« シャバダバ ドゥ~。 | トップページ | 彼と一緒にお店がしたい! »

2014年11月13日 (木)

モーニング娘。’14のことなど。

道重さゆみの卒業コンサートとなる横浜アリーナ公演まで、あと2週間を切った。手元にチケットは用意されているものの、モーニング娘。どころかアイドルのコンサートというものに最後に行ったのが約28年半前で、まだ10代だった頃であり、参加するにあたっての作法のようなものが分らず、やや不安を覚えている。

それでいよいよ本格的に聞いたり調べたりしなければいけないということで、それをしていたのだが、どうやらサイリウムはそれほど高価なものではなく、使い切りのものであれば数百円で変えて、ドン.キホーテなどでも売っているようである。使う時に折ると色が光るとのことで、6時間ぐらい持つようなので、1本あれば十分らしい。勉強になった。世の中には知らないことがまだまだたくさんあるものだ。

「今夜もうさちゃんピース」の聴いていない回を聴いたり、モーニング娘。’14の動画やYouTubeの「ハロ!ステ」などを観ているうちに、メンバーの顔と名前がほぼ一致するようになってきた。

ニューヨーク公演の映像も観たが、ものすごいクオリティーの高さである。モーニング娘。のコンサート映像をまとめて長時間観たのは9期が加入したばかりの頃以来で、道重さゆみがリーダーになってからはほぼ初めてに近い。「わがまま 気のまま 愛のジョーク」がとにかくカッコいい。「愛されたい 愛されたい」のコールは、ひじょうに盛り上りそうである。

飯窪春菜は「ヤングタウン土曜日」にも出演しているので、キャラクターについても少しは知っている部分もあったし、クール・ビューティー的な見た目で太鼓持ちキャラというところなどにもかなり好感を持っていた。また、工藤遥は今年の初めぐらいにたまたまテレビで観たイス取りゲームのドッキリのようなもので、泣きながらキレていたシーンにひじょうに良いものを感じていた。最近、10期メンバーがやっているラジオ音源のいくつかを作業BGMとして流していたのだが、工藤遥は声が特徴的ですぐに判別できるのが良い。また、反抗期的なキャラクターもひじょうに好感が持てるものである。

生田衣梨奈については「めちゃイケ」かなにかで魔法使いキャラのようなものを一生懸命やってスベリ散らかしている姿にとても良いものを感じたが、後に収録されたと思われるラジオ音源では、このキャラクターはもう封印したとのことであった。しかし、全般的にトゥーマッチなイタさが感じられ、なかなか良いものだ。寝起きドッキリコンサートで着ていた豹柄のパジャマのようなものを着ていたのも良かった。かと思えば、ゴルフ番組などにも出ている。

コンサート映像を観て、小田さくらのボーカリストとしての迫力に驚かされた。モーニング娘。’14は歌については鞘師里保と小田さくらを中心としているのだろうか。

鈴木香音は笑顔とキャラクターがものすごく良い。見ていてしあわせな気分になれる。ニューヨーク公演でかなりの声援があった。佐藤優樹は「今夜もうさちゃんピース」でゲストの回を聴き、その破天荒なキャラクターに可能性を感じた。

譜久村聖と石田亜佑美については、まだまだ調査が必要である。

ダンスやパフォーマンスのスキルの高さを感じ、ひじょうにカッコいいと思えるのだが、けしてこれ見よがしではなく、ピュアさとフレッシュネスを保ち、さらに可能性と伸びしろがガンガン感じられるのがものすごく良い。

「今夜もうさちゃんピース」の聴いていない回を聴いていると、道重さゆみがハロプロ研修生のメンバーを絶賛そている回があった。道重さゆみのファンで誕生日プレゼントもくれたということなのだが、もらったお菓子をまだ食べていないと道重さゆみが言ったところ、日持ちするんで「いつでもどうぞ、と言われたらしく、それがとても気に入ったと、興奮気味に話していた。

この研修生が牧野真莉愛で、この放送があった数週間後にモーニング娘。’14の12期メンバーに選ばれていた。12期メンバーにプロ野球の北海道日本ハムファイターズの大ファンが1人選ばれたということを知っていたのだが、それがこの牧野真莉愛であった。新庄剛志選手に花束を渡したこともあるらしく、パ・リーグTVにその場面が映り込んでもいたという。新庄剛志選手がプレイした最後のシーズンは2006年、「今夜もうさちゃんピース」がはじまった年で、私はまだ道重さゆみに気づいていなかった頃であり、牧野真莉愛はまだ5歳だったはずである。

お披露目的に出演したテレビ番組では、稲葉篤紀選手の応援歌を歌っていた。また、「ハロ!ステ」では先輩メンバーからの「モーニング娘。’14に入ってやりたいことは?」との質問に、「始球式」と答えていた。

このように道重さゆみやモーニング娘。’14のことばかり調べたり観たり聴いたりしていたわけではなく、今日は休日だったので、目黒の美術館に行った。それから恵比寿ガーデンプレイスまで散歩して、三越の食品売場に行った。ここには全国のいろいろなお菓子が売っていて、なかなか楽しい。御堀堂の外郎が売っていたので、買っておいた。

御堀堂は山口県のお菓子メーカーである。外郎といえば名古屋名物というイメージだが、山口県にもあるというのを知ったのは、「今夜もうさちゃんピース」で道重さゆみが話していたからだったと思う。2007年8月に初めて山口県に行った時、現地のタクシーの運転手に対し、アイドルの聖地巡礼に来たなどと言って気持ち悪がられないために東京から出張に来たサラリーマンを装ったのだが、その時も山口県のお土産には何が良いかと聞いたところ、外郎をすすめられた。あと、宇部かまというのはその時に初めて知った。普通の蒲鉾よりも歯ごたえがあり、なかなか美味しいのだ。宇部市内のスーパーマーケットに行くと、紀文などではなくこの宇部かまの商品が、蒲鉾売場のかなりの面積を占めていた。

実は御堀堂の外郎は山口県の短期大学に通っていた私の妻の大好物でもあることを、後に知った。名古屋の外郎よりも歯ごたえがあり、そこが良いのだという。私が道重さゆみの研究のために、ある時期、複数回にわたって山口県を訪問していたことは、もちろん内緒にしている。

アメーバのブログで先日のソロイベントの衣装が紹介されていて、もちろんひじょうに可愛いのだが、特に二つ目のやつのお菓子感がひじょうにヤバい。見る者の正気を失わせるレベルである。

久々に都心に出て、街はすっかりクリスマスムードであり、恵比寿ガーデンプレイスでも大きなクリスマスツリーを、たくさんの人々が写真に撮っていた。三越の地下ではジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」をおそらく今年初めて聴いた。道重さゆみと同様に、私も年の瀬の切ない感じを好む者なのだが、今年に関してはその前にとにかくあまりにも大きなイベント、というかもちろん11月26日の横浜アリーナのことなのだが、それまではどうにもクリスマスのムードには入れそうにない。そして、その時期にはどうもとてつもない喪失感というか、さゆロス状態に陥っているような予感がしてならないのだが、とにかくいまは先のことよりも目の前のことを全力でやっていこう。

« シャバダバ ドゥ~。 | トップページ | 彼と一緒にお店がしたい! »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/57980357

この記事へのトラックバック一覧です: モーニング娘。’14のことなど。:

« シャバダバ ドゥ~。 | トップページ | 彼と一緒にお店がしたい! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ