« トゲの話。 | トップページ | 絶対彼女。 »

2014年2月 4日 (火)

ミッドナイト清純異性交遊。

昨夜放送された「今夜もうさちゃんピース」で、大森靖子というアーティストによる「ミッドナイト清純異性交遊」という曲がかかった。この番組でハロー!プロジェクト関連以外の曲がかかることは稀なのだが、道重さゆみがこの曲を紹介している部分を文字起ししてみる。

それでは、ここでですね、あの、私のことを大好きって言ってくださっている方がいるんですけど、あの、大森靖子さんていう方が、私のことが大好きって言ってくださってて、それだけでも嬉しいのに、なんと、さゆみのことをイメージして、というか、さゆみのことを歌ってくださっている曲があるみたいなので、あの、みなさんにも聴いていただきたいと思います。

曲は箱庭的なテクノポップといった雰囲気で、なかなか好みであった。道重さゆみ的なフレーズが歌詞にちりばめられていたが、完全に聴き取ることはできなかった。この番組でかかる曲はだいたいそうであるように、1コーラス目が終って少ししたあたりでフェイド・アウトし、道重さゆみの改めての曲紹介とジングルが流れた。

「さゆの大部屋」の後半に入る前に、道重さゆみがこの曲についてのコメントをしていたので、その部分も文字に起こしてみる。

はーい、ということで、大森靖子さんの「ミッドナイト清純異性交遊」を、こう、かけさせていただいたんですけど、でも本当に、あの、大森さんがすごいさゆみのことを好きって、こう言ってくださることもすごく嬉しいなって思うんですけど、コンサートとかも来てくださったりとかして、こう、CDをくださったりとか。

あとは、ミュージックビデオを観たんですよ。そしたら、なんか、あの、私がサンリオさんとコラボしてるさゆうさの、なんか、お人形がちょっと見えたりとか、あとは、あの、なんか、道重一筋Tシャツが、私、誕生日の時とかに、こう、私がデザインしたTシャツとして発売したりとかしてるんですけど、それのまたちょっと違うバージョンみたいなのを、大森さんがたぶん独自で...たぶん、さゆうさもたぶんちょっと違うんだと思うんですけど、それを、なんか、独自で作ってくださって、それをミュージックビデオにしてくれて、で、一番最後に、私のソロ曲で「ラララのピピピ」っていう曲があるんですけど、なんかそれを、なんかちょっと...またちょっと違う風に、なんかラララのピピピを連呼してる部分とかあって、すごい、なんか、さゆみっていう感じの曲だったので、すっごい嬉しかったです。

なんか、そんな風に、こう、好きって言ってくれる人がいるんだなって思うと、頑張ろうと思えるし、しかも、ましてやこうやって曲を作ってくれて、しかもその曲を世に出す人っていうことが、すごい嬉しいなって思いますね。もっともっと大森さんにも好いてもらえるように、頑張っていきたいと思います。

このコメントだけでも、道重さゆみの性格の良さがにじみ出ている訳だが、それ以上に、このミュージックビデオというのがかなり観てみたくなったのである。その時はそう思ったが、その後で朝から色々と用件が重なったため、頭の片隅に追いやられてしまった。ローソンで「SPA!」のハロー!プロジェクト特集を立ち読みしたのだが、ハロプロ推しの著名人が数名掲載されていて、そのうちの1人が大森靖子さんだったのではないかという気もするのだが、定かではない。

今日は会社に出社しなくてもよい日だったのだが、必要な記事を読み込んだり、語学の勉強をしたりして過ごした。夕方あたりに少しブレイクしようと思ったが、その時にそうだ、「ミッドナイト清純異性交遊」のミュージックビデオを観てみようと思い出し、YouTubeで検索するとすぐに見つかった。

なるほど、さゆうさや道重一筋Tシャツが絶妙にアレンジされたものが映り込んでいる。それ以外にも服装や髪型の感じなど、道重さゆみ的な世界観で貫かれている。そして、橋本愛が出演していて驚いた。「あまちゃん」では圧倒的にユイ派であり、「ハードナッツ!」もNHKオンデマンドで毎週楽しみに観ていた私にとっては、ものすごく嬉しすぎるサプライズであった。ビデオの最後の方で、橋本愛が「ラララのピピピ」的なフレーズを口ずさんでいる場面に、軽い感動を覚えた。後でウィキペディアで調べて知ったのだが、橋本愛は大森靖子のファンなのだという。

このミュージックビデオの世界観に、この大森靖子というアーティストは相当に本気の道重さゆみファンであるという確信を抱いたのだが、やはり歌詞が完全には聴き取れず、その全てが知りたくなったので、インターネットで検索して調べてみた。

「何を食べたとか 街の匂いとか 全部教えて」とは、まさに私がかつて「今夜もうさちゃんピース」に求めていたものである。そして、歌詞に「ときわ公園」が入っているところに感激した。道重さゆみの基礎をつくったのは山口県宇部市のあの辺りの環境でもあると信じて疑わないのだが、道重さゆみが語るときわ公園をはじめとする山口県の思い出話は、本当にもう聴いているだけで幸せな気分にさせてくれる。ちなみに、低アクセス数を誇るこのブログの中で、最も訪問者数が多いのが、「道重さゆみちゃんの山口県時代の思い出をまとめてみたよ。」というページである。

次に「空とぶ自転車」という歌詞があるのだが、これは一体何なのだ。道重さゆみと空とぶ自転車では思い出すエピソードが1つあり、それを私はかつてのブログ記事において、以下のようにまとめている。

・山口県にいる頃、中学1年生の時に中学校までの道程が自転車通学だった。自転車で行っても30分から45分かかるぐらい遠い中学校だった。田舎なので車がやっと1台通れるぐらいの狭い道もあり、そこを自転車で通っていたら後から車が来て、道を譲ったら溝に落ちてしまい、学校に遅刻した。また、友達の顔を見て話しながら自転車に乗っていたら目の前に電柱があり、ガーンとぶつかってそのまま反動で飛ばされた。自転車が線路に挟まり、抜けなくなった。おばあちゃんが「大丈夫かい。ここはこうすると取れるんだよ」と言って取ってくれた。また、自転車で1人で帰っていたら、花壇の先っちょみたいなところにガーンとぶつかって、自転車がパンクした。まだ学校の目の前ぐらいだったので、重い自転車を押して1時間半ぐらいかけて帰ったこともある。

私はかつて、おそらく道重さゆみが中学1年生の頃の自転車通学路だったと思える道程をフィールドワークし、件の電柱と線路とはおそらくここのことではないかというようなことを推測して悦に入るという、そのようなタイプのファン活動をもしていたものである。

「今夜しか見れない流星群」という歌詞があり、おそらく直接関係は無いような気はするのだが、「今夜もうさちゃんピース」で語られた山口県時代のエピソードでは、家族でしし座流星群を見に行くやつもかなりお気に入りである。これは2008年11月9日放送の第114回で話されていたのだが、当時文字に起したものが残っていたので、再度掲載してみたい。

これ、去年の...去年?200...今日が2008年だから去年だ、去年の8月14日のお話なんですけど、まあ、流れ星見に3人でって...まあ3人っていうのは、まあ今3人暮らしの、はい、うちのお母さんと、ええ、うちのお姉ちゃんとさゆみ、3人でですね、たぶん流れ星がたくさん見れる日ってあるじゃないですか。なんか、しし座流星群?でしたっけ。あの日だったんですね、たぶんきっと。

で、あの、さゆみ達は、あの、恒例なんですよ、しし座流星群の日に流れ星を見にいくのが。あの、山口時代からいつもどんなに次の日、朝、あの、お父さんがお仕事あっても、あの、お母さん家事が残ってても、さゆみ達学校があってもですね、絶対にみんなで朝4時とか3時ぐらいには、あの、外に行って、公園とか行って、みんなで見るっていうのが恒例だったので、東京に来てもそれをやろうって言って、この時はやったんですけど、山口では見れるものが東京では、まあ天気も悪かったのかもしれないんですけど、見れなくて、それどころか星もたぶん全然見れなかったんだろうけど、で、まあ、その反動って言うのは、まあ、たぶん言い訳でしょうけど、その後お姉ちゃんと2人でコンビニ行って、まあいろいろと食べて楽しかったんだろうなっていうのがすごい、はい、伝わってきて、で、その後すぐ寝て、で、あの後、2人でお風呂でゲームしたんだろうけど、あ、まあすごい楽しそうな風景が思い浮かぶんですけど。

その流れ星なんですけど、さゆみ、山口県でその流れ星を見た時に、本当に感動しましたね。数えてたんですよ、最初。100個超えて、1日に。すごいって思って、メチャメチャすごいと思って、もうその時も...その時は日記とかつけてなかったんですけど、あの、作文を書いて、先生に提出したのを覚えてた...覚えてるんですけど、本当に感動して、100個超えて、あの、だから100個超えたから、あの、区切りがいいからそれからは数えなかったんで、最終的に何個見たかは覚えてないんですけど、でも、100個超えたっていうのはすごい覚えてて、で、その時にすごい、あの、お願ごととかしたりとかしてたんですけど、で、小6の時は、お願い事に、もう...あの、受験をしたんですよ、すぁゆみ、中学受験を。なので、受験受かりますようにってね...流れ星さんにお願いして、まあ落とされちゃったんですけど、まあ流されちゃった感じですけど、受験も。

本当に、でもそのおかげでさゆみ、中1の時に、あの、モーニング娘。受かったと思うんですよね。その時に、さゆみ、たぶん、あの、受験に受かってたら、モーニング娘。に入ってないと思うので、ああ、なんかそういう流れで、うーん、来たんだなっていうのをすごい思いますね。

いや、最高だね。

さて、話を大森靖子という今日知ったばかりのアーティストに戻すのだが、この歌詞が掲載されたページの下の方を見ると、この曲に対する思いが改行なしの長文で綴られている。言葉が迸り出ている感じで、ものすごいエネルギーを感じた。サンリオのノート一冊分、道重さゆみの魅力を書き出して、歌詞を作ったのだという。道重さゆみを「何が美しいか、アイドルのあり方を客観的に想像、創造して、すさまじい執着力でその理想を自分の身を以て忠実に再現した実行力のある現代芸術家じゃないのか?!」と表現している。いや、まさにそうなのである。

昨今の日本のポップ・カルチャー事情にさほど明るくはない私は、不勉強のきわみゆえに今日まで大森靖子さんのことを知らなかったわけだが、アイドル関連のイベントなどに出演することも多いらしく、それゆえに一部の心ないアイドルヲタクから嫌な目に遭わされることもあるようで、それについて言及している部分も、本当に頷けるものである。

あと、この曲の歌い出しの歌詞にもある「アンダーグラウンドから君の指まで遠くはないのさ」という部分がものすごく好きである。

あるタイプの道重さゆみファンは、やはり自分自身の道重さゆみを生きることを志向するのだろうか。大森靖子さんのアルバム「絶対少女」はiTunesストアで購入することにした。

« トゲの話。 | トップページ | 絶対彼女。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/54862240

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト清純異性交遊。:

« トゲの話。 | トップページ | 絶対彼女。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ