« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月18日 (木)

SCHOOL GIRL FANTASY。

私的には大半が黒歴史の1990年代、オレンジ色に染まる街で少女たちに期待していたのは、おそらく薄汚れてしまった精神の浄化だったのだろう。

岡村靖幸「ハレンチ」のムード、つまりマイルドな倦怠とゆるやかな倫理の崩壊、いわば援交感覚でもいおうか、それをしなやかな自由への誘いであるかのように、わざと読み違えをして、毎日をやり過ごしていたのか。

いや、「SCHOOL GIRL FANTASY」流に言うならば、あのキラキラに飛び込みたい、ということなのだろう。

あらかじめ分っているさ。意味なんてどこにもないさ。

2007年、ラジオ番組「今夜もうさちゃんピース」における発言として、小学生時代は友達がいなく、学校の登校途中に拾ったダンゴムシの家などをつくって一人で遊んでいた、はたまた、男子からみちし原人なるあだ名をつけられて、それが悲しくて家に帰ってから一人で泣いていた、というようなエピソードをきっかけとして、私は当時モーニング娘。のわりと不人気な方のメンバーであった道重さゆみに注目した。

アイドルに夢中になるのは十代の頃のほんの一瞬の熱病のようなものに違いないと思っていた私にとって、ラジオを毎週聴いたりCDや写真集を買うという体験はじつに驚くべきものであった。そして、当然の帰結として、数ヶ月後には本物の道重さゆみを目撃することになるのである。

それはまるでこの世のものとは思えないほど輝いていて、その時間ができるだけ長く続いてほしいと願っていた。実際はおそらく大阪城公園の野外で、熱中症一歩手前だったような気がする。ケンドーコバヤシがプロデュースしたケンコBARなるバーで、おつかレイナという名のカクテルを飲んだ。

電車の中で突然、泣きだす直前のような状態に襲われ、それはしばらくの間続いた。

大半が黒歴史の日々、それはいわば潜水生活である。

あのキラキラに飛び込みたい、という欲望さえ、叶うはずのない絵空事として、もう真剣には考えなくなって、それからしばらく経っていた。

道重さゆみが生まれ育った山口県宇部市というのは、本当に良い場所だ。空気がきれいで、夜はたくさんの星が見える。時々、薬品のような化学的な匂いがすることがあるけれども、何だか懐かしくもいとおしい、とても人間らしさを正常に保てる環境のように思えた。

ある年の広島のコンサートで、道重さゆみはファンに「生きていてください」とメッセージを伝えた。

けして順調ではない日々だったとしても、きちんと選んでさえいれば、知らぬ間に目指すべきものに近づいていたりもする。モーニング娘。道重さゆみの軌跡は、われわれにそれを教えてくれるにじゅうぶんである。

つい一週間前、ただじっとしていることさえ困難なほど体調を壊していたが、それでもやらなければならないことがあり、その目的もかなり現実的なレベルで明白だったので、「即効元気」や「即効チャージ」などを毎朝摂取しながら、なんとか生き延びたのだった。こんな時には健康でさえいられれば、他に何も高望みはしないとすら思うのだが、もちろんいざ元気になれば、いろいろと煩悩は出てくる。

加速するブルーズをなるべく感じないように、スピードで誤魔化すというテクニックは過去に幾度もつかってきてはいるのだが、それはけして根本的解決になった試しがない。それどころか、深刻なリバウンドをもたらす危険性すらある。

偶然の符合に意味はない。もしくは、神の存在を信じるかどうか、という話にはなってくるのだが、いや、それとも強く求める心がそれを引き寄せるのか。まあ、どれでもいい。一向にかまわない。

つまり、一本の真っ直ぐな道が浮かびあがりつつある、ということなのだ。

知らぬ間に、あの頃、暗黒時代には永遠に閉ざされているかに思えたあのキラキラへの扉が、じつはすぐ近くにあったのか。いや、もしかするとそれは幻覚かもしれない。確かなものなどどこにもない。それは信じることによって、より確からしくなり、気がつくと現実になっているのか。そんな現実味のない夢を見ている。

現在、アメーバブログに見られる道重さゆみの確信に満ちた揺るぎないルックスは、彼女がその意志によって獲得したものである。先日の「今夜もうさちゃんピース」において、道重さゆみは、最近は後輩メンバーとの間で変顔をするのが流行っているが、そもそも理想のアイドルは変顔をしないものだと強く思ってきたはずなのだ、というようなことを語っていた。このように、道重さゆみは常にガチンコで葛藤したり臨機応変な対応をしながらも、芯には確固とした理想のヴィジョンが明確にあるのだ。これが道重さゆみを道重さゆみたらしめているのだろう。

おそらく、かつて私が道重さゆみになりたいと思ったのは、つまりこのような部分についてを言っているのであって、そうでなければかなりのクレイジーな物言いということになるのである。

というわけで、思いを更新しながらも、心のままに、目指すべきものになることを本格的にはじめる。あのキラキラに飛び込みたい、つまり、道重さゆみになりたい。まず目の前の、直近のことから、思い描いた通りにやって、そうやって積み重ねていくのだ。


2012年10月17日 (水)

グッバイ・クルエル・ワールド。

確かなものなどどこにもない、などといつもうそぶくわれわれは、しかしじつはいつも不安で、そんなものを探し求めては裏切られ、勝手に傷ついて泣いているのだろう。吐き気がするほどの現実味に溢れた、ありきたりの感情をかかえ、宗教と恋愛の間の意味について、真夜中近く、単身者が集う店でワンコインのうどんをすすり、加速度をつけるブルーズにおいたてられるようにして、帰路を急ぐ。イヤフォンの奥からはいにしえのディスコ・ヒット・チューンが、夢に話しかけてくるが、すでに心地よさのみが選曲の基準となった。

AOR大歓迎、今夜はニュー・ウェーヴついてけない、シャンプーする毎朝晩、サラサラリン...あれは高校一年生の冬によく聴いていた「VIBRA ROCK」という12インチEPに収録されていたお気に入りの曲、相手にされそうもないとむしろ冷たい素振りで不安の裏返しのクールな顔して言うのは簡単だね、なんてね。あんな洒落た言い回し、いつかつかってみたいと思っていた。とどのつまりは、いい女ってなんでこっちに来ないの、ということだったのだが。

自律神経の失調という言葉はよく聞いていたけれども具体的にどのようなことかは知らず、考えてみたことすらなく、しかし先日の体調不良全般を構成する要素の一つとしてそれがあったと知って愕然とした。そして、なんかカッコいいな、とも思った。

それからしばらくお粥のようなものしか食べられなくて、少しよくなったので、いまはうどんをよく食べている。これまで生きてきた中でこれほど短期間のうちにたくさんのうどんを食べた時期というのも、おそらくはなかったはずである。妻が調理してくれた鶏の水炊き風うどんというのが、中でもものすごく美味しかった。

特に体調が悪く、本当に何もする気が起らなかった間はもっぱらiPhoneで受信した文章や画像ばかり見ていたのだが、そこで道重さゆみがアメーバでブログをはじめたことを知った。

ジョン・レノンによると、神とは苦痛をはかる概念らしいのだが、これは景気が悪いと宗教が流行るとかいう説と同じことなのだろうか。

それにしても久しぶりにブログで見た道重さゆみの容姿が、以前にも増してゆるぎなく私にとって好ましいものになっていた。その存在感たるや圧倒的であり、いまそこにある肯定感、ずばりそのものといった感じだったのだ。

いつの間にか道重さゆみはモーニング娘。のリーダーであり、かつ最年長なわけだが、体調不良でコンサートを欠席した後輩メンバーについての謝罪のようなことをちゃんと大人の文章でしたためたりしているのを読んで、何だかよく分からない感動がこみ上げてくるのである。

道重さゆみは元々モーニング娘。のファンであり、山口県宇部市の田舎でテレビを観たりレンタル落ちのCDを買ったりして憧れていたわけだが、中学一年の時にオーディションを受けて合格し、晴れてメンバーになる夢がかなった。しかし歌やダンスのスキルが高かったわけでもなく、その他様々な原因によって、人気メンバーにはなかなかなれなかった。ある時期にはシングル曲で一人だけソロパートがなかったり、舞台で天井から吊られる脇役を気丈に演じていたりした。表面上は与えられた役割を一生懸命こなしてはいたが、内心は葛藤し、屈辱を覚えてもいた。

ある時期からラジオでのトークやバラエティー番組への個人での出演が認められ、次第に頭角をあらわしていった。その過程でも、やはり数々の葛藤はあった。それでも失わなかったのは、自分らしさと、それを認め、愛してくれる家族や仲間、ファンへの感謝である。

世界は残酷かつ無情であり、時としてその本質をあまりにもあらわにしてしまうのである。そして、今日も絶望や失望が少しずつ人の魂をすり減らし、われわれは少しずつ死んでいく。

確かなものなどどこにもないのか。そうかもしれない。

いつか、ファンタジーの話をした。

希望も優しさも施しも、すべてまぼろしに過ぎないのかもしれない。大切なのは確からしさなのだ。それを感じられれば、心がそう信じ込めたなら、少しはマシな現実が始まるのかもしれない。

ある種の人々はなぜ少女歌手の群れに夢中になるのか。それが分らなかったことがある。おそらくそこに躍動感、生きることの確からしさ、目指すべき道標、そんな何かを感じられる、信じられるからなのか。

閉じながら開いていく。インプットとアウトプット。必要ないのかと思ったが、それはまだ違っていた。まったく何の進歩もないのか。いや、それは違うはず。らせん状にグルグル上って、近づいた太陽で羽根が溶けたのか。

少し休もう。回復の呪文を覚えよう。

おやさゆみん。あなたのハートにうさちゃんピース。

殺伐とした日々の中に、天使の羽音が聞こえた時、私はそれを聞き逃さなかった。あなたが私を救いだしてくれると期待していることを、私はなるべく気づかれないように、それでもそんな時間を慈しむ喜びを、それが胸いっぱいに広がっていくのが感じられるから、光が射す方へ進もうと思った。

ありがとう。

2012年10月12日 (金)

道重さゆみちゃんがアメーバブログにやってきた!

体調を著しく崩しつつも休めない苦渋の日々を越え、やっとこさ自宅の床で静養できる時間が訪れた。明らかに体内で何やらおかしなことが起っているには違いないのだが、諸事情によりいまこのタイミングで知りたくないのとか、妻が「免疫力アップ&内臓強化のおかず」なる本を見ながら体にやさしい料理を次々とつくってくれるもので、まあそのうちよくなるだろうという感じでいくことにしたのだ。

いつも好きでやっているパソコン見ることとか音楽聴くことにもじつはすごくエネルギーが必要だったんだな、などと実感したり、というのも、いまやそれすらしたくない状態である。ただ横になり、たまに猫をさわって、あとはiPhoneでBB2Cとか。

そして久々にがっつり読み込んでしまったのだ、懐かしき心のふるさと、モ娘(狼)板を。高橋愛のバスツアーが週末にあるらしく、今回はまあいろいろな事情があるので、まあそれぞれ盛り上がっていた。あと、これは地下アイドル板なのだけれども、道重さゆみが渡辺麻友の髪型を真似て対抗心を燃やしているというようなスレッドがあり、かつてのモ娘(狼)板にこんなのが立とうものならもう叩き合いの修羅場と化していたことであろうが、道重ヲタ、AKB48陣営ヲタ入り乱れつつも、わりと友好的な雰囲気であった。

そして、道重さゆみがアメーバでもブログを始めたことを知った。

ご存知の通り、ここはココログであり、2007年8月に「卒業-さゆみんに向って」なるブログを開始してから、タイトルやアカウントを変えながらも道重さゆみについて書いたり書かなかったりしてきたものだ。一方、アメーバでも「Real Life Journal.『生きる』ブログ2.0。」というブログを書いていたのだけれども、リアルにいろいろ濃密になりすぎて、アウトプットが一切なくなり、8月終り以降完全に放置状態であった。

久々にマイページにアクセスしてみると、「道重さゆみブログスタート」とかなり大きく取り上げられているようだ。とりあえず読者登録した。ついでに「Real Life Journal.」も記事をかなり消して、夏仕様だったデザインも替えて、「Imaginary Blue.-『生きる』ブログ2.0。」として新たにスタートした。新しくはまだ何も書いていないけれども、道重さゆみと同じところでブログがやりたいという、ただその一心でおそらくそんなことをしたのだろう。

大阪にあるかつみさゆりのボヨヨンスイーツガーデンのことはMBSラジオ「笑い飯の金曜お楽しみアワー」でよく話題になっていたが、写真をはじめて見た。あと、GREEのブログによく登場していた飼い猫セーラも出ていて、とても嬉しくなったが、アメーバには初登場らしく、はじめましてのご挨拶という具合になっている。初々しいね。

それにしてもいくつかの記事を見たが、道重さゆみの美人度がかなり上っているなという印象を受けた。本来のピュアネスを保ちながら、とてもよい年の重ね方をしていると感じた。

ここはこのままココログに置きつつ、アメーバでは無関係なことをしれっと書いていきながら、道重さゆみと同じところでブログをやっているという喜びに浸りたい。

アメーバブログのテーマは、昨年の今頃発売された写真集「Sayuminlandoll」のものである。あの路線はとても好きなので歓迎したい。

それにしても道重さゆみ、田中れいな以外、現役モーニング娘。のメンバーの顔と名前が誰一人として一致せず、新曲「ワクテカ Take a chance」をまだ一度も聴いてすらいないのは、由々しき問題である。

ブログやラジオをチェックするのやめたりCDやDVD、写真集も買わなくなって、これはいわゆるヲタ卒というやつなんだろう、一般的には。しかし、たまにこうやってふれてしまうと、やはり圧倒的な肯定感だし、後にも先にもこんなにも特別に好きな表現者はおそらく存在しないのだろうな、ということを改めて確信する。私にとって道重さゆみとは何者なのか、その答えはいまだに見つかってはいない。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ