« モーニング娘。'14 | トップページ | うさちゃんピースを世界に。 »

2014年2月 2日 (日)

SとN。

道重さゆみと田中れいなのエピソードというのは本当に良いものだが、月曜深夜に放送された「今夜もうさちゃんピース」をいまさら聴いたところ、ものすごく心温まるトーク部分があり、これは本当に聴いてよかったと思った。かつての「さゆとれいなはSとN」スレッド愛読者としては、たまらないわけである。

あと、「クイズシゲサゴン」が復活していて、ものすごく懐かしかった。オープニングではやはりPaboの「恋のヘキサゴン」が流れていた。罰ゲームでは替え歌を歌わされていたが、この嗣永桃子の「ももち!許してにゃん体操」というのは、ちゃんとオリジナルがあるのか。

道重さゆみが罰ゲームで披露する上手く歌おうとしているがなかなかそうならないどころか、オリジナルを前衛的に再構築しているかのようにも聴こえる歌唱が、私はものすごく好きだ。中山美穂の「クローズ・アップ」的に、こういうの私好きよ、である。愉快な気分になる。

とりあえず、文字に書き起こすことによって、そのエッセンスをより深く味わいたいと思う。


まあ、久しぶりに6期MCをするっていうことを、こう、聴いた時は、すっごく嬉しかったです。

なんかすごい、何かが話したいとか、れいなに話したいなとか、れいなに話すことによって、ファンの人にも聞いてもらいたいことがすごくある、とかじゃなかったんですけど。

やっぱり6期MCは私の中でもすごく大事にしてる、こう、なんだろう、MCコーナーだったので、モーニング娘。でれいなとやってる時に。

だから、やっぱすごい、またれいなとしゃべりたいなと思ってたから、6期MCができてすごく嬉しかったし、れいなもなんか、やったーって、こう、6期MCやるよってことを聞いたのがれいなと一緒にいた時だったんですよ。

で、すごい二人でやったね、楽しもうね、みたいなことを、すごいお話してたから、やっぱすごい二人で嬉しさを分かち合えたし、でも、なんだろうな、6期MCって本当に台本が全く無いんですよ。

たとえば、何々を話してくださいとか、こういうことを話したらどうですか、みたいなそういう、なんかこう、アドバイス的なことも全く台本に組み込まれてなくって、二人で自由に話してください、みたいな。

で、その後の、まあ、流れとかは一応教えてもらうんですけど、この後、LoVendoЯが歌うから、道重は田中を残してはけてね、とか、まあそういうことは聞くけど、内容に関しては、全く打ち合わせも無いし、台本にも、なんかそういう、これだけ話してくださいとかも無いんですよ。

でも、まあ、一応さゆみは、れいなと久しぶりに何しゃべろうかな、とか考えるじゃないですか。

で、こう、そのカウントダウンの当日の日に、れいなに、ねえ、久しぶりだけど大丈夫かなって、なんか、れいなに珍しく弱音...弱音というか、大丈夫かなみたいなことを心配してて、そうだよね、とか言って、久しぶりだけどさゆみたち噛み合うかな、みたいなことを、れいなと二人でしゃべってて、盛り上るでしょう、大丈夫でしょう、みたいなことを、二人で、こう、本番直前にしゃべってから、ステージに上がったんですけど、

まあ、そんな、心配すること全く無かったなって思えるぐらい、すっごい楽しかったし、なんか、れいなが、こう...モーニング娘。時代のれいなよりも、すごいなんか素直なんですよ。

さゆみが言うことにも、すごい受け入れてくれるし、こう、なんか、カウントダウンの、プラチナ期ってファンの方に言われてる時代のモーニング娘。としてのリハーサルとかも、カウントダウンの時やったりとかもしたんですけど、で、それは全然、当日とかじゃなく、全然別日にしたんですけど、で、その時も、こう、なんか、ちょっとリハーサルが早く終ったら、今までだったら、じゃあね、おつかれーって言って、すぐ一番にピューって帰って行くくせに、なんか、ねえ、ちょっとさ、話さん?みたいな、何?そのツンデレな感じ、みたいな。

しかもね、その日、来た瞬間は、いつものツンツンしたれいなだったんですよ。サングラスかけて、まあ、冬なんで、寒くてマフラーもして、なんかいつも通りジャージで来て、こう、なんか、ああ、変わらないなって思いながら、れいなのこと見てて、おあはようみたいな感じだったのにもかかわらず、最後、こう、じゃあもう終わりだよってダンスの先生が言ったら、ねえ、ちょっとみんなでしゃべろう、みたいな。

で、まあ、新垣里沙ちゃんは次のお仕事がもうすぐだったから、もうすぐ、あの、おつかれさまでしただったんですけど、まあ、高橋愛ちゃんと光井愛佳ちゃんと、あとそのダンスの先生も、こう、プラチナ期って言われてる頃からのダンスの先生なので、みんなで久しぶりに、なんか、こう輪になって、座って、普通にしゃべってたんですけど、その、まあきっかけはれいなが、じゃあ座ろうって、ここに座ってしゃべろうって、あのれいながですよ。一番言わなそうじゃないですか。愛ちゃんとかは、ねえ、久しぶりやしみんなでしゃべろうや、とか言って、すぐ座ってしゃべろうとか言いそうだけど、なんか、あのれいなが一番に、ねえ、座ってここでしゃべろうって言ったことが、さゆみはすごい衝撃的?...だったんですけど、

まあ、でも、本当にね、なんか、感情をもしかしたら今までは隠してたのかなって。今までももしかしたら、しゃべりたいなって思うこともあったけど、なんか、ツンツンしたれいなを、まあ、演じてたって言ったらおかしいけど、

だから、カウントダウンの、その、6期MCの時も、こう、さゆみがはけるってなった時も、なんか、今までだったら、ああ、そうか、じゃあねって言いそうだけど、えー、まだ行かないで、みたいな。何?かわいすぎる、みたいな。たまに甘えてくる猫に本当に見えて。まあ、れいな、ネコ顔っていうのもあるんですけど。これがリアルれいにゃってやつだなって思いながら、かわいいなって思いながら、でも、私まで一緒になって、そうだよね、ニャンニャンって言ってる場合じゃないじゃないですか。だから、さゆみは、この後、LoVendoЯとして頑張ってね、みたいな。さゆみ、歌下手だからLoVendoЯとして残れないわ、みたいなこと言って、はけたんですけど、
なんか...なんか、ずっとあのれいなが忘れられないんですよ。

なんか、すぐさゆみ、その後はけちゃったんですよ。もう、スタッフさんも止めに入っちゃったし、なんか、もうはけないと段取り的に...しかもカウントダウンのやつだから、こう、時間とかもやっぱ色々気にするじゃないですか。だから、そろそろはけなきゃはけなきゃって思ってたから、あのれいなを、なんか、見捨てた気持ちになるっていうか、猫を見捨てたみたいな、感じの気持ちになっちゃって、あのれいながずっと忘れられなかったんですけど、まあ、でもLoVendoЯとして、その後、普通に一生懸命、こう、汗...汗はかいてないけど、なんか、歌ってる姿を見て、なんかすごいカッコいいなって、やっぱカッコいいれいなももちろん健在してるんだな、と思って。

なんか、素直に気持ちを見せてくれるようになったれいなが、すごいかわいいなって思いましたね。


いや、最高だね。

« モーニング娘。'14 | トップページ | うさちゃんピースを世界に。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/54840133

この記事へのトラックバック一覧です: SとN。:

« モーニング娘。'14 | トップページ | うさちゃんピースを世界に。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ