« ブログ欲。 | トップページ | 新宿サブナード福家書店あたり。 »

2011年10月28日 (金)

Sayuminglandoll。

道重さゆみの写真集「Sayuminglandoll」については、発売前よりこれまでとはかなり異なった内容になっていると言われていた。ブログで発表されたいくつかの断片や、ラジオ「今夜もうさちゃんピース」においてサイズがこれまでのものよりも小さいと話されていたこと、また先行公開されたいくつかのカットが、いわゆるアイドルヲタク的な方々にあまり良く受け留められていないような様子もあり、これはいよいよ期待できるなと思った。

道重さゆみの面白さが存分に発揮されるのはラジオやブログやバラエティー番組といった、ハロプロだとかモーニング娘。だとかの枠を越えている場合のことが多く、ラジオやブログにしても、ハロプロだとかモーニング娘。の内輪の内容にになった途端、一気にあまり面白くなくなる。ハロプロやモーニン娘。のファンにはそっちの方が面白いと思う。

これまでに発売された写真集やDVDも一通り買っては見てきたが、いずれもいわゆる普通のアイドル写真集、他のハロプロやモーニング娘。の写真集やDVDと同じようなやり方で制作されているように思えた。そこに、道重さゆみの人間としての魅力、面白さはあまり反映されていなかったように思う。もちろん写真屋動いている姿が見られるだけでもじゅうぶん楽しいのだが、道重さゆみを素材とするならばもっと魅力的で面白いものがつくれるのではないかという思いはずっとあった。

アイドルファンにもいろいろなタイプがいるとは思うのだが、たとえばインターネット掲示板のファンスレッドなどを見ていると、アイドルを擬似恋愛の対象や性的欲求の捌け口として見ている人たちが少なくはないのだという印象を受ける。たとえばアイドルが恋愛するのは是か非かというような議論になると、他人の女を応援して何が楽しいというような意見が正論のようにまかり通ったり、勝手に処女だとかレズビアンだとかいうイメージを付けて、気持ち悪く盛り上がっていたりする。恋愛をして女性として人間として成長していく姿を見たいし、その方が本人のためにも幸せなのではないかというような意見は、完全に異端視される。アイドルとはそのようなものらしく、そうであるならば、私はアイドルファンなどでは断じてないのだと自信を持って言える。

道重さゆみは昨年の二月からGREEでブログをはじめたが、自宅での私服や素顔の写真を載せたり、かなり濃いめの文章などが魅力で評判は上々であった。しかし、これが元々黒髪色白美少女キャラクターで処女性がウリのようなところがあった道重さゆみの一部ヲタクの気持ち悪さをさらに加速させたようなところもあったように思える。かつてラジオ番組を毎週テキスト起こしするほどのエネルギーを有していた私だが、この辺から一部盲目的道重さゆみヲタクのこういった薄気味悪いノリや、凋落するハロプロを尻目にメガヒットを連発するAKB48への嫉妬混じりの執拗な悪口に辟易し、次第に離れるようになっていった。

しかし、これは快作である。道重さゆみとは革命児であり、そこが最高に魅力的なのだ。

明石家さんまらの「ヤングタウン土曜日」に出演してセクシーなセリフを言ったり下ネタに反応したり、道重さゆみ本人がそれまでの殻を打ち破って前へ進もうとしていた時に、清純派のイメージが崩れると降板を希望していた一部のファンがいた。また、「ロンドンハーツ」でいわゆる毒舌ナルシストキャラを試行錯誤し、精神的にボロボロになりながらも貫き通していた時に、同じくアイドルでありアーティストであるモーニング娘。の道重さゆみがそんな汚れ仕事をする必要がないと主張する一部のファンもいた。しかし、私にとってはこういうところがまさに道重さゆみの魅力であったのだ。

そもそも山口県の田舎で友達がダンゴムシしかいないようなおとなしくて内気な、本人いわくぱっとしない小学生だった道重さゆみが、当時国民的アイドルグループだったモーニング娘。に入り、芸能界デビューすること自体が、笑ってしまうぐらいに愉快痛快なことであった。「ヤングタウン土曜日」でのさんまとの絡みだとか「ロンドンハーツ」での毒舌ナルシストキャラなどは、このありえないことが起きてしまう痛快さの続きなのではないかと思える。

だから、モーニング娘。元リーダーの高橋愛を無条件に肯定したり後輩のスマイレージとかを可愛い可愛い言っていたり、ハロプロやモーニング娘。の内輪のヲタクが喜ぶようなことを言ったり書いたりしているのは、予定調和すぎて全然面白くない。この一年半ぐらいそのように感じることが多く、私の中の道重さゆみが色褪せてきていたのは事実である。

しかし、この作品は素晴らしい。

ハロプロタレントの写真集とは思えないぐらいポップでキュートな表紙を書店で見つけた瞬間、かなり良い予感がした。いつもはアイドルの写真集など買うのが恥ずかしくて仕方がなく、ひじょうに緊張を強いられるのだが、これはもう堂々と誇らしげにレジに持っていけた。いわゆるアイドルヲタクとはおそらくアイドルに擬似恋愛的な感情を抱いていたり性欲の捌け口として見ていると思われている可能性が高い訳で、アイドルの写真集をレジに持っていくだけでそういう種類の人間と見倣されるのではないかという、自意識過剰なストレスが生じるのだが、これなら単にポップでキュートなものが好きなんだと思われるだけなので、問題はない。というか、むしろ大いにそんなふうに思ってほしい。

そんな表紙をめくると、いきなり金髪ウィッグである。素晴らしい。黒髪色白処女性重視のヲタク層が多いと思われる道重さゆみだが、こんなことをして大丈夫なのだろうか。いや、痛快である。道重さゆみにとっての黒髪とは、かつてのボブ・ディランにおけるフォーク・ギターのようなものであり、初めてステージでエレキ・ギターを演奏した時は、保守的な古参ファンからユダ(裏切り者)呼ばわりされたものである。しかし、ボブ・ディランの人気がより一般化、大衆化し、キャリアのピークを迎えるのは、ユダ(裏切り者)呼ばわりされながらもエレキ・ギターを持った後であった。

この作品の制作にあたっては、道重さゆみ本人が打ち合わせの段階から参加し、様々なアイディアを出したのだという。また、かなりこだわりを持って撮影に参加したとも、ブログで書かれている。ここにはただの被写体としてのみではなく、表現者としての道重さゆみがいるのだ。

アメリカン・ポップな部屋の中で水着など、ひじょうに楽しげである。それでいて、健康的なセクシー要素もある。

一転して、60’s風の衣装で犬を散歩させたり部屋の掃除をしたり電話や料理をしたりというセクションがあるのだが、ここも表情がそれぞれ工夫されていて、ひじょうに魅力的である。

そして、不思議の国のアリスのようなファンタジーの世界、それもアイドルヲタクが妄想するような幼女性愛的な薄気味の悪いものでは全くなくて、ちょっとした毒を含んだ刺激的なテイストだ。

真っ白い天使になったかと思えば、次はお馴染みの黒髪美少女路線。これも洋書や蓄音機や古時計といった小物たちが、不思議な世界観を演出し、一筋縄ではいかないのである。どこか不安定な心地よいノイズである。

最後は水着でピンクのお風呂である。セクシー要素もあるのだが、アイドルのグラビアにありがちな視られる対象としての客体ではなく、表現者たる主体として、視るものを刺激する意図が伝わってくる。

道重さゆみを擬似恋愛の対象とも性欲の捌け口とも見ていないわけだが、やはり道重さゆみが写っている写真集なりDVDならば買っていたのだ。しかし、そこに道重さゆみの表現はさほど感じられず、よって、ラジオやブログ、バラエティー番組といったおカネをつかわずに楽しめるメディア以上の満足を得られずにいた。しかし、この「Sayuminglandoll」は素晴らしい。道重さゆみの魅力、面白さをじゅうぶんに表現する作品があるとするならば、それはおそらく言葉が主体のものなのではないかと思っていたのだが、ビジュアルのみでこんなにも魅力的で面白い作品ができるとは思ってもいなかった。道重さゆみ、怖るべしである。


道重さゆみ 写真集 『 Sayuminglandoll 』Book道重さゆみ 写真集 『 Sayuminglandoll 』


販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« ブログ欲。 | トップページ | 新宿サブナード福家書店あたり。 »

道重さゆみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/42726915

この記事へのトラックバック一覧です: Sayuminglandoll。:

« ブログ欲。 | トップページ | 新宿サブナード福家書店あたり。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ