« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

全開で行こうかな。

道重さゆみがモーニング娘。’14からの卒業を発表してから1日経ったが、ここ数年間は極度にライトな在宅ファンとしての活動にとどまっていたのにもかかわらず、分不相応にマイルドな放心状態が通底している。

昨日、iPhoneのスクリーン上でその事実を知り、平静を装ってそのまま会社員生活を送っていたのだが、通りかかったときに某女性社員から「ニュース見ました?」と聞かれ、ああ、なるほどあのことかと思い、まあおそらく今日だろうという気はしていたし、別にショックでもない、と少し嘘をついた。でも、道重さゆみが卒業したら知ってるメンバーいなくなっちゃいますよ、とか道重さゆみは可愛いから一人でもだいじょうぶですよ、とかひじょうに適当なことを言っていた。道重さゆみ以外のモーニング娘。’14は誰も知らないと言っていたので、乃木坂46なんて一人も知らないでしょと言うと、二人ぐらいは知っていて、それは生駒里奈と白石麻衣だと言われた。

それにしても、道重さゆみのことがこのレベルで知られているということも、つい数年前から考えるとものすごいことではあるのだ。Yahoo!トップにも何度も載っていた。

「今夜もうさちゃんピース」の聴いていない回がいくつかたまっているのだが、モーニング娘。’14卒業を発表したことが前提ではない時期、つまりこれまでに放送されたすべての回については、何だかリアルタイム感が希薄すぎる気がして、いまはあまり聴く気が起きないので、次の「今夜もうさちゃんピース」を聴いてから聴くことにしたい。

アメーバブログの「発表」という記事を読んだ。感動的であった。約二年前にリーダーになってから、お世話になったモーニング娘。に恩返しがしたい、その恩返しとはモーニング娘。をたくさんの人に知ってもらうことである、という自覚と目的意識が、グループ初のシングル5作連続第1位や武道館コンサートを現実にした。

卒業のことは二年前ぐらいから意識していたという。いま、道重さゆみはモーニング娘。’14卒業後について、どのようなビジョンを描いているのであろう。懐かしのモ娘(狼)板のスレッドを流し読みしていると、もしかすると芸能界も引退してしまうのではないかとか、「今夜もうさちゃんピース」やブログも終ってしまうのか、とかそのような憶測もあるのだが、ブログでは今日からがまた新たなスタートなどと前向きな言葉が綴られている。そして、床に大の字になっている画像、卒業発表という緊張の一瞬から解放された感じが出ていて、ものすごく良い。

モーニング娘。’14からの卒業は秋ツアー最終日であり、それまでにモーニング娘。’14リーダーとして、ここからが本当の恩返しであり、できる限りのことをしたい、とも書かれている。

いまのこの前向きな感じというのは、このモーニング娘。’14卒業をゴールとしたものであるのかもしれないし、その後をも見据えたものなのかもしれない。われわれにはただ勝手な推測をすることぐらいしかできない。

いずれにしても、残りあとわずかとなったモーニング娘。’14の道重さゆみを、刮目して見て、感じていかなければという、そのような気分に追い立てられている。ピークに向ってのぼりつめていく感じである。

きわめてライトな在宅ファンに過ぎない私が言うのもおこがましいが、この長い人類の歴史の中で、道重さゆみにリアルタイムであった幸運を私はものすごく誇らしく、嬉しいことに思う。だから悔いがないように、全力でいきたい。「全開でいこうかな」とは、モーニング娘。第6期オーディションの番組冒頭で、道重さゆみが放った一言である。あれから歴史の扉がひらいた。われわれは歴史の目撃者である。生き証人なのだ。これを後世に伝えるべく、もっと熱く、はげしく、である。

おやさゆみん。

2014年4月29日 (火)

好きすぎてつらい。

最近は早寝早起きを心がけているため、今夜も一旦床に就いたのだが、iPhoneのイヤフォンから流れるヤー・ヤー・ヤーズの「ゼロ」が、道重さゆみ単体出演のローカルテレビ番組を観るために宿泊した名古屋のホテルを想起させ、やはり今日は何か書いておこうと思い、ふたたび起床して、ノートパソコンの電源を入れたわけである。曲はザ・ヴァーヴの「ヒストリー」にかわっている。

祝日も企業で作業こと、会社で仕事だが、iPhoneのタイムラインに流れる大森靖子のツートで、本日が道重さゆみの凱旋コン、つまりモーニング娘。'14が道重さゆみの故郷である山口県でコンサートを行う日だったのだということを知った。これはやはり行くべきだったのではないか、などということを思ったが、その気になれば行けないこともなかったにもかかわらず行かなかったのだから、まあそれは仕方がない、というようなことも思った。

数年前、やはり山口県で道重さゆみの凱旋コンサート、つまり道重さゆみの故郷である山口県でモーニング娘。がコンサートをやるということがあった。この時、私は仕事をどうしても当日休むことができなかったのだが、私にできる限りの精一杯をやろうと、その週で仕事を休むことができた日に山口県へ行き、そのコンサートが週末に開催される会場の前まで行くという、自己満足以外の何物でもないような行動を取った。もちろんときわ公園の桜見物などもした。

数ヶ月前に道重さゆみのラジオ「今夜もうさちゃんピース」で、大森靖子という日本のシンガー・ソングライターのことを初めて知った。何でも道重さゆみの大ファンであり、道重さゆみに捧げた曲を発表しているのだという。その曲、「ミッドナイト清純異性交遊」が番組でかかった。その時は歌詞があまり聴き取れなかったのだが、後にインターネットで歌詞を読み、大森靖子本人による曲解説も読み、その熱さと本気ぶりに圧倒された。すぐにiTunesでアルバム「絶対少女」を購入し、以来、大のお気に入りになった。

ずっと私が生涯で最も好きなアルバムの2TOPは岡村靖幸「靖幸」(1989年)とフリッパーズ・ギター「カメラ・トーク」(1990年)が不動だったのだが、それらを凌駕するお気に入りぶりである。このアルバムはカーネーションの直枝政広がプロデュースしているのだが、少し前にミュージック・マガジンから出た「日本のロック&ポップス・アルバム名鑑 1979-1989」で、岡村靖幸「靖幸」を絶賛しているのも直枝政広であった。ちなみに、私が岡村靖幸「靖幸」のCDを買ったのはおそらく1989年7月13日、つまり山口県宇部市で道重さゆみが誕生したその日であった。

日曜日、お昼頃から妻と恵比寿の東京都写真美術館にロバート・キャパの展覧会を観に行くことになっていた。朝5時台に起きてhuluで「ブレイキング・バッド」の続きを観たり、NMEのストーン・ローゼズ特集を読んだりしていたのだが、だいたいの用事がひと段落すると、やはりYouTubeで大森靖子の動画を探して観たりしていたわけである。カンニング竹山が司会の番組で、大森靖子が道重さゆみの魅力について熱く語る、というものがあり、その中で、「ミッドナイト清純異性交遊」の歌詞の中にときわ公園が出てくる件について、ときわ公園とは道重さゆみの実家の近くにある公園であり、これは私のストーキングの成果であるというようなことを、明るくポップに語っていた。

道重さゆみはただ可愛くておもしろいアイドルやタレントというだけではなくて、本当に生きざまそのものが芸術であり、そういうことが語りたくて、以前はブログを書いていたりもしたのだが、大森靖子のようなそういうことをちゃんとマスメディアで言ってくれて、その本人の作品じたいもものすごく優れているというか、本人そのものが作品という道重さゆみイズムを体現している人が世に出てきて、ものすごく嬉しいと思ったのだが、と同時に私は別にブログだとかそういうものだけではなく、やはり一人の人間として自分自身の道重さゆみを生きるべきなのだな、ということを改めて思ったのである。

渋谷から恵比寿までは歩いた。駅前のサンクスは、いまも変わらずそこにあった。何年か前の「今夜もうさちゃんピース」で、道重さゆみが清算後に釣銭をぶちまけて恥ずかしい思いをしたと語っていたコンビニエンスストアは、おそらくここにちがいない、などと当時の私は悦に入っていたのだが、もちろん今回も妻にそのエピソードは話さなかった。

大森靖子のツイートを読みながら、それでもやはり今回はもしかすると道重さゆみにとって最後の凱旋コンサートになるのかもな、というようなことを思ったのだが、午後になって道重さゆみがモーニング娘。’14からの卒業を発表したことを知った。

そろそろこの日が来るのではないかという気がしていたし、私は別に加入時からモーニング娘。の道重さゆみを知っていたわけではないし、AKBに寝返ってハロプロを叩いていることになっていた時期もあるし、いまはライトファンを自称しているだけにすぎないので、ちゃんとしたファンの人たちと同等に何かに深く感じ入る資格も能力も無いのだが、それでも何だかいてもたってもいられないというのはあり、いかんともしがたいわけである。

でも、やはりモーニング娘。’14であろうとなかろうと、やはり道重さゆみをこれからもライトに追いかけていくのだろうし、それだけにモーニング娘。'14の道重さゆみをちゃんと見て、感じておかなければならないと、何やら強迫観念めいたものにすら駆られなくもないのである。

好きすぎてつらい思いが久々に襲ってきているのだが、私は明日も私の道重さゆみを生きるために、道重さゆみに近づくために、今夜も勇気を出して寝るのだ。おやさゆみん。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ