« 今夜もうさちゃんピース#203(2010年9月25日)。 | トップページ | DOWNTOWNラプソディー。 »

2010年9月27日 (月)

今夜もうさちゃんピース#203(2010年9月25日)。

【オープニング】

こんばんは、モーニング娘。道重さゆみです。
はい、今、私...モーニング娘。はですね、9月18日から、あの、秋のツアー、単独コンサートが始まったんですけど、今回のリハーサルは、なんか、毎回毎回...毎回毎回っていっても前回ぐらいからなんですけど、いつもリハーサルの初日に、みんなで先生とスタッフとメンバー全員で、あの、輪になって、一人ずつ今回のリハーサルから、本番、最終日までの目標を言うんですよ。で、何も考えてなくて、あの、考えてきてって言われるんですよ。なのに、本当に考えてなくて、ヤバいと思って、その瞬間、何て言おうと思って、で、前回は、あの、「冷静に」っていうのが目標だったんですね。で、あの、それ目標にしたんですけど、意外となんか、できた時もあったけど、できなかった時の方が多かったから、今回も「冷静に」にしようと思ったんですけど、なんか、それだと、なんか、あの、目標手抜きしてる感じするじゃないですか、他の人から聞いたら。で、自分の中での目標は、まあ、「冷静に」が、結構、一番だなと思ったんですけど、引き続き、でも、なんかその時に、冷静に考えたんです。そしたら、なんかやっぱり、ここは違うことを言った方が、ちょっとなんか、好感度良いかなっていう、あの、結果が出まして、自分の中で、冷静な判断の後、なので、今回のリハーサル、そして本番への目標は、「極力文句を言わない」にしたんですね。私、結構、口を開けば文句なんですよ、リハーサルの期間って。文句というか弱音というか、もうできないとか、はぁーとか、なんかそういう、なんか、結構マイナス思考な言葉が、結構多くなっちゃうので、で、それは、あの、ダンスの先生も、メンバーも知ってるので、今回は文句を言わないことにしようと思ったんですけど、それだとあまりにも文句を言わないってことにすると、自分への、そのなんか、あの、ストイックな、その、目標を達成できる気がしなかったんで、「極力」っていう所に、ちょっと甘えて、たまに文句が出ても、あの、え、でも、今回の目標ちゃんとしてないじゃんって言われたとしても、「いや、極力って言いましたから」っていうことに逃げれるように仕向けたんですけど、でも今回は本当に、ちょっと成長したなと思ったのは、振り付けとか、あの、前回は右手で伸ばしてた所が急に、あの、今回はやっぱ左手でやってって言われると、体が慣れちゃってるから難しいんですよ。で、今までだったら、えー、前まで右手だったのに、難しいなとか言ってたんですけど、今回は光栄ですって言えるようになりました。だから、さゆみはここらへんは成長だなと思ったんですけど、あ、でもあえてそういうことを言わないと、やってられないんです、結局は。で、愛佳とか...光井愛佳ちゃんとかは、普通に、はいだけでちゃんと、今まで私、右だったんですっていうことをアピールせずに、ちゃんとできるんですけど、さゆみはなんか、あの、公営ですとか、ま...あの、プラス思考なことを言ってまで、私頑張ってるんですよっていうことを、あの、言わないと頑張れない自分なんですよね。だからね...他のメンバーの目標は、結構みんなシンプルだったんですよね。「楽しく」とか、あとは...あと何だっけな、忘れちゃった。あと何だっけ、みんな何かすごい良いこと言ってたんだよね。え、何だっけ、覚えてる?前回のやつなら覚えてるんだけど、ちょっと、あの、紙には書いてるんで、今度、あの、持ってきますね。持ってきますっていうか、今度いつか発表したいと思います。
はい、というわけで今日も、え、極力文句は言わない道重さゆみと30分最後までお付き合いください。それでは、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

M-① あっぱれ!回転ずし(むてん娘。(モーニング娘。))

【さゆの小部屋】

■さゆみん、こんばんは。さて、先日、番組でニコラス・ケイジさんとサプライズで共演していましたね。ハリウッドスター相手に「I am cute」と言って苦笑いさせるところは、さすがさゆみんだなと思いましたよ。映画をあまり観ないさゆみんは、じつはニコラス・ケイジさんのことを知らなかったのではないですか。真相をぜひ聞かせてください。

さすがオレンジの6番さん、良い所を突いてますね。あの、この時、本当に知らなくて、ニコラスさんのことを。で、なんか、あの、なんだっけ、Mr.マリックさんが、手品...合ってますよね、Mr.マリックさんが手品で、あの、なんか、Mr.マリックさんがいなくなって、ニコラスさんが出てきたんですよ。で、みんな、キャーって言ってて、さゆみもキャーって言ったんですけど、さゆみは手品がすごいと思ってキャーって言ったんです。で、なんか、みんなのキャーが、ずーっとキャーで、なんか、お客さんの、なんか、あの、見る目が、もう結構ハートの目だったんですね。で、でも、外人さんだったから、あ、みんなすごいやっぱ、今って、こう、すごい、海外の人をみんな好きなんだなって、すごいK-POPとかも流行ってるし、なんか今ってやっぱ、女の人は基本海外の人が好きなんだと思って、すごいなーと思って、海を渡っちゃったらこんなに人気者になれるんだって感じだったんですよ。で、なんか、さゆみ的には、あの、エキストラかと思ったんですよ、普通に、ニコラスさんって。あの、Mr.マリックさんがおカネで雇ったエキストラだと思ってて、で、そしたらなんか、普通にMC席とかに座り出して、え?何でだろうと思って、え?どういう意味?どういう意味?と思って、なんか、通訳さんとかもいるし、え?手品で、あの、Mr.マリックさんが変身して出てきただけじゃないの?と思って、で、ずっとなんかザワザワしてて、あの、すごいねすごいねみたいな、客席とかも、だから、あれ、この人すごい人なんだっていうことに気づいて、それからは、まあ、場の空気に合わせますよね。とりあえず、何か、あの、映画の番宣とかを見たので、あ、こういうすごい映画にたくさん出られてる方で、顔を見たらみんな分かる人なんだってことをそこで気づいて、やっと、あの、あ、ちょっと誰かに自慢できるんだなーっていう気持ちになりました。だから、次の日...しかもその時、ニコラスさんが握手してくれて、で、さゆみ、その時は、まだエキストラだと思ってる時に握手したので、あの、ニコラスさんに対して、あの、普通に、あ、この人、結構ミーハなんだな、みたいな。中居さんとか鶴瓶さんとか、ゲストのさゆみとか、たぶん全員と握手してたから、あ、結構ミーハーな方なんだ、みたいな、エキストラなのに、みたいな...ところがあって、本当失礼なんですけど、で、あの、その後に、ニコラスさんてことを気づいて、でもやっぱ...名前は知ってたので、あの、さゆみが全然、あの、何ていうんですか、常識を知らないだけで、名前は知ってたので、そこで、あ、すごい人だと思って、あの、海外が大好きな愛ちゃんに...高橋愛ちゃんに次の日、昨日ニコラス・ケイジさんと共演したんですって、握手もしたんですって言ったら、すごーいって言って、手触らせてって言って、あの、愛ちゃんと握手できたんですね、ニコラスさんのおかげで。で、ちょっと感謝してますね。はい...知ってるハリウッド俳優さんは、あ、ディカプリオさん?レオナルド・ディカプリオさんとか、あと、あの、中国の...チャン・ティー?チャン・ツィー?チャン・ツィーさんていうのは、知ってます。なんか、村上ショージさんが好きって言ってたので、それで覚えました。

■さゆみん、こんばんは。初めてメールを送らせていただく高校一年生の女子です。まず、六期でのディナーショー、おつかれさまです。私は制服を着て参加させていただきました。いつものコンサートとは違う雰囲気で、かなり楽しめました。生演奏での歌は、どの曲もグッときて、もちろんさゆのソロもある意味グッときました。MCはさすが六期という感じで最高でしたね。さゆ的には初のディナーショーはどうでしたか?六期ならではのエピソードがあれば教えてください。

あー、ありがとうございます。なんかちょっと、可愛らしい高校一年生からの、年下のメールかと思いきや、ちょっと毒が入ってる、今どきなメールでしたね。ありがとうございます。でも、そうですね、やっぱりディナーショーはソロ曲っていう所が、すごい大きくて、なんか、あの、リハーサルの時に、あの、私はBerryz工房さんの「蝉」と広末涼子さんの「大スキ!」を歌わせていただいたんですけど、「大スキ!」は、結構、ノリノリだし、キーが合うんですね。なんですけど、「蝉」はちょっとAメロとか、低めなんですよ。で、一曲全部歌い切ったら、全て音程がグッチャグチャだったらしくて、でもさゆみ、全然気づかなくて、すごい気持ちよく歌ってたんですね。で、なんか、一回歌い終わったら、マネージャーさんが、なんか、二人ぐらい走って来て、「今の全部違うの気づいてる?」って言われて、「え?気づいてないです」って言って、「えー?マジですか?どこが違います?」「いや、全部だよ」みたいな。途中ちょっと持ち直したけど、基本は全部って言われて、えー?と思って、ちょっと待って、こんなに気持ちよく歌い上げたのに、恥ずかしいと思って、え?どうしようと思って、いや、本当に悩んだんですよ。どうしようと思って。そしたら、あの、絵里が...亀井絵里ちゃんが、今ちょっとピアノで、あの、弾いてもらったらって言われて、で、生演奏だったので、ピアノの人に、あの、ちょっと弾いてもらっていいですかって言って、リハーサルでピアノでちょっと練習させてもらって、で、そこで気づいたのが、最初の音を分かればその後普通に繋げれるんですよ。でも、最初の出だしが分かんないから、あの、出だしで音程を外したら、そのまま外したまんまで歌っちゃうんですね。だから、初めの音さえ分かれば、さゆみはできるんだって思って、ピアノの人に、あの、お願いをして、すいません、あの、イントロの所で、初めのAメロの頭の音を一回だけ鳴らしてもらっていいですか?って言って、一回だけ本当に本番...本番も、あの、全部の、あの、回、「蝉」だけは、イントロで初めのAメロの一文字目の音を出してもらってるんですよね。ピーって。だから、それをめっちゃ耳をすませて聴いて、もうそれしか神経いってなくて、もうとりあえず聴いて、それを、なんかちっちゃい声で、ウンーーーーって言っておきながら、そっから歌い出すっていうテクニックで、歌ってましたね。まあ、それでも、あの、まあ、ところどころ不安定でしたけど、リハーサルよりは全然大丈夫だったと思います。あと、マネージャーさんも、「大丈夫だった。安心した」って言ってたので、よかったなと思いますね。はい、そんな思い出があります。

■さゆみん、こんばんピンク。昨日、お友達のお家に遊びに行ったのですが、ファッション雑誌がたくさんあってビックリしました。同じ中学生の女の子なのに、みんなファッション雑誌をチェックしていて、私だけ全くファッション雑誌を買っていないことに若干ショックを受けました。さゆみんは中学生の頃、ファッション雑誌をチェックしていましたか?やっぱりさゆみんみたいな可愛い女の子を目指すには、ファッション雑誌も必要なのでしょうか?乙女の悩み、よかったら答えてください。

えー、私も全然ファッション雑誌に興味が無くて、あの、結構、本当に中学生の時とかって、学校の子、みんな持ってて、で、なんか、買った方がいいのかなと思って、一応買ったんですよ。なんですけど、なんか、全然...え?どこが面白いんだろう、みたいな、なんか、服とか、普通にお姉ちゃんのお下がりとか、あと、お姉ちゃんと一緒におもやいで着てたりとかしてたので、なんか別に大丈夫かなっていう、買わなくてもいいかなと思って、一回買ったきり、ほとんど買ってなくて、でも、なんか学校で流行ってるから、なんか、買わなきゃっていう意識で、で、お姉ちゃんも、なんか、買ってたりとかしたので、お姉ちゃんのを見せてもらったりとかして、まあ、ちょっと会話には入ってたんですけど、そんなにさゆみも買ってなくて、で、いまだにファッション雑誌って、興味が無くて、なんか、モーニング娘。のメンバーって、空き時間とかあったら本屋さんとか、あの、、コンビニとか行って、みんな買うんですよ、雑誌を。で、なんか、付録とかを楽しんでたりとか、あともうずっと見てたりとかして、お家にも雑誌がいっぱい溜まっちゃって大変とか言うんですけど、もう、さゆみからしてみたら、もう、あの、さゆみのお家はアイドルの写真集というよりは、なんか、あの、よく、なんか、太い漫画とかに初めの表紙と2、3枚だけアイドルの写真があるじゃないですか。で、それを欲しいがために、それをファイルにしたいがために、そういうのをいっぱい買うから、すごいあれ、ゴミ捨てるの大変なんですよ。ん?あ、BOMBとかも買ってます。でも、BOMBさんは、ちょっとサイズがちょっと小さめじゃないですか。A4サイズじゃないから、あの、さゆみが集めてるのは、A4サイズのファイルに、あの、詰めてるから、BOMBさんだと、あの、ちぎって、さゆみの好きなファイルにすることができないんですよ。さゆみの順番でやりたいんですね。この...この子の、あの、ファイルとかでやってるから、BOMBさんはちぎるともったいないんですよ。なので、一冊ずつ買わない...買って、補完しなきゃいけないから、さゆみはそのA4サイズのやつが一番好きなんですけど、まあ、結局BOMBさんも買わせていただいてるんですけど、なんかね、そっちの方が、さゆみは集めてて好きですね。なので、無理することはないと思います。だって、さゆみはそれで、あ、こういうアイドルの方の、なんか、服可愛いなとか水着可愛いなとか思って、なんとなくファッションも勉強できてる部分はあるので、自分の好きなように、はい、洋服の勉強とか興味を持ってほしいなと思います。

【道重さゆみのオトナの主張】

お題: アイドル

アイドルは、まあ、でもこの「こんうさピー」では、誰が好きとかそういう話はしてますけど、あの、アイドルの良さは、まあ、なんか、まあ、さゆみにとっては趣味の一つで、すごいなんか、時間を忘れて、ずっとDVDとか写真とか見れて、没頭できるので、なんか、そういう面では、本当に、人生の3割、4割ぐらい、アイドルに、はい、ちょっと、没頭してる時間な気がするんですけど、アイドルは、2種類あると思うんですよ、さゆみにとって。なんか、作り切って、もうなんか、好きな食べ物はイチゴですとか、パフェですとか、なんか、早く王子様が迎えに来ないかなとか、なんかまあ、今でいうスマイレージの福田花音ちゃんとかが、こう、「シンデレラの生まれ変わりです」とか言うのは、もう本当作り切ってるなっていう、百パー、もうアイドルを演じてるんだなっていうのがすごい分かって、結構、さゆみは、どっちかっていえば作り切ってる方なんですよね。なんていうんだろう、あの、挨拶とか、こう、MCとかも、なんか、あの、こうやって言った方が、ちょっとアイドルっぽいかなとか、ファンの人が喜んでくれるかなっていうのを、考えた上で、結構前日とかから、あ、明日のMCはこうやって言おうとか、すごいなんか、頭の中で考えた上でやるタイプなんですけど、まあ、モーニング娘。で言ったら、亀井絵里ちゃんとか高橋愛ちゃんとかは、無理してない自然体のアイドルだなって思いますね。だから、たぶん、まあ、無い物ねだりなんでしょうけど、さゆみが好きなアイドルは、自然体の方のアイドルなんですよね。なので、結構作り...なんか、一時期は、本当作り切ってるアイドルにすごいハマってたんですけど、最近は、なんかその自然体にすごい憧れるというか、あ、こんなふうに普通に振る舞えたら、なんか、すごい可愛いなっていう、普通に、なんか、やっぱアイドルって、なんか、親しみやすい対象じゃないですか。やっぱ、最近のアイドルは。なので、なんかそういうのだと、なんか、あ、普通に隣にいてくれたら嬉しいなみたいな、なんかそういうのが、絵里とか愛ちゃんには見られるから、モーニング娘。ではその二人かな。リンリンもちょっとその...まあ、リンリンは何も考えてないからちょっとまた別の話なんですけど、なので、なんかそういう親しみやすい、ていうのが最近のアイドルな気がしますね。なので、そこは、うーん、ちょっとなんか学びたいというか見習いたいですね。なんか...なんか、全部さゆみ、こうやって言った方がいいだろうなとか、すごい全部構成しちゃうんですよね、頭の中で。なんかそれは、そのなんか、あの、自然な、その、アドリブの良さとかが、さゆみにはなんか、無い気がするので、今も基本は、なんとなく頭で考えて、これを言った方が、なんか、損得じゃないけど、なんか、自分にプラスなことを言いたいとか、そういうことを考えちゃうんですよね。だから、こう、ボケる時も、こうやって突っ込んでほしいなとか考えてる自分がすごい嫌な時があるんですよね。なんか、本当に、まあ、何回も名前出しますけど、絵里とか愛ちゃんはそういうのが無いんですよ。普通に自分の好きな時にしゃべって、こう、ボケて、まあ、突っ込んでほしいとか、ちょっとやりずらいとか、気持ちはあるだろうけど、でも、なんか、周りがそっちの方がたぶん、突っ込みやすいんですよね。なんか、受けを狙ってない感じがするから、あの、面白くしてあげたいっていう気持ちがあるんですよ。でも、さゆみとかは結構すごいガツガツしてるから、あの、面白くしてくださいみたいな感じが、もう滲み出ちゃってるから、そういう子って、結構扱いずらいんですよね、たぶん。さゆみが思うに、こう、なんか、あ、この子頑張っちゃってるんだっていう、なんか、ちょっと哀れじゃないけど、なんかそういう目で見られてそうで、ちょっと怖いなっていうのが、ありますね。
でも、アイドルは、なんだろうな、なんか、さゆみがすごいアイドルが好きな理由は、こうなんか、そのアイドルを見てる時だけ、本当に現実を忘れられるというか、本当に妄想の世界に入れるじゃないですか。あ、この子が彼女だったらどんな感じだろうとか、妹だったらどんな感じなんだろうとか、モーニング娘。だったら、まあ、私は女なので、本当に、このモーニング娘。に入ったら、自分はどういう感じになるんだろうとか、すごい想像が色んなふうにできるから、そういう想像で楽しめる対象だなっていうのは、すごく思いますね。でもなんだろうな、でも、青春だと思いますね。さゆみは、アイドルは青春だと思います。
うん、なんか、そう思いますね。はい、でも、あの、さっきも言ったように、さゆみは、あの、結局は可愛いっていうのがあると思います。あの、作り切ってる可愛さと、自然体の可愛さって、まあ、両方ともやっぱり、アイドルは可愛くなくちゃいけないと思うので、あの、最終的には、アイドル、可愛いっていう結論に至ると思います。
まあ、可愛いにも色んな種類があるので、はい、さゆみは極度に可愛いです。ここが作り切ってる所ですよね。

M-② 泣き出すかもしれないよ(モーニング娘。)

【エンディング】

妄想セクシーワード:うなぎパイ

パイっていうとこがまた、可愛いというか、まあ、セクシーというか、うーん、でも、なんか、良いフレーズですけど、でも、うなぎパイって、夜のお菓子なんですよね。さっき、スタッフさんから聞いたんですけど。まあ、朝のお菓子とか昼のお菓子とかよく分かんないんですけど、まあ、いつ食べてもうなぎパイは大好きなんですけど、でも、なんかうなぎパイは、すごい一時期、ハマってたというか、お家にすごいあったんですよ。何個も何個も。で、お姉ちゃんとうなぎパイをよく食べてたんですけど、うなぎパイだけで食べてもすっごい甘いじゃないですか。でも、その時、なんか、二人してすごい甘党で、すっごい甘い物が食べたかったんです。で、うなぎパイだけで食べればいいのに、うなぎパイだけでもすごいカロリー高そうなのに、あの、メープルシロップをドバドバかけながら、食べてました。すごい、で、メープルシロッププラス、マーガリンをつけて、食べたりとかしてました。甘くてすごいおいしいんですけど、今は思うと...カロリー天国だと思ってたんです、その時は。カロリー地獄ですよね。もうダメ、やっちゃいけない、あれは。まあ、普通に、おいしかったので、あの、楽しかったですけどね、その時は。

ということで、今日はこのへんで終了です。お相手は、モーニング娘。道重さゆみでした。来週もあなたのハートにうさちゃんピース!おやさゆみん。

« 今夜もうさちゃんピース#203(2010年9月25日)。 | トップページ | DOWNTOWNラプソディー。 »

01.今夜もうさちゃんピース」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ