アリーナで亀井絵里とジュンジュンとリンリンが卒業しちゃうんですけど、最後の最後に、私達...私のね、このこんうさピーに絵里が遊びに来ま~す!やったね。
やっと二人っきりでしゃべれますね。たぶん最初で最後だと思うんですけど、絵里とのね、ラジオは。ちょっと楽しみですね。絵里との放送は次の次の放送で、はい、やりますのでみなさんぜひお楽しみに。
ということなんですけど、次の放送ももちろん聴いてくださいね。はい。よろしくお願いします。

はい、ということで今日はこのへんで終了です。お相手はモーニング娘。道重さゆみでした。来週もあなたのハートにうさちゃんピース!おやさゆみん。

2010年11月14日 (日)

今夜もうさちゃんピース#210(2010年11月13日)。

オープニング】

こんばんは、モーニング娘。道重さゆみです。
はい、えー、覚えてる方がいるかどうかは分からないんですけど、あの、この間、お父さんに、この「こんうさピー」でメールを送ったじゃないですか。どんなメールでしたっけ。なんかすごい、とにかく感動するような、普段は、そんなお父さんに感謝してないけど、本当は、なんか、お父さんに会いたいよ的な感じのやつを送ったんですよ。で、その日の夜に、12時過ぎてから、メールが来たんですね。で、それは、えーと、ちょっと読みますね。
「さゆへ。」...普通ならね、さゆちゃんって呼ぶんですけど、メールだとさゆなんですよ、いつも。よく分からない。そのへんはなんかちょっと...なのかな。よく分かんないんですけど。
「さゆへ。さゆが出演するテレビを見て楽しんでいるよ。だけど、宇部から外に出て生活するからには、家族の援助なしで自活できるように務めること(いつも言っていることの繰り返し)。それから、メールアドレスを変えることは、その時には必ず連絡するように」...だけです。
ね、だから、言ってることばっかりでしょ、さゆみが。すごい硬くて、真面目で、それでいて、なんか消極的なわりには言いたいことは言うみたいな。もちろん宇部から...宇部からっていうのは、山口県宇部市なんですけど、宇部から外に出て生活するからには家族の援助なしで自活?自分で生活ってことなのかな。自活?できるように務めることって書いてあるんですけど、まあまあ、それはそうなんですけどね、いつも言われてるから、あえてね、さゆみがあんな感動なメールね、まあ、リスナーさんに考えてもらったものですけど、送ったのに、これは..ないなって思ってたんです。さゆみは、なんか、さみしいなっていうものがあったんです、意外とね。
そしたら、その13分後にもう一個来て、「追伸」っていう題名で、「さゆへ。お母さんと何かはなしたのかどうかは知らないけど、お父さんを気遣ってメールしてくれたのはGOOD!!」って来ました。「GOOD!!」って英語で来ましたからね。ルー大柴さんみたいになってるけど。グッド、ビックリマーク2つ、みたいな...のが来ましたね。まあまあ、でも、たぶんお父さんもきっと、その、最初に送った硬いメールをたぶん読み返したかなんかで、なんか、これじゃよくないなと思ったんでしょうね。それか、あの、もしかすると考えたのかもしれないんですね。普段、さゆみがメールしないのに、急に来たのは何でなんだろうって思って、あ、お母さんといろいろ話して、お父さんの話でもなったのかなってことで、まあ、それで気遣ってくれたのか、そりゃあさゆちゃん、GOOD!!だなって思ってくれたのかもしれませんね。
はい、というわけで、今日もお父さんいわくGOODな道重さゆみと、30分最後までお付き合いください。それでは、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

M-① 女と男のララバイゲーム(モーニング娘。)

【さゆの小部屋】

■さゆみん、こんばんは。「青春コレクション」のシングルCDを聴いていて気づいたのですが、このシングルでは、今までの曲よりもコーラスの部分のさゆみんの声の割合が大きくなっているような気がするのです。さゆみんの声の味つけを強くすることで、コーラスが今までと少し違った輝き方をしていて、とてもピュアで、エキサイティングに感じます。さゆみんの声がモーニング娘。の看板になってきているのではないでしょうか。センターに立つ日も近いかもしれませんね。頑張れ、さゆみん。

応援ありがとうございます。えー、いやまあ嬉しいですけど、でも、これって、たまに感じる時あるんですよ。あの、「青春コレクション」に限って私は...私自身では何も感じなかったんですけど、あの、「SONGS」っていう、アルバムの曲があるんですけど、そのBメロを、えーと、当時いた久住小春ちゃんと私とリンリンで歌ってるんですね。で、すごいCDを聴いた時に、これめっちゃさゆみの声使われてるじゃんと思ったんです。これ三人なのに、ソロの勢いだなと思ったんです。で、嬉しいなと思って、この、やっぱ小春とリンリンとさゆみの中だったら、やっぱさゆみの声が一番この曲にマッチしてたのかなって、勝手に思ってたんです。で、リハーサルをしてる時に、小春に、「道重さん、ここのBメロって、小春の声しか聴こえないっすよね」って言われて、あ、それ、さゆみ、全く同じこと、さゆみ、自分...自分の声しか聴こえないと思ってたのに、と思って、でも、さゆみ、何にも言えなくなっちゃって、小春の目もすごい輝いてたから、でも、だから、あ、そうだね、確かに言われてみたら小春ちゃんの声すごい聴こえるかも、って言って、ですよねーとか言って、ルンルンで、あの、はけてったから、向こうに行っちゃったから、あ、まあ、これが一番正解の、あの、答え方だったんだなと思って、誰も傷つかないじゃないですか、小春も、喜んで、きっと自信もついただろうし、そこでやっぱ小春の声いいんだって思っただろうし、さゆみも別にまあ、そんなね、ま、いっかっていう気持ちがあったんで、でも、まあ、一応、ちょっとショックだったんですよ。さゆみの中では、自分が一番と思ってたんですけど、小春は小春で自分が一番て思ってて、たぶんきっとリンリンはリンリンで自分が一番って思ってるだろうから、まあ、モーニング娘。って結局は、そう、ね、自分が一番なんだなっていうので、まあ、いい意味ではすごい、やっぱ自分が一番っていう気持ちがないといけないので、すごいいいグループだなって思いましたね。じゃあ、続いて行きます。
結局はたぶんバランスよく作られてると思います。なんですけど、自分の声、やっぱ自分が一番可愛いし自分が一番好きじゃないですか。で、自分の声ってどんな感じなんだろうってやっぱ聴きたいものだから、自分の声やっぱ神経を張りつめてるから、自分の声がたくさん聴こえただけだと思いますね。

■さゆみん、こんばんは。かなり前のことですが、さゆみんはこの番組で、親友の絵里ちゃんとはほとんど喧嘩をしないという話をしていたと思うのですが、今年の某雑誌のさゆえりのインタビューで、絵里ちゃんが一時期気持ちがすれ違っていて、ある夜、決意をして長文のメールを送った、みたいなことを言っていて、二人でもやっぱりそんなことがあるんだなと思っていたのですが、そうやってすれ違いが起きたり、喧嘩したりっていうのは、どんな時だったのですか?差し支えなければ教えてください。それでは、これからも親友・絵里ちゃんやメンバーのみんなとの繋がりを大事に頑張ってください。応援しています。

ありがとうございます。えーと、この時は、でも今年入ってからなんですけど、「青春コレクション」の頃かな、たぶん、本当に。なんか...なんか、今はもう全然元気になったんですけど、おじいちゃんが癌になったんですよ、さゆみの。おじいちゃんが癌になって、で、で、その時、仕事も忙しくて、帰れる状態じゃなくて、もう超ショックで、なんか、とにかく、でも、さゆみってあんまり、人前で泣くタイプじゃないから、あんまそれを、出してなくて、誰にも。で、誰にも言ってなくて、で、お母さんの前でも泣けるようなタイプじゃないから、結構一人で、夜とか、なんかさみしいなっていう気持ちだったんです。で、でも、なんか、でも結局おじいちゃん、なんかよく分かんないんですけど、その後検査行ったら、なんか、お医者さんも、こんな奇跡あるんですかっていうぐらい、癌が治ってたらしいんですよ。だから、なんか、よく分かんないんですけど、なんか今まで、そのお医者さんも、長年、医者をやってきて、こんなケースは初めてだって言われたらしくて、で、おじいちゃんもそれからは、なんか、あの、腰が痛いとかはあるんですけど、その、なんか、食欲がないとかはなくなったらしくて、なんか、大分元気になってきて、もう全然、なんか、元に戻ったんです。もう、その後はもう大解決したんですけど、で、そういう時期があって、さゆみに。で、誰にもそれを言ってなくて、で、なんか、その時に、ちょうどブログをやり始めたってほどでもないけど、やり...やってたんですよ。で、あの、とにかくブログにハマってて、で、仕事中もずっと携帯を離さなくて、で、絵里とは全然しゃべってたんですけど、なんか、なんていうんだろう、なんかどっかで、さゆみもブログをしたい、絵里ともしゃべりたい、で、メンバーのこともちゃんと見たい、一緒にいたいっていう気持ちもあったんですけど、なんかすごい、あの、ブログを、なんか、義務としてやり出したら、やってる意味がないなって思ってたんですよ。メンバーと一緒にいる時間があってこそのブログだなって思ってたんです。ブログを一番に考え出したらさゆみはダメだなって思ってて、それを分かってたのに、なんかすごいブログが一番の時期があったんですよ。やり始めて、やっぱ反響も大きかったし、あの、GREEの中で一位とかだったから、なんか、それを保ちたいっていう気持ちがすごいあって、なんかブログブログに行ってたんですね。で、それを分かってはいたけど、どうしても止められなくて、で、そんな時期に、田中れいなが、田中れいなちゃん、メンバーの田中れいなちゃんがブログをアメブロでやり出したんですよ。で、そこで、れいなが、一位を取ったんですよ、アメブロで。で、さゆみ、本当、嬉しいことだなって思ったし、すごいやっぱモーニング娘。の名がそこで知られるわけじゃないですか。で、それによってさゆみのブログを見てくれたら嬉しいなっていう気持ちもありつつも、すごい嫉妬したんですよ、さゆみは。なんか、あの、アメブロで一位ってすごいなっていう。で、なんか、うらやましいって嫉妬心もありつつも、負けたくないっていう、その悔しい気持ちがあるから、GREEでさゆみは一位を継続してやりたいっていう気持ちがすごい増えちゃって、で、それがよくなかったんだけど、で、そこで、またブログブログになっちゃって、で、すごい、なんか...で、さゆみがそこでまた悔しいと思っちゃったのは、なんか、アメブロはすごい、なんか、なんていうんだろうな、愛ちゃんとかも、みんな、今までも見てたから、れいなのももちろん見てて、なんか、「見てるよ」とか、「一位おめでとう。すごいね」ってみんなからすごい祝福されてたんですよ。でも、さゆみの時は、誰にもそんな言葉をかけてもらってなくて、一人で勝手に一位だって言って浮かれてたんです。だから、みんなに祝福されてうらやましいなっていう、その嫉妬心がすごい増えてきちゃって、なんかすごい、どっかでなんか、何が...なんか、どうしようみたいな、すごいモヤモヤしてて、で、結局、その、一番ブログを始める時に決意した、その、ブログが一番になっちゃダメだっていう、方向に行っちゃったんですよ。その、負けたくないとか、一位を継続してやりたいっていう、その、なんか、要らない、なんか、必要ない、なんかその、プライドみたいので、なんかずっとブログばっかりをやることになっちゃって、で、絵里も、やっぱ、まあ、仕事だしっていう気持ちで最初は見てたと思うんですよ。でも、やっぱりどっかで、なんか、今まで一緒にいたじゃんっていう気持ちになったんですよね、で、なったんでしょうね。で、その、だから、はじめは絵里も、普通に接してくれてたんですよ。さゆって言ってきてくれてたんですけど、でも、さゆみは、ブログがやりたいから、なんか、絵里とはしゃべるんだけど、どっか上っ面みたいな感じで、まあ、絵里はいつも上っ面だから、別にさゆみがたまに上っ面ぐらいいい...いいんじゃないかなとは思うんですけど、でも、その上っ面具合が違うから、で、さゆみも、なんか、どっかで、あの、絵里なら分かってくれるっていう、その、なんだろうな、なんか、これをわざわざ今、負けたくないから頑張ってるんだとか、最近一人でさみしいんだとか言わなくても、絵里なら分かってくれるっていう、なんか、どっかですごい絵里に甘えてて、でも、やっぱ、人間だから、お互い。あの、エスパーなんかじゃないから、言葉で言わなきゃ人って分からないから、だから、さゆみは、でも、すごい、もう八年付き合ってるし、こんな1、2ヶ月のことじゃ、さゆみ達はどうに...どうかなるわけがないって、まあ、どうかなるわけはないんですけど、でも、やっぱ絵里はずっとさみしいわけですよ、さゆみがブログブログだし、そんなさゆみが、あの、プライベートで、そんな悲しいことがあるなんて、口にしてないから、知らないから、だから、さゆみも言えばよかったんですけど、言えなくて、で、それでずっとすれ違ってて、なんでさゆはあんな感じなんだろうみたいな、絵里の中でモヤモヤしてて、で、さゆみはさゆみで、もう、れいないいなとか、さゆみは...なんかもう、さゆみね、本当に、ダメなんですよね。あの、自分だけが頑張ってるみたいな気持になっちゃうんですよ。さゆみはすごいバラエティーでも、なんか、なんだろうな、なんか、ダメだダメだ、なんか、そう、嫌われたりとかしても、頑張ってるのに、とかいう気持ちになっちゃうんですよ。それが一番よくないっていうか...それがよくないっていうか、そんなのただの、なんか、僻みだとは思うんですけど、なんか、それで、なんか、まあ、それで、すごい、マネージャーさんとか会社の人に言われたのは、すごい、罰ゲームとか、すごい嫌な、なんか、アイドルがするようなことじゃない、なんか、ローションかぶらされたりとかして、ゴメンねみたいなこと言われてて、大丈夫です、頑張りますって言ってて、で、じゃあ、道重がしたいことは何?って言われてて、ずっとブログがしたいですって言ってて、さゆみの気持ちを伝えたい場がほしいんですって、そのバラエティーとか、頑張ってるけど...そういう伝える場も、さゆみの本心も分かってほしいんですって言ってて、で、ラジオもあるけど、その時に伝えたいんですっていうのをすごい言ってて、で、で、それだから、ブログがしたいってさゆみはすっごい言ってたんです。そしたら、で、それで、やっとさゆみはブログもできたんですね。で、すごい嬉しくて、だから、さゆみは、こうやって言うことは大事だと思ったし、頑張ればそうやってしたいこともできるんだと思って、これからも頑張ろうっていう気持ちだったんです。なのに、なのにっていうとまた語弊だけど、なんていうんだろう、そんな、嫌われてもないキャピキャピしてる田中れいなちゃんや新垣里沙ちゃんとか、愛ちゃんとかが、簡単にブログをしたのがすごい悔しくて、さゆみは、ここまで...ここまでっていうか、別にそんなさゆみ全然すごくないけど、でも一応、頑張ってたんです、さゆみの中で。で、なんか、ブログができたのはさゆみの気持ちがちょっとでも伝わればいいなっていう気持ちでやってたんだけど、でも、そうやって、あの、まあ、簡単じゃないとは思うんですよ。ガキさんだってすごいお願いしてたし、れいなも本当は、あの、はじめっからすごいブログやりたいですって、最初、同じ気持ちなのは分かってるんです。でも、なんか、すごい、なんか、後から始めたれいなの方が、おめでとうとか、祝福されてるのが、すごいうらやましくて、で、さゆみも一緒になっておめでとうって言ってるのに、心のどこかで、なんか、悔しいって思ってる自分が、なんかバカみたいで、なんか、こうなんか、さゆみ、同じメンバーなのになんでこんなに、なんか、祝福してるつもりで、してあげてないんだろうっていうのが、すごい、なんか、なんかもうどうしようっていう、で、そんな中で、なんか、おじいちゃんが死ぬかも、とか言われて、あ、もうそりゃないでしょっていう感じで、なんかすごい、なんかいっぱいあったような時期で、とにかく。で、で、誰にも言えなくて、で、とにかく誰にも言ってなくて、で、お家に帰って、とにかく、でも、ブログが原因でこうなってるのに、さゆみが支えてくれるのはブログしかなくて、だからとにかく更新しまくって、しまくってやる、一位継続してやる、みたいな気持ちになってて、で、やってたんです。でも、あの、そこで、絵里からメールが来て、で、なんか、すごい長文で、感動するような。感動っていうか、でも、絵里の気持ちを全部ぶつけてくれて、それでさゆみがやってたことは間違ってたなと思って、結局は、そうやって絵里から言ってくれるのを待ってたんだなと思って、あ、自分から言えば...やっぱ、結局自分から言えばよかったと思って、で、そこではちゃんとおじいちゃんのことも言って、で、もう全然もう治ったから大丈夫なんだけどって言って、ケロってしてるけどとかいってて、で、おじいちゃんのことも言って、ブログのことも話したら、すごい、なんか、おじいちゃんのことも、よかったって言ってくれて、絵里の一番の大事な親友の...あの、親族?親族?ていうの?分かんないけど、その、大事な...大事な、絵里の大事な人の大事な人が、そういうことにならなくて、本当によかって言ってくれて、すごい良かったと思って、で、ブログのことも、あの、本当にさゆの...が好きな人は、ちゃんと見てると思うよって言ってくれて...あー、もうダメだ、でも、さゆみ、やだ。あーもうダメだ。もうダメダメダメ、なんか、あ、そうだなと思ったの、さゆみも。あー、もうヤバいんだけど。もうダメだ。もう本当ダメ。そうだなと思った、本当に。確かに、なんか意地になってて、バカらしいと思った。別にね、一位が大事とか、なんかれいなとか、ガキさんとかじゃないなって、自分がやりたいこと、言いたいことを言いたくて、自分の気持ち伝えたくてやり出したのに、何を気にしてたんだろうと思って、で、結局それを、まあ、気づかせてくれたのは絵里だったんで、さゆみの好きな人はさゆみのことを、別にブログが無くても、ちゃんと中身まで見てくれてるし、そんなブログ無いのはもう無理だけど、一生やっていきたいけど、でも、そうやって、分かってくれる人は、分かってくれるし、でも、本当に、ファンの人ももちろんそうだけど、絵里は本当に近くで一番分かってくれてるんだなっていうのは、そこですごい感じましたね。はい。もうやなんだけど。もうやだ、もう本当やだ。卒業しちゃうのやだな。あー。あー恥ずかしい。はい、じゃあもう次行きますね。

【行列のできるさゆみん裁判所】

■さゆみん裁判官に告白します。僕はもちろんさゆみんが一番好きです。その気持ちに嘘や偽りはありません。しかし、魔が差すというのはこういうことをいうのでしょうか。最近、高橋愛ちゃんのブログが超面白くて、毎日見てしまっています。最近の僕のマイブームこそ、愛ちゃんブログだといっても過言ではありません。言い訳を一つするのであれば、ブックマーク欄の一番上はさゆみんブログです。どうですか?こんな僕は罪深く、有罪ですか?無罪ですよね?

いや、有罪でしょう。しかも、この、さっきのさゆみの涙の後にこのお便りはキツいでしょう。いやいやいやいやいや、ていうか、まあ、ミスタームーンラビットさんが悪いわけではないし、まあ別に、スタッフさんが悪いわけでも、誰のせいでもない、さゆみのせいなんですけど。いや、ねえ、さっき...さっきの今でこのお便りは、さゆみ、結構精神的にきたよ。いや、別に誰が一番とか、一位とか関係ないって言ったわりには、まあ、言ってるってことはどっかで気にしてるわけじゃないですか。なのに、愛ちゃんブログが楽しいとか言われたら、まあ...まあグサグサ来るよね。まあ、別に、あの、誰...さゆみも愛ちゃんのブログ好きなんで、普通の、あの、精神状態でこれを読んでたら無罪なんですけど、今のこのさゆみの状態だったら、判決は、ミスタームーンラビット被告人...有罪です。
まあ、ちょっと、タイミングでしたね。可哀想ですね。しかもブックマーク欄の一番上はさゆみんブログですってたぶん、さゆみが一番にブログしたから、そこで登録したから、そのまんまってことですよね。ただ単に面倒くさいってことでしょ。はい、ありがとうございます。

■さゆみん裁判官、聞いてください。自分はとにかく遅刻が多い。そのことは認めます。友達との約束に40分遅れたり、バイトに遅れたり、新学期早々授業に遅れるなんて朝飯前。きわめつけは、コンサートに遅刻してしまったことさえあるのです。でも、これって逆にいえばセカセカせず大らかな人間だともいえますよね。遅刻癖がある自分は社会的にはやっぱり有罪なのいでしょうか?さゆみん裁判官、厳正なる判定をお願いします。

うーん、これは難しいですね。なんか、でも、あの、別に新学期早々授業に遅れるとかは、自分の...自分が損するだけなんで、いいと思うんですよ。それで、結局、授業の、なんか、遅れを、なんか、取っちゃうとか、訳分かんなく...勉強が訳分かんなくなったりとかいうのは別に、自分が後々頑張んなきゃいけなくなっちゃうだけ、つらくなるだけなんで、別にいいと思うんですけど、友達との約束に遅れるのは、よくないなって思いますね。あの、あと、お仕事とか、本当に、仕事とか、まあ、その、信頼関係が崩れるのはよくないと思う。でも、結局、その、信頼無くして損するのは自分なので、まあ、これはでも性格とうか、自分に厳しく行くだけですよね。まあ、ということで、判決を言い渡しますと、全開ビートさんは...無罪!
自分ですよね。自分にどれだけ、はい、あの、キツくするか甘くするかによるんですけど、でも、絶対キツくしといた方が後々楽だと思いますけどね。自分が損して悲しい思いしちゃうのは、はい、そうですね、本人なので。まあ、それは全然さゆみにもいえるんですけど。

今度悪いことしたら、さゆみが頬っぺたビンタしちゃうぞ!

まあ、可愛く締まりましたね。でも、あれですね、裁判所は楽しいんですけど、漢字が多くて、すごいドキドキしちゃいますね。それがちょっとさゆみ、自分に有罪ですね。

M-② リゾナント ブルー(モーニング娘。)

【エンディング】

そしてそして、えー、来週? 来週じゃないか。来月、えー、亀井絵里ちゃんが遊びにきまーす!イェイ!
えー、うさちゃんピースに遊びに来るということで、まあ、さっきの涙は内緒にしといていただいて、えー、楽しい楽しい放送にしたいなと思ってますので、みなさんぜひぜひお便りなど、よろしくお願いします。そして、放送も聴いてください。

ということで、今日はこのへんで終了です。お相手は、モーニング娘。道重さゆみでした。来週もあなたのハートにうさちゃんピース!おやさゆみん。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ