« 道重さゆみの小娘性と無意識過剰。 | トップページ | セシル・ビートンのスケッチブック。 »

2012年1月26日 (木)

「週刊文春」を立ち読みして思ったことなど。

朝刊に目を通していると、「週刊文春」の広告に道重さゆみの名前があった。「引退を口にするほどキスしたくなかった男」というタイトルである。内容はさておき、道重さゆみもついにこういういわゆる普通のサラリーマン層などをターゲットにしているような雑誌の見出しになりうるレベルのネームバリューを獲得したのかと、そのことにまず小さな感動を覚えた。

そして、記事の内容はだいたい想像がついた。道重さゆみがドコモの携帯配信ドラマに出演して、その中にキスシーンがあり、それが疑似だとか実際にやっているだとか、そういう言い合いをモ娘(狼)板のいわゆる道重さゆみブログスレッドなどで見たことがあったし、道重さゆみ本人がラジオやブログなどでこのドラマのことをあまり話題にしていないということからも、様々な憶測が乱れとんでいた。

そこで、TSUTAYAにDVDを借りにいくついでに、向かいにある小さな書店で、「週刊文春」の該当記事を立ち読みした。1分もかからずに読める程度の記事だった。

すっかりAKB48にお株を奪われ、人気が低迷しているモーニング娘。だが、その中で毒舌キャラが受けてメディアによく出ている道重さゆみ、確かに端正な顔立ちをしているが、周囲から何を言われても「自分が一番可愛い」と言って譲らない勘違いキャラクターで売っている。しかし、勘違いはこれにとどまらなかったようだ、というような書き出しで始まっていた。立ち読みした記憶だけで書いているので、違っている箇所はあると思うが、おそらく概ねこんな感じだった。

道重さゆみがキスシーン撮影日に体調不良を理由に現場に現れず、その後、キスシーンは疑似で撮影することになった。これは事務所の指示によるものかと思いきや、断固としてキスを嫌がったのは道重さゆみ自身だったという。相手役のイケメン俳優のことが個人的に嫌なのかと思いきや、ドラマの中とはいえキスをすることによってファンがいなくなる、ファンがいなくなったら芸能界でやっていけなくなるので、引退するしかない、というのが理由とのことである。他にも撮影現場では、道重さゆみと相手役のイケメン俳優が体が密着するようなシーンについて、いちいち事務所からダメ出しが入ったらしい。

記事は、道重さゆみの座右の銘的なものが「来るもの拒まず」であることを引き、本当に意味が分かっているのか、と結んでいる。

私は道重さゆみはラブシーンとかキスシーンとかはガンガンやるべきであり、もちろんリアルの恋愛もすべき常に考えており、それが表現者としての道重さゆみをさらに優れたものにするに違いないと信じて疑わない。一方、処女性こそが道重さゆみの最大にして唯一の魅力のようなファンの存在、また、それに合わせた道重さゆみ本人及び事務所の方向性は、道重さゆみの表現者としての成長を阻害しているとすら考えている。

しかし、道重さゆみがそんなふうに考えているのならば、それは面白いし良いのではないか。引き続き、その日は楽しみに待ちたいし、いわゆる処女厨やレズ厨のヲタクのみなさんが喜んでいる様が悔しくて仕方ないので、当分スレッドも見ないが、所詮私などは道重さゆみの掌の上で転がされているに過ぎず、むしろそれぐらいだからこそ、気になるのだろうな、などと思ったりもする。

道重さゆみから離れようとして、AKB48とか他のアイドルに注目しようとしたが、どうも違うのである。よく考えてみると、道重さゆみ以前にアイドルが好きだったのはもう20年以上も前のことだった。道重さゆみを知ることによって、どうやら自分はアイドルが好きなのではないかと思ったのだが、それは勘違いであり、ただ表現者としての道重さゆみを好きになっただけだったのだろう。

しかし、思うのだが、道重さゆみは今回のキスシーン拒否について、ファンのためというようなことを言っているようだが、じつは生理的にやりたくないとか、どうせならいつかやるであろう仕事での異性とのキスはちゃんと好きな人としてからにしたいとか、そういうきわめて個人的な理由を、理論武装によって粉飾したにすぎないのではないか、と疑ってもいるのだ。しかし、だとしても、こういう小賢しいというか、人間らしいところが最高な道重さゆみだと思ってしまうのだ。

« 道重さゆみの小娘性と無意識過剰。 | トップページ | セシル・ビートンのスケッチブック。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/43879205

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊文春」を立ち読みして思ったことなど。:

« 道重さゆみの小娘性と無意識過剰。 | トップページ | セシル・ビートンのスケッチブック。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ