« 卒業-さゆみんに向って。 | トップページ | 夢を見た。 »

2014年11月23日 (日)

合言葉は勇気。

道重さゆみが出演する最後の「ヤングタウン土曜日」が終った。聴きながら歩いて帰るために、今週も仕事には自転車ではなく徒歩で行った。道重さゆみ卒業スペシャルとでも言うべき内容で、過去の放送からの音源もいくつか流された。伝説の鉛筆投げ事件にもふれられていて、とても楽しかった。

私が道重さゆみに本格的に興味を持ちはじめたちょうどその年の6月から、道重さゆみは「ヤングタウン土曜日」のレギュラーになった。当初、頑張ろうとする余り空回りしているような場面や、明石家さんまのセクハラ、パワハラ的発言に苦戦したり、親方という不本意なあだ名に本気で落ち込んでいるように聞こえることもあった。

しかし、いつからかそれらに対応するし、むしろ逆手に取って楽しむぐらいの成長を見せていた。この番組での経験が、後のバラエティー番組進出時に役立ったことは間違いないだろう。

道重さゆみの後任には鞘師里保が選ばれた。この番組も、今後また新しい歴史をつくっていくことであろう。

道重さゆみのアメーバのブログではモーニング娘。’14のメンバー1人ずつをタイトルにした記事が上げられていて、いまこれを書いている時点で、最新なのは工藤遥である。

浜松のコンサートで道重さゆみと石田亜佑美とが抱き合う場面があったらしい。それを見ていた工藤遥が、コンサート中で音がガンガン鳴っている中で、「い''い''なぁぁぁぁ!!!!!」と言ったらしく、それは道重さゆみにはっきりと聞こえたのだという。

「い」に濁点とはどのような発音なのだろうかという気もするのだが、確かに工藤遥はそのように発声したのだろうと、なんとなく想像できてしまうのだ。

それで、コンサートが終ってから、道重さゆみは工藤遥を抱きしめたのだという。その写真が掲載されているのだが、これはとても良い。工藤遥のものすごく嬉しそうな表情、そして、道重さゆみの穏やかな微笑み、心が洗われるようである。

「ヤングタウン土曜日」では、高橋愛からのメッセージも紹介されていた。明石家さんまのトークにしてもそうなのだが、道重さゆみの無期限休業について、本当に何も決っていなくて誰も何も知らないのか、知っているがゆえにうまく話しにくいのか、どちらともとれる感じがするのだが、もうジタバタしても仕方がないわけであり、いずれにしてもそれを受け入れて、ただ道重さゆみのしあわせを祈りたいと思う。

2日後には「今夜もうさちゃんピース」が最終回となり、そして、26日の卒業コンサートである。感謝の気持ちだけをもって、その日を迎えたいのである。

« 卒業-さゆみんに向って。 | トップページ | 夢を見た。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/58063752

この記事へのトラックバック一覧です: 合言葉は勇気。:

« 卒業-さゆみんに向って。 | トップページ | 夢を見た。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ