« チケットぴあ | トップページ | こんなにも時間がとまればいいのにと思ったこと、なかったよ…。 »

2014年11月 3日 (月)

博多通りもん

モーニング娘。’14のコンサートが福岡県であったようで、道重さゆみのブログでもそのことが書かれていた。そして、福岡県のお菓子である博多通りもんが道重姉妹のお気に入りであることを知った。道重さゆみの姉は博多通りもんは全国の美味しいお土産ランキングTOP3には絶対入るだろうと言っているらしい。

そのようなランキングはないものかと探してみたのだが、見つからなかった。ANAこと全日空の売店(ANA FESTA)での今年のゴールデンウィークのお菓子売上ランキングのようなものでは、全国で第3位であった。第1位がじゃがポックル、第2位が白い恋人で、いずれも北海道である。つまり九州地区では博多通りもんが第1位である。ここでは第2位がめんべいというやつで、メーカーが山口油屋福太郎ということだったので、もしかして山口県のメーカーなのかと思ったが、福岡県であった。商品名から想像できるように、明太子の煎餅である。

明太子といえば博多というイメージだが、じつは発祥は山口県だという説があり、以前、下関の唐戸市場にある林商店のCMで、そのようなことを言っていた。くりらじというインターネットラジオで、林商店提供の番組があったのだが、私が聴かなくなる前に終ったような気がする。唐戸市場は道重さゆみがモーニング娘。加入前に、毎年大晦日に必ず年越しの食材を買いに家族と車で行っていたところである。私も一度だけ朝市に行ったことがあるが、新鮮な海鮮丼や刺身などが格安で食べられたりして、なかなか楽しかった。

現在のモーニング娘。'14のメンバーでは、生田衣梨奈が福岡県の出身らしい。ブログに道重さゆみと一緒に写った写真が載っている。道重さゆみはピンク色のサンリオのシナモンロールがプリントされたTシャツを着ているが、生田衣梨奈はエド・ハーディーのラヴ・キルズ・スロウリーのやつだ。

道重さゆみがモーニング娘。に加入したばかりの頃は山口県でのコンサートがなかなか開催されず、祖父母や山口県の友人がわざわざ福岡県まで観にきてくれたらしい。

北海道出身で東京都在住の私にとって、山口県や福岡県というのはなかなか遠い存在であった。福岡県出身で山口県の短期大学を卒業した人と結婚したことによって少しは近くなったが、特に山口県についてグッと親しみがわいたのは、やはり道重さゆみを知ってからである。

私はモーニング娘。のコンサートには結局一度も行くことができなかったが、山口県宇部市にはおそらく6回ぐらい行っている。しかも、道重さゆみの出身地がどのような所なのかということを知りたいがためのみでである。しかし、その価値はあったと思っている。なぜなら、道重さゆみの「今夜もうさちゃんピース」やブログで山口県のエピソードが出た時に、それをより立体的に想像できるようになったからである。

山口県は中国地方なので、広島県などに近い文化圏なのかと思っていたのだが、少なくとも宇部市については、福岡の方がより近い感じなのかという気がする。宇部で宿泊したホテルの部屋では、福岡県のテレビを容易に視聴することができたし、書店では雑誌の九州ウォーカーが売られていた。また、九州限定商品だと思っていたアイスキャンディーのブラックモンブランが、山口宇部空港の近くのローソンに売られていた。このブラックモンブランについては、後に道重さゆみもブログなどで話題にしていた。また、道重さゆみの祖父がローソンのことをユーフォーと言うというエピソードが以前にブログに載っていたが、おそらくここのことなのではないかと思う。あと、琴芝駅の近くややフジグラン宇部に行く途中にもあったのだが、もう何年も前の話なので、いまはどうなっているのか分らない。

一度、羽田空港から飛行機に乗って山口宇部空港に行くつもりが、霧が濃すぎて着陸できず、福岡空港で降ろされるということがあった。あと、下関と小倉はJRでわりとすぐであり、気軽に買物に行ける感じであった。本州と九州を繋いでいるのは関門トンネルだが、地下歩道のようなところを歩いて渡ることもできて、あれはなかなか楽しかった。これらの経験も、道重さゆみを知らなければ、けして味わうことがなかったであろう。

博多通りもんはとてもおいしいお菓子である。私はお土産のお菓子の中で一番おいしいのではないかと思っている。地元・旭川の蔵生やき花や氷点下41度は知名度が低いわりに本当においしいので推したいところではあるのだが、やはり博多通りもんがの方が好きである。博多どんたくの時にどんたく用の格好をして歩く人のことを、通りもんと呼ぶらしく、商品名の由来はそれらしい。

福岡県出身の妻は不思議なことにこの博多通りもんをあまり好きではないらしいのだが、買ってきてもらったそれを私が旭川の実家に帰る時に持っていったところ、やはりそこでも大絶賛であった。

道重さゆみにとっては、最後の福岡県でのコンサートとなった。

ところで、私はやはり横浜アリーナのチケットを取ることができず、結局、ミュージカルや舞台以外で道重さゆみがモーニング娘。のメンバーとしてパフォーマンスする姿を、「気まぐれプリンセス」の発売記念イベントでしか観ることができなかった。あれは奇跡的に平日で仕事が休みで、しかも一発で当選した。あれだけでも観ておけて、本当によかった。

あと、福屋書店新宿サブナード店での握手会の整理券が手元にあり、どうやらあと3日に迫っているのだ。今回で卒業でなければ、おそらく今回も行かなかったような気がする。それぐらいリアルの道重さゆみに会ってしまうということが、ひじょうにハードルが高いことになっているのだが、もう本当にこれが最後の機会かもしれないので四の五の言ってはいられないのである。



« チケットぴあ | トップページ | こんなにも時間がとまればいいのにと思ったこと、なかったよ…。 »

02 道重さゆみ 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436748/57869869

この記事へのトラックバック一覧です: 博多通りもん:

« チケットぴあ | トップページ | こんなにも時間がとまればいいのにと思ったこと、なかったよ…。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ