« 台湾ラーメンなど。 | トップページ | 22歳初こんうさピーなど。 »

2011年7月16日 (土)

シリーバンズ。

道重さゆみがブログで腕に輪ゴムを巻いている。高橋愛からもらったもので、様々な色がついている。それぞれ異なった動物の形をしている。

これは去年ぐらいにアメリカのキッズに大人気だといわれていた、シリーバンズというやつだろう。噂には聞いていたのだが、まさか道重さゆみのブログで見るとは思っていなかった。

ピーク時には売り切れ店が続出し、それがテレビのニュースでも取り上げられるぐらいの騒ぎだったのだという。おもちゃ屋の店頭には「シリーバンズ入荷しました」のポスターが貼られ、アイスクリーム屋さんのレジの所などでも売られるほどの大ヒットだったらしい。アメリカの子供達は皆、このカラフルな輪ゴムを何本も腕に巻いて、喜んでいたのだが、持ってくるのを禁止する学校が相次ぎ、それに伴って、ブームも落ち着いていったようだ。

高橋愛が持っていたということは、おそらく今は日本のファッション雑誌などで、流行アイテム的に紹介され、それを見た若者達がファッションアイテム的に身に付けたりという状況があるのかもしれないが、それはよく分からない。

道重さゆみがブログの写真で付けている動物の型をしたものは最もポピュラーなもので、これ以外に乗り物、果物、昆虫、楽器などいろいろある。ハロー!キティだとかのキャラクターものもあるが、道重さゆみが気に入りそうなものとしては、ディズニーのプリンセスシリーズのやつとか、ティアラとかハイヒールとかリングとかの型のものをセットにしたプリンセスというパックなどがある。他に、匂いつきだとか暗闇で光るものなど、いろいろあるようだ。

ちなみに、このタイプの輪ゴムを初めて商品化したのは日本の企業らしく、じつは何年も前から売られていた。しかし、日本でこれを腕につけているいる人を見たり、流行になっているという話を聞いたことはなかった。

こういうアメリカで流行したものとかがちょっと遅れて日本に入ってきて、それを追いかけるみたいな感覚は、やはりとても好きだ。数寄屋橋のソニープラザでオリーブ少女と買物的なふわふわ感覚があり、最高である。

中学生ぐらいの頃に「POPEYE」を読んでいると、アメリカでLPレコードの形をしたガムが流行っているというコラムが載っていた。旭川の西武百貨店の中にあった雑貨屋に行くと、これが入荷していて、確か400円か600円ぐらいで売られていた。ガムとしては高すぎるのだが、これは珍しいと思い、買った。ビリー・ジョエルの「グラス・ハウス」のやつだった。ジャケットは精巧にミニチュア化されていて、裏面には「ガラスのニューヨーク」の歌詞が載っていた。ガムはピンク色で、日本のものとは全く違う、いかにも体に悪そうな甘ったるい香りがした。初めて輸入版LPレコードを買って、ビニールを剥がした時のインクの匂いと同様、それは地方都市の中学生の、異国への幻想をかきたててくれた。

道重さゆみは自分の身の回りや、実家の山口県の話などはよくするが、海外の流行に振りまわされるようなことはほとんど無いように思える。海外の音楽や映画などにもほとんど興味がないようだ。一方、高橋愛は、海外の流行などにひじょうに敏感な印象がある。かつて、「ヤングタウン土曜日」を毎週聴いていたが、世代的に海外のものの方が勝っていることが多かった時代に青春時代を過ごしたがゆえに、海外至上主義的な部分があるように思える明石家さんまのトークに対する、この2人の反応の違いがなかなか面白かった。

sillybandz (シリーバンズ) ベーシック・プリンセス・ロックバンズ・ジャングルズー・シー sillybandz (シリーバンズ) ベーシック・プリンセス・ロックバンズ・ジャングルズー・シー

販売元:健康アカデミー
楽天市場で詳細を確認する


« 台湾ラーメンなど。 | トップページ | 22歳初こんうさピーなど。 »

道重さゆみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/40832431

この記事へのトラックバック一覧です: シリーバンズ。:

« 台湾ラーメンなど。 | トップページ | 22歳初こんうさピーなど。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ