« 常盤公園。 | トップページ | チケットぴあ »

2014年10月31日 (金)

福家書店新宿サブナード店に行った。

気がつくとここにはもう3ヶ月以上、何も書いていなかった。道重さゆみは11月26日の横浜アリーナでのコンサートを最後に、モーニング娘。'14を卒業する。最後にここに文章を書いた時点で、ここまでは決まっていた。

その後、卒業後はしばらく休業に入ること、長く続いてきたラジオ番組「今夜もうさちゃんピース」も終ることが発表された。おそらくアメーバとGREEのブログも終ってしまうのだろう。

2007年に道重さゆみのことを本格的に好きになって、それから数年間は精神的にかなり依存するぐらいに大好きで、それから一時的に離れたりややクールダウンしたスタイルで応援することにしたり、色々あった。ここ数年は、ブログやラジオすら全て読んだり聴いたりはしていなかった。しかし、私の人生において道重さゆみほどにすごい人はいなく、その影響は計り知れない。失意と逆境の時、突然、道重さゆみが現れて、生きることへの肯定感も、過去を大切にすることも、健康や感謝も、すべて道重さゆみが取り戻してくれた。その気になれば、ブログを読んだりラジオを聴けば、いつでも道重さゆみが必ずいてくれるものだと思っていた。

それがもう終ってしまうかもしれない。いまさらながら、ことの重大さを認識しはじめている。

聴いていなかった分を含め、すべての「今夜もうさちゃんピース」をまとめて管理することにした。これでしばらくは道重さゆみを失った喪失感、いわゆるさゆロスに耐えることはできるのではないか。

かつて、道重さゆみに精神的にかなり依存していた頃、いつか道重さゆみが突然いなくなってしまったらどうしようと、それがとてつもない恐怖であった。アイドルとファンとの関係というのは、いつどんな形で終るかも分からない、とても脆いものであり、だからこそ悔いは残さないようにと思っていた。

それから、私は道重さゆみに以前ほど依存しないようになったし、道重さゆみの芸能人としての活動も順調そうで、突然いなくなることなど考えにくかった。しかし、それは現実に起りつつある。

道重さゆみの休養が一時的なものなのか永久になのかは、まだ誰にも定かではないだろう。もちろん一時的なものであってほしいが、一方で永久であったとしたらそれはそれで伝説のようで、道重さゆみらしいと思ったりもする。しかし、いまはたとえそれが永久になったとしても悔いは残さず、これだけ私に大きなものを与えてくれた道重さゆみの、1人の女性としてのしあわせを心から願おうと思う。

福家書店新宿サブナード店で、写真集発売記念の握手会が決ったようだ。深夜にアメーバのブログで知った。しかも、仕事が休みで行ける日だった。3年前、同じ場所で握手会があり、当日、現場まで行ったが握手はできなかった。パーテーション越しに、「ありがとうございます」と言う道重さゆみの声を聞き、その優しい気配だけを感じていた。当時の私のブログを読むと、道重さゆみの握手会に勇気を持って参加できるような人間になりたい、というような目標が綴られていた。しかし、その後、それが叶うことはなかった。

インターネットで福家書店の握手会の参加方法を調べたりして、しかも配布初日の午前中は偶然にも仕事に向うために新宿を経由することになっていた。これはまるで仕組まれているようでもあり、おそらく最後のチャンスだろう。福家書店新宿サブナード店は、以前に訪れた時とはかなりムードの異なる店になっていて、完全に女性にターゲットを絞っているようであった。こんな所で本当に女性アイドルの握手会が開催されるのだろうか。そもそもアイドル写真集が売られている気配すら感じられないのだ。

しかし、すぐ近くにコミックを販売している売場が離れてあり、そこには女性アイドルの写真が貼られていた。サブナードを行ったり来たりしながらモ娘(狼)板のスレッドを閲覧していると、福家書店のホームページに握手会の情報が掲載されたということだったので、リンクに飛んで熟読して、やはりコミック売場の方で購入するのだということを知った。それでもレジで店員に「道重さゆみの握手会」などと口に出して言うことがまだ恥ずかしかったのだが、心はすでに決っていたので、握手会情報が表示されたiPhoneの画面を店員に見せて、「この握手会の整理券はこちらで買えるんですか?」と聞くことに成功した。そして、買った。1枚だけ。それで十分だ。やったぜ。ざまあみろ。

それにしても困った。来週のいまごろはすでに道重さゆみの至近距離まで近づき、握手をしてしまった自分になっているかもしれないのだ。とりあえずそれまでに髪を切る予定は入れたが、何を着ていくかについては、真剣に考えたい。ほんの数秒のことには違いないが、私にとってはとても重要な時間である。

その日、その瞬間まで生きていられるように、細心の注意をしながら生活していきたい。ヤバい。これはまずい。どうしたものか。

« 常盤公園。 | トップページ | チケットぴあ »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/57849164

この記事へのトラックバック一覧です: 福家書店新宿サブナード店に行った。:

« 常盤公園。 | トップページ | チケットぴあ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ