« スマイリー・スマイル。 | トップページ | 当事者でいることのリアリティー。 »

2010年11月14日 (日)

今夜もうさちゃんピース#210(2010年11月13日)。

オープニング】

こんばんは、モーニング娘。道重さゆみです。
はい、えー、覚えてる方がいるかどうかは分からないんですけど、あの、この間、お父さんに、この「こんうさピー」でメールを送ったじゃないですか。どんなメールでしたっけ。なんかすごい、とにかく感動するような、普段は、そんなお父さんに感謝してないけど、本当は、なんか、お父さんに会いたいよ的な感じのやつを送ったんですよ。で、その日の夜に、12時過ぎてから、メールが来たんですね。で、それは、えーと、ちょっと読みますね。
「さゆへ。」...普通ならね、さゆちゃんって呼ぶんですけど、メールだとさゆなんですよ、いつも。よく分からない。そのへんはなんかちょっと...なのかな。よく分かんないんですけど。
「さゆへ。さゆが出演するテレビを見て楽しんでいるよ。だけど、宇部から外に出て生活するからには、家族の援助なしで自活できるように務めること(いつも言っていることの繰り返し)。それから、メールアドレスを変えることは、その時には必ず連絡するように」...だけです。
ね、だから、言ってることばっかりでしょ、さゆみが。すごい硬くて、真面目で、それでいて、なんか消極的なわりには言いたいことは言うみたいな。もちろん宇部から...宇部からっていうのは、山口県宇部市なんですけど、宇部から外に出て生活するからには家族の援助なしで自活?自分で生活ってことなのかな。自活?できるように務めることって書いてあるんですけど、まあまあ、それはそうなんですけどね、いつも言われてるから、あえてね、さゆみがあんな感動なメールね、まあ、リスナーさんに考えてもらったものですけど、送ったのに、これは..ないなって思ってたんです。さゆみは、なんか、さみしいなっていうものがあったんです、意外とね。
そしたら、その13分後にもう一個来て、「追伸」っていう題名で、「さゆへ。お母さんと何かはなしたのかどうかは知らないけど、お父さんを気遣ってメールしてくれたのはGOOD!!」って来ました。「GOOD!!」って英語で来ましたからね。ルー大柴さんみたいになってるけど。グッド、ビックリマーク2つ、みたいな...のが来ましたね。まあまあ、でも、たぶんお父さんもきっと、その、最初に送った硬いメールをたぶん読み返したかなんかで、なんか、これじゃよくないなと思ったんでしょうね。それか、あの、もしかすると考えたのかもしれないんですね。普段、さゆみがメールしないのに、急に来たのは何でなんだろうって思って、あ、お母さんといろいろ話して、お父さんの話でもなったのかなってことで、まあ、それで気遣ってくれたのか、そりゃあさゆちゃん、GOOD!!だなって思ってくれたのかもしれませんね。
はい、というわけで、今日もお父さんいわくGOODな道重さゆみと、30分最後までお付き合いください。それでは、まずはみなさんご一緒に、今夜もうさちゃんピース!

M-① 女と男のララバイゲーム(モーニング娘。)

【さゆの小部屋】

■さゆみん、こんばんは。「青春コレクション」のシングルCDを聴いていて気づいたのですが、このシングルでは、今までの曲よりもコーラスの部分のさゆみんの声の割合が大きくなっているような気がするのです。さゆみんの声の味つけを強くすることで、コーラスが今までと少し違った輝き方をしていて、とてもピュアで、エキサイティングに感じます。さゆみんの声がモーニング娘。の看板になってきているのではないでしょうか。センターに立つ日も近いかもしれませんね。頑張れ、さゆみん。

応援ありがとうございます。えー、いやまあ嬉しいですけど、でも、これって、たまに感じる時あるんですよ。あの、「青春コレクション」に限って私は...私自身では何も感じなかったんですけど、あの、「SONGS」っていう、アルバムの曲があるんですけど、そのBメロを、えーと、当時いた久住小春ちゃんと私とリンリンで歌ってるんですね。で、すごいCDを聴いた時に、これめっちゃさゆみの声使われてるじゃんと思ったんです。これ三人なのに、ソロの勢いだなと思ったんです。で、嬉しいなと思って、この、やっぱ小春とリンリンとさゆみの中だったら、やっぱさゆみの声が一番この曲にマッチしてたのかなって、勝手に思ってたんです。で、リハーサルをしてる時に、小春に、「道重さん、ここのBメロって、小春の声しか聴こえないっすよね」って言われて、あ、それ、さゆみ、全く同じこと、さゆみ、自分...自分の声しか聴こえないと思ってたのに、と思って、でも、さゆみ、何にも言えなくなっちゃって、小春の目もすごい輝いてたから、でも、だから、あ、そうだね、確かに言われてみたら小春ちゃんの声すごい聴こえるかも、って言って、ですよねーとか言って、ルンルンで、あの、はけてったから、向こうに行っちゃったから、あ、まあ、これが一番正解の、あの、答え方だったんだなと思って、誰も傷つかないじゃないですか、小春も、喜んで、きっと自信もついただろうし、そこでやっぱ小春の声いいんだって思っただろうし、さゆみも別にまあ、そんなね、ま、いっかっていう気持ちがあったんで、でも、まあ、一応、ちょっとショックだったんですよ。さゆみの中では、自分が一番と思ってたんですけど、小春は小春で自分が一番て思ってて、たぶんきっとリンリンはリンリンで自分が一番って思ってるだろうから、まあ、モーニング娘。って結局は、そう、ね、自分が一番なんだなっていうので、まあ、いい意味ではすごい、やっぱ自分が一番っていう気持ちがないといけないので、すごいいいグループだなって思いましたね。じゃあ、続いて行きます。
結局はたぶんバランスよく作られてると思います。なんですけど、自分の声、やっぱ自分が一番可愛いし自分が一番好きじゃないですか。で、自分の声ってどんな感じなんだろうってやっぱ聴きたいものだから、自分の声やっぱ神経を張りつめてるから、自分の声がたくさん聴こえただけだと思いますね。

■さゆみん、こんばんは。かなり前のことですが、さゆみんはこの番組で、親友の絵里ちゃんとはほとんど喧嘩をしないという話をしていたと思うのですが、今年の某雑誌のさゆえりのインタビューで、絵里ちゃんが一時期気持ちがすれ違っていて、ある夜、決意をして長文のメールを送った、みたいなことを言っていて、二人でもやっぱりそんなことがあるんだなと思っていたのですが、そうやってすれ違いが起きたり、喧嘩したりっていうのは、どんな時だったのですか?差し支えなければ教えてください。それでは、これからも親友・絵里ちゃんやメンバーのみんなとの繋がりを大事に頑張ってください。応援しています。

ありがとうございます。えーと、この時は、でも今年入ってからなんですけど、「青春コレクション」の頃かな、たぶん、本当に。なんか...なんか、今はもう全然元気になったんですけど、おじいちゃんが癌になったんですよ、さゆみの。おじいちゃんが癌になって、で、で、その時、仕事も忙しくて、帰れる状態じゃなくて、もう超ショックで、なんか、とにかく、でも、さゆみってあんまり、人前で泣くタイプじゃないから、あんまそれを、出してなくて、誰にも。で、誰にも言ってなくて、で、お母さんの前でも泣けるようなタイプじゃないから、結構一人で、夜とか、なんかさみしいなっていう気持ちだったんです。で、でも、なんか、でも結局おじいちゃん、なんかよく分かんないんですけど、その後検査行ったら、なんか、お医者さんも、こんな奇跡あるんですかっていうぐらい、癌が治ってたらしいんですよ。だから、なんか、よく分かんないんですけど、なんか今まで、そのお医者さんも、長年、医者をやってきて、こんなケースは初めてだって言われたらしくて、で、おじいちゃんもそれからは、なんか、あの、腰が痛いとかはあるんですけど、その、なんか、食欲がないとかはなくなったらしくて、なんか、大分元気になってきて、もう全然、なんか、元に戻ったんです。もう、その後はもう大解決したんですけど、で、そういう時期があって、さゆみに。で、誰にもそれを言ってなくて、で、なんか、その時に、ちょうどブログをやり始めたってほどでもないけど、やり...やってたんですよ。で、あの、とにかくブログにハマってて、で、仕事中もずっと携帯を離さなくて、で、絵里とは全然しゃべってたんですけど、なんか、なんていうんだろう、なんかどっかで、さゆみもブログをしたい、絵里ともしゃべりたい、で、メンバーのこともちゃんと見たい、一緒にいたいっていう気持ちもあったんですけど、なんかすごい、あの、ブログを、なんか、義務としてやり出したら、やってる意味がないなって思ってたんですよ。メンバーと一緒にいる時間があってこそのブログだなって思ってたんです。ブログを一番に考え出したらさゆみはダメだなって思ってて、それを分かってたのに、なんかすごいブログが一番の時期があったんですよ。やり始めて、やっぱ反響も大きかったし、あの、GREEの中で一位とかだったから、なんか、それを保ちたいっていう気持ちがすごいあって、なんかブログブログに行ってたんですね。で、それを分かってはいたけど、どうしても止められなくて、で、そんな時期に、田中れいなが、田中れいなちゃん、メンバーの田中れいなちゃんがブログをアメブロでやり出したんですよ。で、そこで、れいなが、一位を取ったんですよ、アメブロで。で、さゆみ、本当、嬉しいことだなって思ったし、すごいやっぱモーニング娘。の名がそこで知られるわけじゃないですか。で、それによってさゆみのブログを見てくれたら嬉しいなっていう気持ちもありつつも、すごい嫉妬したんですよ、さゆみは。なんか、あの、アメブロで一位ってすごいなっていう。で、なんか、うらやましいって嫉妬心もありつつも、負けたくないっていう、その悔しい気持ちがあるから、GREEでさゆみは一位を継続してやりたいっていう気持ちがすごい増えちゃって、で、それがよくなかったんだけど、で、そこで、またブログブログになっちゃって、で、すごい、なんか...で、さゆみがそこでまた悔しいと思っちゃったのは、なんか、アメブロはすごい、なんか、なんていうんだろうな、愛ちゃんとかも、みんな、今までも見てたから、れいなのももちろん見てて、なんか、「見てるよ」とか、「一位おめでとう。すごいね」ってみんなからすごい祝福されてたんですよ。でも、さゆみの時は、誰にもそんな言葉をかけてもらってなくて、一人で勝手に一位だって言って浮かれてたんです。だから、みんなに祝福されてうらやましいなっていう、その嫉妬心がすごい増えてきちゃって、なんかすごい、どっかでなんか、何が...なんか、どうしようみたいな、すごいモヤモヤしてて、で、結局、その、一番ブログを始める時に決意した、その、ブログが一番になっちゃダメだっていう、方向に行っちゃったんですよ。その、負けたくないとか、一位を継続してやりたいっていう、その、なんか、要らない、なんか、必要ない、なんかその、プライドみたいので、なんかずっとブログばっかりをやることになっちゃって、で、絵里も、やっぱ、まあ、仕事だしっていう気持ちで最初は見てたと思うんですよ。でも、やっぱりどっかで、なんか、今まで一緒にいたじゃんっていう気持ちになったんですよね、で、なったんでしょうね。で、その、だから、はじめは絵里も、普通に接してくれてたんですよ。さゆって言ってきてくれてたんですけど、でも、さゆみは、ブログがやりたいから、なんか、絵里とはしゃべるんだけど、どっか上っ面みたいな感じで、まあ、絵里はいつも上っ面だから、別にさゆみがたまに上っ面ぐらいいい...いいんじゃないかなとは思うんですけど、でも、その上っ面具合が違うから、で、さゆみも、なんか、どっかで、あの、絵里なら分かってくれるっていう、その、なんだろうな、なんか、これをわざわざ今、負けたくないから頑張ってるんだとか、最近一人でさみしいんだとか言わなくても、絵里なら分かってくれるっていう、なんか、どっかですごい絵里に甘えてて、でも、やっぱ、人間だから、お互い。あの、エスパーなんかじゃないから、言葉で言わなきゃ人って分からないから、だから、さゆみは、でも、すごい、もう八年付き合ってるし、こんな1、2ヶ月のことじゃ、さゆみ達はどうに...どうかなるわけがないって、まあ、どうかなるわけはないんですけど、でも、やっぱ絵里はずっとさみしいわけですよ、さゆみがブログブログだし、そんなさゆみが、あの、プライベートで、そんな悲しいことがあるなんて、口にしてないから、知らないから、だから、さゆみも言えばよかったんですけど、言えなくて、で、それでずっとすれ違ってて、なんでさゆはあんな感じなんだろうみたいな、絵里の中でモヤモヤしてて、で、さゆみはさゆみで、もう、れいないいなとか、さゆみは...なんかもう、さゆみね、本当に、ダメなんですよね。あの、自分だけが頑張ってるみたいな気持になっちゃうんですよ。さゆみはすごいバラエティーでも、なんか、なんだろうな、なんか、ダメだダメだ、なんか、そう、嫌われたりとかしても、頑張ってるのに、とかいう気持ちになっちゃうんですよ。それが一番よくないっていうか...それがよくないっていうか、そんなのただの、なんか、僻みだとは思うんですけど、なんか、それで、なんか、まあ、それで、すごい、マネージャーさんとか会社の人に言われたのは、すごい、罰ゲームとか、すごい嫌な、なんか、アイドルがするようなことじゃない、なんか、ローションかぶらされたりとかして、ゴメンねみたいなこと言われてて、大丈夫です、頑張りますって言ってて、で、じゃあ、道重がしたいことは何?って言われてて、ずっとブログがしたいですって言ってて、さゆみの気持ちを伝えたい場がほしいんですって、そのバラエティーとか、頑張ってるけど...そういう伝える場も、さゆみの本心も分かってほしいんですって言ってて、で、ラジオもあるけど、その時に伝えたいんですっていうのをすごい言ってて、で、で、それだから、ブログがしたいってさゆみはすっごい言ってたんです。そしたら、で、それで、やっとさゆみはブログもできたんですね。で、すごい嬉しくて、だから、さゆみは、こうやって言うことは大事だと思ったし、頑張ればそうやってしたいこともできるんだと思って、これからも頑張ろうっていう気持ちだったんです。なのに、なのにっていうとまた語弊だけど、なんていうんだろう、そんな、嫌われてもないキャピキャピしてる田中れいなちゃんや新垣里沙ちゃんとか、愛ちゃんとかが、簡単にブログをしたのがすごい悔しくて、さゆみは、ここまで...ここまでっていうか、別にそんなさゆみ全然すごくないけど、でも一応、頑張ってたんです、さゆみの中で。で、なんか、ブログができたのはさゆみの気持ちがちょっとでも伝わればいいなっていう気持ちでやってたんだけど、でも、そうやって、あの、まあ、簡単じゃないとは思うんですよ。ガキさんだってすごいお願いしてたし、れいなも本当は、あの、はじめっからすごいブログやりたいですって、最初、同じ気持ちなのは分かってるんです。でも、なんか、すごい、なんか、後から始めたれいなの方が、おめでとうとか、祝福されてるのが、すごいうらやましくて、で、さゆみも一緒になっておめでとうって言ってるのに、心のどこかで、なんか、悔しいって思ってる自分が、なんかバカみたいで、なんか、こうなんか、さゆみ、同じメンバーなのになんでこんなに、なんか、祝福してるつもりで、してあげてないんだろうっていうのが、すごい、なんか、なんかもうどうしようっていう、で、そんな中で、なんか、おじいちゃんが死ぬかも、とか言われて、あ、もうそりゃないでしょっていう感じで、なんかすごい、なんかいっぱいあったような時期で、とにかく。で、で、誰にも言えなくて、で、とにかく誰にも言ってなくて、で、お家に帰って、とにかく、でも、ブログが原因でこうなってるのに、さゆみが支えてくれるのはブログしかなくて、だからとにかく更新しまくって、しまくってやる、一位継続してやる、みたいな気持ちになってて、で、やってたんです。でも、あの、そこで、絵里からメールが来て、で、なんか、すごい長文で、感動するような。感動っていうか、でも、絵里の気持ちを全部ぶつけてくれて、それでさゆみがやってたことは間違ってたなと思って、結局は、そうやって絵里から言ってくれるのを待ってたんだなと思って、あ、自分から言えば...やっぱ、結局自分から言えばよかったと思って、で、そこではちゃんとおじいちゃんのことも言って、で、もう全然もう治ったから大丈夫なんだけどって言って、ケロってしてるけどとかいってて、で、おじいちゃんのことも言って、ブログのことも話したら、すごい、なんか、おじいちゃんのことも、よかったって言ってくれて、絵里の一番の大事な親友の...あの、親族?親族?ていうの?分かんないけど、その、大事な...大事な、絵里の大事な人の大事な人が、そういうことにならなくて、本当によかって言ってくれて、すごい良かったと思って、で、ブログのことも、あの、本当にさゆの...が好きな人は、ちゃんと見てると思うよって言ってくれて...あー、もうダメだ、でも、さゆみ、やだ。あーもうダメだ。もうダメダメダメ、なんか、あ、そうだなと思ったの、さゆみも。あー、もうヤバいんだけど。もうダメだ。もう本当ダメ。そうだなと思った、本当に。確かに、なんか意地になってて、バカらしいと思った。別にね、一位が大事とか、なんかれいなとか、ガキさんとかじゃないなって、自分がやりたいこと、言いたいことを言いたくて、自分の気持ち伝えたくてやり出したのに、何を気にしてたんだろうと思って、で、結局それを、まあ、気づかせてくれたのは絵里だったんで、さゆみの好きな人はさゆみのことを、別にブログが無くても、ちゃんと中身まで見てくれてるし、そんなブログ無いのはもう無理だけど、一生やっていきたいけど、でも、そうやって、分かってくれる人は、分かってくれるし、でも、本当に、ファンの人ももちろんそうだけど、絵里は本当に近くで一番分かってくれてるんだなっていうのは、そこですごい感じましたね。はい。もうやなんだけど。もうやだ、もう本当やだ。卒業しちゃうのやだな。あー。あー恥ずかしい。はい、じゃあもう次行きますね。

【行列のできるさゆみん裁判所】

■さゆみん裁判官に告白します。僕はもちろんさゆみんが一番好きです。その気持ちに嘘や偽りはありません。しかし、魔が差すというのはこういうことをいうのでしょうか。最近、高橋愛ちゃんのブログが超面白くて、毎日見てしまっています。最近の僕のマイブームこそ、愛ちゃんブログだといっても過言ではありません。言い訳を一つするのであれば、ブックマーク欄の一番上はさゆみんブログです。どうですか?こんな僕は罪深く、有罪ですか?無罪ですよね?

いや、有罪でしょう。しかも、この、さっきのさゆみの涙の後にこのお便りはキツいでしょう。いやいやいやいやいや、ていうか、まあ、ミスタームーンラビットさんが悪いわけではないし、まあ別に、スタッフさんが悪いわけでも、誰のせいでもない、さゆみのせいなんですけど。いや、ねえ、さっき...さっきの今でこのお便りは、さゆみ、結構精神的にきたよ。いや、別に誰が一番とか、一位とか関係ないって言ったわりには、まあ、言ってるってことはどっかで気にしてるわけじゃないですか。なのに、愛ちゃんブログが楽しいとか言われたら、まあ...まあグサグサ来るよね。まあ、別に、あの、誰...さゆみも愛ちゃんのブログ好きなんで、普通の、あの、精神状態でこれを読んでたら無罪なんですけど、今のこのさゆみの状態だったら、判決は、ミスタームーンラビット被告人...有罪です。
まあ、ちょっと、タイミングでしたね。可哀想ですね。しかもブックマーク欄の一番上はさゆみんブログですってたぶん、さゆみが一番にブログしたから、そこで登録したから、そのまんまってことですよね。ただ単に面倒くさいってことでしょ。はい、ありがとうございます。

■さゆみん裁判官、聞いてください。自分はとにかく遅刻が多い。そのことは認めます。友達との約束に40分遅れたり、バイトに遅れたり、新学期早々授業に遅れるなんて朝飯前。きわめつけは、コンサートに遅刻してしまったことさえあるのです。でも、これって逆にいえばセカセカせず大らかな人間だともいえますよね。遅刻癖がある自分は社会的にはやっぱり有罪なのいでしょうか?さゆみん裁判官、厳正なる判定をお願いします。

うーん、これは難しいですね。なんか、でも、あの、別に新学期早々授業に遅れるとかは、自分の...自分が損するだけなんで、いいと思うんですよ。それで、結局、授業の、なんか、遅れを、なんか、取っちゃうとか、訳分かんなく...勉強が訳分かんなくなったりとかいうのは別に、自分が後々頑張んなきゃいけなくなっちゃうだけ、つらくなるだけなんで、別にいいと思うんですけど、友達との約束に遅れるのは、よくないなって思いますね。あの、あと、お仕事とか、本当に、仕事とか、まあ、その、信頼関係が崩れるのはよくないと思う。でも、結局、その、信頼無くして損するのは自分なので、まあ、これはでも性格とうか、自分に厳しく行くだけですよね。まあ、ということで、判決を言い渡しますと、全開ビートさんは...無罪!
自分ですよね。自分にどれだけ、はい、あの、キツくするか甘くするかによるんですけど、でも、絶対キツくしといた方が後々楽だと思いますけどね。自分が損して悲しい思いしちゃうのは、はい、そうですね、本人なので。まあ、それは全然さゆみにもいえるんですけど。

今度悪いことしたら、さゆみが頬っぺたビンタしちゃうぞ!

まあ、可愛く締まりましたね。でも、あれですね、裁判所は楽しいんですけど、漢字が多くて、すごいドキドキしちゃいますね。それがちょっとさゆみ、自分に有罪ですね。

M-② リゾナント ブルー(モーニング娘。)

【エンディング】

そしてそして、えー、来週? 来週じゃないか。来月、えー、亀井絵里ちゃんが遊びにきまーす!イェイ!
えー、うさちゃんピースに遊びに来るということで、まあ、さっきの涙は内緒にしといていただいて、えー、楽しい楽しい放送にしたいなと思ってますので、みなさんぜひぜひお便りなど、よろしくお願いします。そして、放送も聴いてください。

ということで、今日はこのへんで終了です。お相手は、モーニング娘。道重さゆみでした。来週もあなたのハートにうさちゃんピース!おやさゆみん。

« スマイリー・スマイル。 | トップページ | 当事者でいることのリアリティー。 »

01.今夜もうさちゃんピース」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ