« 聖地巡礼の思い出。 | トップページ | 福家書店新宿サブナード店に行った。 »

2014年7月16日 (水)

常盤公園。

道重さゆみは本人がアイドルファン気質ということもあり、どういうことをすればファンが喜ぶかをちゃんと分っている。先日発売された初のパーソナルブック「Sayu」には、道重さゆみ本人の意見がかなり取り入れられたようなのだが、ものすごく良い内容になっている。何度も見て読んでいる。この本を持っていることが嬉しい。

そして、先日のバースデーバスツアーである。人となりを形成したであろう地元、ゆかりの地を巡る聖地巡礼を取り入れてしまうという、思いつきそうでなかなかやらなそうなやつである。実況スレッド的なものを読んで、本当に悔しくてうらやましくてどうにかなってしまいそうな気分になったのだが、私はかつてそれを自分で調べて単独でやっていたりもしたので、それはそれで楽しくためになったのだが、道重さゆみが一緒ではなかったので決定的に負けである。降参である。赤い夕日が校舎をそめるのである。それは舟木一夫「高校三年生」であり、降参ではなく高三だ。どうでもいい。

「常盤公園」と「ときわ公園」の二通りの表記があり、どちらもした記憶があるが、バスツアーを振り返る「LOVE♡」というブログ記事で道重さゆみが「常盤公園」と書いているので、「常盤公園」が正しいということにする。何せ私にとって常盤公園は、道重さゆみが子供の頃によく遊びに行っていた家の近くの公園であり、道重さゆみと切り離して常盤公園を考えることなどできやしないからである。

ところでじつは私の初めての聖地巡礼の時はちょうど道重さゆみも山口に帰省していたのではないか、などといううふうに思ったこともあったが、それはまあどうでもいいのだが、まず最初に行ったスポットは常盤公園であった。何せ分りやすかったからだ。私の実家がある北海道旭川市にも常盤公園という名前の公園があり、毎年、冬まつりが開催されたり、最近は雑木林を伐採するかどうかで揉めた結果、結局伐採したりということがあり、結構広いのだが、山口県の常盤公園と比べると全然である。とにかくものすごく広い。大きな池の周りを一周したこともあるが、途中でトイレに行きたくなり、大変な目に遭ったが何とか間に合った。

今回、道重さゆみはバスツアーで参加者たちと常盤公園を訪れたのだが、リニューアル中だったらしく、お猿さんの場所などが見られなくて残念だったらしい。常盤丸という大きな船があって、そこにお猿さんがたくさんいて、小さい頃にそこが好きだったので、参加者のみんなにも見てほしかったらしい。

私が2009年の4月に常盤公園を訪れた時の動画を確認すると、やはり気になったらしく、このお猿さんの場所を撮影していた。黄色い船には「ときわ丸」と書かれていたが、やはり道重さゆみは漢字の「常盤丸」と書いているので、私も「常盤丸」で良いのだ。

こういう自分の地元や過去を大事にするところ、そしてそれをファンのみなさんとも共有したいという気持ち、本当になんてかわいいのだろう。

というわけで、じつは非公開にしていた常盤公園などの動画だが、45秒めあたりからお猿さんの場所こと常盤丸あたりが映っているので、よろしければどうぞ。

おやさゆみん。



« 聖地巡礼の思い出。 | トップページ | 福家書店新宿サブナード店に行った。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/56811258

この記事へのトラックバック一覧です: 常盤公園。:

« 聖地巡礼の思い出。 | トップページ | 福家書店新宿サブナード店に行った。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ