« $百萬BABY。 | トップページ | daily news。 »

2010年10月11日 (月)

今夜もうさちゃんピース#205(2010年10月9日)。


【オープニング】

こんばんは、モーニング娘。道重さゆみです。
はい、えーとですね、九月の十八日から私達、モーニング娘。の秋ツアーが無事に始まりまして、あの、来て下さった皆さん、ありがとうございます。
今回は、あの、一度と言わずに、二度、三度、四度って来てほしくて、あの、その理由はですね、まあ、あの、すでに何回か来ていただいた方なら分かると思うんですけど、回替りの曲が結構あったりして、メドレーなんかは、あの、一回一回、結構、大幅に曲目が違ったりとかして、その回の楽しみっていうのがあるので、すごく、あの、何度も来てほしいなっていうツアーになってるんですけど、今回は、衣装はすごい可愛いんですけど、何といってもお腹出しがすっごい多いんですよ。で、今回、なんか、つんくさんの意向的に、なんか、今回はお腹を出せっていうのがあったらしくて、今までだったら、衣装さんと相談して、あ、私、あんまりお腹に自信ないんで、ちょっと隠してもらっていいですかって言って、少なめにしてもらったりとか、その、お腹が出た...出てたとしても、その量を減らしてもらったりとかしてたんですよ、生地を増やしてもらって。なんですけど、今回、つんくさんが出せっていう意向らしくて、そのさゆみの衣装さんと、すいませんっていうその裏のやり取りが通じないんですよ。だから、もう今回はすごいお腹が出てて、めっちゃ恥ずかしいんですよね。なんか、踊ってたりとかしても、こう、どっかで、あ、今、お肉乗った、とか、あー、絶対今、ファンの人、さゆみのお腹しか見てないとか、そういうことばっかり、もう、こういうことをまたラジオで言うと、見られちゃうから言いたくないんですけど、でも、なんか、さゆみは、もう、ていう前置きがあってこそ見てほしい、みたいな。なんか、もうそうじゃないと恥ずかしくて、そういう気持ちでやってるって思ってもらっとかないと、気づいてないのかなって思われてるのも嫌なので、さゆみは一応、本人は気づいてるよってことを、ここでさゆみのファンの人には、ちょっと分かってもらいたいなって思って、ちょっと冒頭からお腹の話ですいません、なんですけど、あとね、今回のライブは、なんか、その、色んな曲に挑戦してるっていうのもあるんですけど、リハーサルが短かった割に、すごい大変だったんですよ。ていうのも、ダンスがめっちゃ難しくて、オープニングからすごいダンサブルな曲があるんですけど、もうこれが苦手でしょうがなかったですね。すっごい頑張りました、だから、リハーサルは。なんか、何度も何度もみんなで揃えたりとか、あとは、なんか、あの、高橋愛ちゃんが朗読劇の、あの、方のリハーサルと同時進行だったので、なかなか来れなかったりとかしたので、愛ちゃんがいない所で、みんな七人でやってたりとかしてて、で、もしこれさゆみ、愛ちゃんの立場だったら、もう絶対ついてけないなって思うんですけど、愛ちゃんは来たらすぐできるんですよね。まあ、きっと裏で練習してたりとか、お家でビデオ見たりとかもしてるんでしょうけど、やっぱさすがリーダー、違うな、と思って、なんかちょっとそこは本当に、なんんか、改めて、そうやって、同時進行できるからこそ、仕事も入るんだなっていうのを感じたので、なんかもっとさゆみも、あの、頑張ろうって思いました。
はい、というわけで、今日も、そうですね、まだまだ頑張ります! 道重さゆみと30分最後までお付き合いください。それでは、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

M-① 同じ時給で働く友達の美人まま(スマイレージ)

【さゆの小部屋】

■さゆみん、こんにゃ。お久しぶりにメールしました。というのは、さゆみんに教えたいことがあるのです。じつはさゆみんの存在そのものを神と崇めている強烈なファンがいるんです。そのファンというのは、ガールズ・バンド、SCANDALのギタリスト、MAMIさんです。彼女はことあるごとにTwitterでさゆみんにラブコールを送り、「さ、さゆが可愛すぎてヤバいヤバいヤバい」など、さゆみんの素晴らしさを啓発しています。ちなみに、ルックスはさゆみんと真野ちゃんを足した感じです。名古屋出身の彼女を一度ゲストに呼んでみてはどうですか?

えー、知らなかったですね。SCANDALさんは、あの、知ってはいるんですけど、一人一人のこともちゃんとはちょっとまだ知れてないので、こうやって言ってくださってるってことも全然知らなかったんですけど、まあ、ありがたいですよね。でも、さゆみんと真野ちゃんを足した感じだと、ただのさゆみですよね。あの、似てる二人なので、まあ、ただの真野ちゃんかただのさゆみかどっちかだとは思うんですけど、まあ、でも、本当に嬉しいですね。でも、似てるってことは、なんでしょうね、ナルシストかもしれないですね、似てるような人が好きってことだから、まあ、ちょっと気が合うのかなって思うので、ぜひゲストに来てほしいんですけど、まあ、なんだろう、呼ぶからにはこちら側も色々知っとかないと、失礼にあたることが多いと思うので、まあ、色々情報を知ってから、さゆみに、あ、知ってますよ、そのこと、みたいな、ちょっと上からも言えるようになってから、来てほしいですね。もうちょっとさゆみに時間を欲しいですね。あの、Wikipediaで調べる時間を私に、Wikiっちゃいたいと思います、SCANDALさんについて。はい、その時間をいただいてからぜひ、ゲストに来てほしいなと思います。お願いします。

■さゆみん、こんばんは。先日、昔の雑誌を見ていたら、6期デビュー曲の「シャボン玉」のインタビューで、「男性の価値は何で決まるか?」という質問にさゆみんは「面白い人も好きだし頼りになる人も好きだしイケメンも好きです。完璧がいいです」と答えていました。今、改めてこの質問に答えるなら、何て答えますか?

えー、私こんなこと言ってるんですか?アホ丸出しですね。こんな欲張りだったんだ、昔。たぶん、何ですかね、何だろうな、たぶん、この時、13歳とか14歳なんですけど、逆にそういうのに興味が無いから、結果誰でも良かったっていうか、何でもいいから、とりあえずよくテレビとか雑誌とかでこういう人が好きですっていうのを挙げただけだと思うんですよね。だって、こんなの誰でも当てはまるっていうか、なんか、欲張りすぎですよね。贅沢者ですよね、こんなの。十四歳の小娘がね、田舎から出てきたばっかりで。
えー、ちょっとこの時の気持ちはさゆみ、全然覚えてないのね、このインタビューのことに関して。ちょっと分からないんですけど、まあ、今答えるなら...でも、男性、どんな人が好きですかっていうか価値ですもんね。その質問がまた、ちょっと奥が深いというか、難しいんですけど、まあ、どういう状況だったのかもよく分からないんですけど、まあ、今だったら、まあ、何事にも一生懸命な人がいいですね。百点満点のアイドルの答えですけど。やっぱり、でも本当にそう思うんです。なんか、こう、すごい何でも一生懸命なのって、男の人に限らず、もう本当に人間として大事なことだなと思うし、失敗しても成功したとしても、まあ、本当に一生懸命になることが一番、後々考えて、あの時頑張ってたなって思って、良い思い出に、失敗したことも、なんか、結果、あ、でも、頑張って良かったなって思えたりとかもするので、やっぱ一生懸命頑張れる人は、本当にさゆみは好きだし、応援したいって思うし、あとやっぱコンサートとかやってて、立って一生懸命一緒になって歌って踊って応援してくれてる人を見ると、本当に心からキュンてするんですよ。なので、それはね、なんか、だから、座ってる人もいらっしゃるんですね。それはそれですごい、あの、座って応援してくれてて、嬉しいんですけど、あの、あ、立ってほしいっていう気持ちがあるので、なんか、立って一生懸命一緒に、あの、座っててもすごい一生懸命歌ってくれるんですけど、まあ、立ち上がれる方は、一緒に立って歌ってほしいなっていう気持ちで、いつも盛り上げようって思ってるんですけど、あとは、一生懸命プラス、なんだろうな、冗談が言える人がいいです。なんか、なんていうんだろう、さゆみってこういうキャラだから、すぐ調子に乗ると、マジ口が悪くなるんですよ。なんで、なんか、その...その毒を、なんか、全部、あ、大丈夫、あの、あ、さゆみってこういう人だもんねっていうのを分かってくれる人っていうか、まあ、さゆみを分かってくれてるひとっていうか、その、ダメな所はダメって言ってほしいんですけど、なんか、その、こう、もう、なんか、ケチだよねとか、あの人好きじゃないとか、そういうこともなんかさゆみ、すぐ口悪く言っちゃうから、そういうのも、なんか、冗談として言うんだけど、あの、それを冗談として捉えてもらえなかった時の、その、なんか、切なさといったら無いので、それをちゃんと分かってくれる、あ、冗談で今言ってるんだな、一緒に乗ってあげようとか、でも、ここは冗談言う所じゃないよっていうのをちゃんと教えてくれる人が、そうですね、私の中の男性の価値というか、価値が決まる気がしますね。

■さゆみん、こんばんは。先日、お昼ご飯に唐揚げ定食を食べた時のことです。唐揚げの横にレモンではなく一口大の皮つきパイナップルが置かれていたんです。これってデザート?それとも絞って唐揚げにかけろっていうこと?さゆみんならどうしますか?ちなみに私はデザートとしていただきました。ところでさゆみんは、酢豚にパイナップルやポテトサラダにリンゴなどが入っているのは大丈夫ですか?

うーん、まあ、そうですね、でも、この場合はたぶん、さゆみだったら、食前に食べます、パイナップルを。なんか、まあ、これは、あの、なんかさゆみ、女性としてっていうか、健康面っていうか、久住小春が、あの、もう、卒業した、あの、モーニング娘。の後輩なんですけど、なんかすごいベジタリアンというか、そういう健康面にすごい気を遣って、今、ブログをやってるんですけど、で、久住小春のブログを見ていたら、なんか、その、フルーツって、体が...体に何も入っていない時に入れると、すごい体にいいんですけど、何かを食べてからだと、あんまり体によくないみたいなことを、その、書いてあって、で、小春ちゃん、今、本当に家に百冊ぐらい、その、色んな健康のことを調べてる本があるらしくて、すごい色んなものを読んでるんですよ。それをたぶんブログに、たぶん、まあ、色んな意見はあると思うけど、小春の意見はこうですっていうのを載せて、で、さゆみもたまにそれを見たりして、あ、こういうことなんだ、体の仕組みってって勉強になることが結構あって、で、それに、そういうふうに書いてあったので、今のさゆみだったら小春のブログを見た後なので、たぶん、あ、パイナップルは食前に食べた方が体にいいんだってことで、まあ、さゆみも21にもなってきて、体をね、きれいにしたいって思うので、まあ、体に悪いって言われたものよりはいいことをしたいので、結局食べるなら、食前に食べたいなって思うんですけど、うーん、でもどうなんですかね、あの、きっと、お店の人も意味なくやってるわけはないと思うので、酢豚にパイナップルとか昔だったら、たぶん信じられなかったし、食べなかったと思うんですけど、結構避けてたと思うんですね。なんですけど、まあ、お店の人も色々考えた上で、これがいいと思って、渾身に色々練って練って、なんか何年もかけてきっと一つの商品を作ってるわけだから、まあ、考えたその人のことを尊重したいなっていう気持ちを込めて、あの、いただきますね、私なら。はい。だって、ショックじゃないですか、一生懸命作って残したりとか、あと、こうやって一生懸命ラジオで話してて誰も聴かれなかったら、そんな無念なことってないから、さゆみも、あの、されて嫌なことは人にしちゃダメって、あの、小学生の時に先生から学んだので、はい、ぜひ、そう、食べてあげたいなという気持ちでいます。

【さゆからパパへのラブメール】

■お父さん、逆さにいえば、んさうとお。そんなことはどうでもいいんです。さゆみとお母さんが山口を離れたのは八年前、さゆみが夢を手に入れたのと引き換えに、お父さんにはさみしい思いをさせてしまうことになりましたね。わがままばかりな私を何も言わずに見守ってくれたお父さん、なのに私はそんなお父さんにいつも素っ気ない態度ばかり。でも、本当は伝えたい言葉があるんです。今日は勇気を出して言いますね。お父さん、うさちゃんピース!ま、間違えました。仕切り直します。私が言いたい本当の気持ち、それは、ありがとう、心からそう思っています。これからもさゆみは頑張ります。負けませんよ。だって、お父さんがいつも心の中にいてくれるから。これからもさゆみのことを見守っててくださいね。大好きです、お父さん。

ちょっと、これ良くない?普通にグッときたけど。なんか、でも、どうなんだろう、お父さん...ちょっとギャグが途中で結構入ってるからな。でも、お父さんはギャグ好きだから、あ、それを引き継いでくれたんだっていうのを...が、喜んでくれるか、うちの娘どうかしたのかなって思うかどっちかですよね。でもどうなん...普段、こんな、さゆ...あ、頑張りますとか、まあ、頑張るよとか、東京で頑張りますとかは送るけど、大好きっていう言葉は、もう本当に何年、何十年て言ってない。たぶん21歳なんですけど、私、今。えー、小学生になってから言った思い出が...幼稚園の頃とかに、お父さん大好きとかは言ってたとは思うんですけど、これはなんか、なんだろう、照れくさいですね、こっちが。いや、すごい良いと思うんですよ、なんか。たぶんこれ、ドラマとかだったらちょっと、キュンとくるし、漫画とかだったら、すごいよく...なんか、普通に、あ、良い娘と父の関係なんだなって思うんですけど、すごい恥ずかしいんですけど、これを言うのは。ちょっと待って、どうしようかな。ちょっととりあえず二通目にいってから考えますね。

■お父さん、突然だけど、さゆみ、フラれちゃった。その人は初恋の人だったんだ。お休みの日にドライブに行ったり、電器屋さんに行ったりして、いつも好き好きビーム出してたのに、私より好きな人がいるみたい。その人が誰か気になる?それはね、お父さんだよ。ずっとお父さんのことが大好きだったの。でも、天邪鬼な私、素直になれなくてゴメンね。これからもずっとさゆみの理想のお父さんでいてね。大好きだよ、お父さん。

これは無いでしょう。これは無いでしょう。だって、初恋の人がお父さんって、これ...さゆみ、ちょっと途中で読んでて意味分かんなくなりましたもん。無しです、これたぶんお父さんも、これこそ本当、どうかしちゃったのかなと思うと思うんですよね。いや、これは無いですね。まあ、確かに...まあ、確かに、これ、本当にお父さんの行動ですけど、電器屋さんに行ったりとか、まあ、さゆみもちっちゃい頃はお父さん好き好きって言ってたので、でも、まあ、お父さんは結構普通に、あーんみたいな感じで、あの、パソコンをいじってたりとかしてたので、まあ、確かにそれ...なんか、さゆみが好きって言った時に、すごいそれなりの、あの、お父さんも好きだよみたいな感じのことは返してくれてなかったけど、これはちょっと...無しじゃないかな。だったらまだイカの黒造りさんの方がマシかな。でも本当に他にもですね、あの、千葉県のオレンジの6番さんからは、「メールより直筆の方が伝わると思います。『お父さんの子に生まれて本当によかった』とか『普段は恥ずかしくて言えないけどお父さんのことが大好きです』って書くと、すごく感動すると思いますよ」というアイデアをいただいたり、あとはですね、神奈川県のアスロンXPさんからは、「いつかさゆみんも言っていましたが、お母さんをさゆみが取っちゃったから、東京都山口、離れ離れになってしまってごめんなさいと改めて伝えてみるのはどうでしょう」というアドバイスをいただきました。ということなんですけど、うーん、まあ、だったら本当にこの一文だけが一番手っ取り早いっていうか...手っ取り早いって言うとまた言い方がアレですけど、なんかこっちも照れくさくなく書けるかなとは思いますね、このアスロンXPさんの「お父さんがお母さんを取っちゃったから東京都山口、離れ離れになってごめんなさい」っていうのがいいかなって思うのと、あとはですね、北海道のジースターンス(?)さんからですね、ありがとうございます。「お父さん、私を産んでくれてありがとう」...ていうか、産んでないしね、まず。まあ、作ってくれたのはお父さんですけど、うーん、難しい、これ、なんか、恥ずかしいですもんね。しかも、なんか、父の日とかだったらまだしも、本当に何もない唐突にこのメールを送ろうとしてるわけじゃないですか、この企画は。本当にしかも、本当にさゆみって普段、お父さんにメールをしないんですね。で、この企画があるからと思って、今日、お母さんからお父さんのアドレス聞いてきたんですよ。それぐらいな勢いなんですよ。で、あの、携帯でお父さんにメール送んなきゃと思って、メモリー見たら、お父さんっていう枠が消えてて、いや、この前も、お父さんから電話かかってきたんですけど、なんか、まあ、実家にいるから、お父さんは。山口県にいるから、あの、家電からかけてきたんですね。ていうか、お父さん、携帯持ってないんで。で、家電からかけてきて、それを、あの、お姉ちゃんと私がまだ東京と山口、離れ離れになってる時に、お姉ちゃんのアドレスの所に家電も、あの、登録してたんですよ。だから、お姉ちゃんの名前でかかってきたんですよ、携帯が。だから、あの、あ、お姉ちゃんだと思って、テンション超上がって、「もっしもーし、えー、えー、どうしたの」って出たら、お父さんだったんですよ。超低い声で、「もしもし。なんかテンション高いね、さゆちゃん」って言われて、え、なんでお姉ちゃんの携帯でお父さんなの、と思って、「え?なんで?いまお姉ちゃんといるの?」って、急にテンション下がって、さゆみが言ったら、「え?家だよ」みたいな感じで、意味が分かんなかったんですけど、それで一通り、まあ、なんとなくしゃべった後に、切って、あの、見てみたら、あの、お姉ちゃんの、その、メモリーに家電を登録してたから、お姉ちゃんのできて、あ、そういうことだったんだと思って、あの、まあ、もうお姉ちゃんとしゃべろうと思ったら意外と残念だったんですけど、でも、それからは、なんか、一回もしもーしって出ちゃったら、なんか、さゆみも、今まで、こう、もしもしってテンション低く出てたのを、なんか吹っ切れたというか、なんかお父さんに優しくしようって思えたんですよ。なので、もう一回、その次の次の日ぐらいにかかってきて、その時に、あの、お姉ちゃんの名前で出たんですけど、あー、これお父さんだって分かったから、まあ、ちょっと一瞬、三秒ぐらいは悩みましたけど、出るか出まいか、でも、もうお父さんにそろそろ優しくしようと思って、出て、もう同じテンションで、もっしもーしって出たら、なんか、「あー、どうしたの、さゆちゃん」みたいな、「テンション今日も高いね」みたいな、テンションいつまで経っても低いので、なんか、声を聞いた瞬間、あ、やっぱお父さんはこういうテンションなんだなと思って、あの、あ、明日も早いから、じゃあねって言って、早めに切りました。どうしよっか、お父さんへのメールね。まあ、ちょっと色々ね、悩もうと思いますよ。もうお父さんには本当に感謝はしてるので、はい、この中からおいしい所を見繕って、曲の間に実際にお父さんにメールを送信したいと思います。

M-② あっぱれ回転ずし!(むてん娘。(モーニング娘。))

【エンディング】

さあ、まあ、先程、お父さんにラブメールを、あの、色々カチカチ作成して、まあ、いい感じにちょっと出来上がってきてるので、えー、出来上がったらお父さんに送って、まあ、返事が来たら、またみなさんに、えー、お伝えしたいと思います。お楽しみに。

ということで、今日はこのへんで終了です。お相手はモーニング娘。道重さゆみでした。来週もあなたのハートにうさちゃんピース!おやさゆみん。

« $百萬BABY。 | トップページ | daily news。 »

01.今夜もうさちゃんピース」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ